≪ 2019 10   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

大キレット山行レポの二日目になります。


2018年8月9日(火) 

さすが『宮入さんテン場ランキング』1位に輝く

”双六小屋”のテン場ですね~

ぐっすりと眠ることができました。


3:30 起床。

外に出てみると満天の星空。

ヨシヨシ今日も晴れそうだぞ

まずは朝食を。

dik1.jpg

何と!二人とも梅しそのリゾッタw

dik2.jpg

起きたばかりは食欲が無いんだけど

コレならサッパリしてるから朝にピッタリ


食後は、まぁいつものパターンで

テントの撤収&パッキングを済ませて

4:50 テン場を出発!

「しかし、明るいヘッ電が欲しいですね~」

「タジマでカッコイイのがあるんですよぉ」

なんて話しながら山小屋を通過して登山道へ。


さて、

本日の行程は、”西鎌尾根”から”槍ヶ岳”へ登り

”南岳小屋”でテントを張るというCT9時間超え

のロングな予定です。

「今日頑張れば明日は楽になりますから」

とは言ってみたものの結構長いよなぁ


まずは”樅沢岳”を目指しますか!

と東の空を見ると

dik3.jpg

オレンジ色に染まり始めました。


さらに進んで行くと

dik4.jpg

周りの山も確認できるようになり

テン場から45分

5:35 樅沢岳に到着!

dik5.jpg

あれ?もしかして今山行で初めてのピーク?w

まぁ、まずは1座目ですな!

dik6.jpg

すっかり明るくなった山頂からは”槍ヶ岳”が

表銀座の東鎌尾根と一緒で、西鎌尾根も

槍を見ながら歩く感じですかね。


んじゃ行ってみますか

nskmone.jpg

登山道は、稜線に入るとなだらかになります。

下から見た通りって感じ。

dik7.jpg

やがて、

dik8.jpg

西鎌尾根にもご来光

dik9.jpg

お約束のありがたや~

今日も良い天気になりそうだ


途中で休憩をはさみつつ

なだらかな稜線歩きを楽しみます。


振り返ると、

dik11.jpg

「結構歩いてきたもんですね~」


そして、

出発して1時間40分

6:32 硫黄乗越に到着!

dik12.jpg

うーん、しかしこの区間は山地図を見ても

ポイントが無さすぎて時間が読めないなぁ。。。

「9時に”千丈乗越”に着けばCTですね」

まぁ、分からないものは仕方ないか。


そして、

この辺りから”小池新道”が確認できます。

kasakara.jpg

「昨日歩いてきた道がみえますね~デュフデュフ」

「っというか、うちら上の道も歩いてますよね」

2年前に”笠ヶ岳”から来た時だったよなぁ。

「あー、そうだ!歩きましたね~」

こういうのも結構嬉しい瞬間なんですよねぇ

dik14.jpg

眼下に見える”鏡平小屋”をながめつつ

ゆるやかなアップダウンを進んで行きます。

dik15.jpg

やがて、

地図に載っていない”左俣乗越”に到着!

dik16.jpg

消えかかっている看板ですが、良く見ると

”双六小屋”まで3時間

”槍ヶ岳”までも3時間と書いてあります。

「ここが丁度半分って事みたいですね」

っという事は、ここまで2時間半で来たから

30分は短縮してるぞ!

ヨシヨシ順調じゃないか


ところが・・・

この直後、槍の方から来た話好きのおっちゃんに

捕まってしまい10分以上足止めを、、、

まぁ、コレも山旅の醍醐味だし良いですけどね


さて、先に進みましょう!

dik17.jpg

振り返ると”硫黄尾根”が。

「あそこも歩けるんですかね?」

なんて会話がありましたが、帰ってから調べると

バリエーションルートとして行けるようです。

クライミングの世界ですがね


この区間で15分ほどの休憩をはさみつつ

さらに進んで行くと

dik18.jpg

登山道は岩々した雰囲気に。

dik19.jpg

危険地帯と言うほどじゃないけど

dik20.jpg

稜線漫歩という感じではなくなりましたね。

dik21.jpg

やがて、

クサリ場も登場!

dik22.jpg

これからどんどん険しくなるんだろうな、

と思いきや危険個所はほぼ終了でした。

dik23.jpg

槍も大分近くなりました

が、思ったより”千丈乗越”に着かない、、、

「もしかして通り過ぎちゃったんですかね?」

「もうとっくに着いてるはずですもんね。。。」

うーーーん、おかしいなぁ。。。

と思いなが進んで行くと

あ、、、あった

dik24.jpg

9:04 千丈乗越に到着!

結局CTで25分の遅れでした

dik25.jpg

まぁ、そうだよな、、、

見落とす訳ないもんなぁ、、、

なんかドッと疲れたような気がする


さて、

ここから”槍ヶ岳”までは1時間50分。

dik26.jpg

「そこそこありますね~デュフデュフ」」

「南岳のテン場までは、さらに4時間ありますよ」

10時間超えの山行は何度か経験している二人

ですが、なーんか覇気が無いな、、、

「ま!行きましょうか!」

dik27.jpg

ここからは槍の懐に入ったって感じ。

dik28.jpg

そして、この区間が結構キツイ

ジリジリと遅れ始める宮入さん、、、

dik29.jpg

この九十九折のザレ場を歩いていると

自分も気力が奪われていく・・・。

と、その時ひらめいた

あ!じゃぁ、今日は槍でテン泊して英気を養って

明日頑張れば帳尻は合わせられるぞ!

ヨシ!コレだ!

その旨を宮入さんに伝えると

「イイですね~そうしましょうぞ!」

と即答w

ふ~

これで随分気が楽になった

さて、んじゃ続きを頑張りましょう!


その途中

dik30.jpg

”小槍”のような岩がありました。

これは”ニセ槍”と呼ばれ、ガスっている時に下から

見ると「あ、もうじき着くぞ」と見間違えてしまうので

注意が必要との事です。

その場面を想像すると精神的ダメージが凄そうですな・・・。


そして、

dik31.jpg

長かった九十九折が終わり左に進路を変えると

dik32.jpg

槍の穂先がド―(゚д゚)―ン!

dik33.jpg

さらに近づくと

dik34.jpg

デカイ

今まで見てきた槍の中で一番の迫力!

この角度からはホント凄いな

しばらく足を止めて眺めていました。


さてと、

ここから”肩の小屋”までは目と鼻の先。

dik35.jpg

ひと登りすると

10:16 槍ヶ岳山荘に到着!

dik36.jpg

いや~着いた着いた

しかし疲れたなぁ。。。





つづく・・・。








大キレット山行レポの続きです。


新穂高を出発して約5時間

”鏡平池”に到着した二人。

di36.jpg

いやいやホントスゴイ景色だ

3度目の正直でようやく見る事ができました!

しかも、今日は風も無いので水面に映る

槍穂高が綺麗ですね~


その主役”槍ヶ岳”にズーム

di37.jpg

明日は、あそこに居るんだなぁ。。。


記念に1枚撮ってもらいました。

di38.jpg

イエイ

「いや~今日はラッキーですね!」

八方池に映る白馬三山は5回目でやっと見れたので

3回目だったらラッキーだと思います。



しばらく写真を撮ったりして景色を満喫して

”鏡平小屋”に向かいます。

di39.jpg

鏡平池からは目と鼻の先

di40.jpg

1~2分で”鏡平小屋”に到着!

満席かと思われたベンチでしたが

売店の目の前が空いていました!

di41.jpg

「やっぱりココに来たらカキ氷ですねー」

di43.jpg

デュフデュフ~

以前、雨の日に注文したところ

「止めておいた方が良いですよ?」

と断られた経緯があるので、喜びも大きいようです。

di42.jpg

僕は、行動食で持ってきた”コロッケバーガー”

とコカ・コーラをいただきました。


宮入さんは、カキ氷を食べ終えると

”かき揚げうどん”を注文!

di44.jpg

「うわー!美味そうじゃないですか!」

俺も頼めば良かったかなぁ・・・。

美味しいですか宮入さん?

「オイシイヨーデュフデュフ」

ん?


食後ものんびり過ごしてたら

小一時間も経ってもうた、、、

「そろそろ行きますか!」

di45.jpg

11:17 鏡平小屋を出発!

di46.jpg

次は、弓折乗越を目指します。

池に掛かる木道を過ぎると山道に。

di47.jpg

相変わらずの晴天だ

気持ちイイなぁ。。。

と歩いていると、後ろに宮入さんが居ない?

ペースを落としながら待っていると

牛歩のごとく遅い・・・

どうしたのかな?

まー、行先は一本道だから”弓折乗越”で待てばイイか。

っという事で、しばらく別行動で。


登山道は、樹林帯を抜けると視界が広がり

di48888.jpg

”西鎌尾根”がバッチリ確認できます。

ほほー、明日はあそこを歩くわけね。

di49.jpg

こう見ると険しい感じはしないなぁ。。。

むしろ歩きやすそうだ


時折、足を止めて景色を眺めつつ

”鏡平小屋”から約40分

di50.jpg

12:00 弓折乗越に到着!

di51.jpg

ふ~

この区間は結構キツかった


ザックを降ろして休憩していると

宮入さんも到着!

di52.jpg

「食べ過ぎましたぁ、、、」

どうやら、さっきのかき揚げが半生だったので

気持ち悪くなってしまったそうなんです。

「あそこでは言えなかったけど
   
        ゲロ不味でしたよぉ・・・」

あぁ、それでさっきは歯切れが悪かったのかぁ

いやいや、ご愁傷様でした

「まー宮入さん、ゆっくりしましょうよ」

di53.jpg

しかし、良い眺めだな

di54.jpg

”鏡平小屋”の辺りからも良かったけど、ここまで

上がってくると見え方も変わってきますね。


20分くらい休んだかな?

さぁ残り約1時間、行ってみよう

di55.jpg

「もう、この辺りは何となく馴染みがありますね~」

目的地の”双六小屋”まではキツい所はありません。


左手に”双六岳”を見ながら進むと

di56.jpg

奥の正面に”鷲羽岳”が顔を出します。

di57.jpg

手前のデカい山は”樅沢岳”かな?

di58.jpg

この辺りから”双六小屋”が見えるんだけど

di59.jpg

着きそうで着かない

まぁ、ここまで来れば近いので

焦らずに、ぽっちら~ぽっちら~

di60.jpg

そして、

新穂高から8時間20分

1:46 双六小屋に到着!

di61.jpg

「お疲れ様でしたー!」

CTで1時間くらいオーバーだったけど

まぁ充分ですな


テン場は、平日という事もあってガラガラです。

選び放題の中、良い所がありました。

di62.jpg

こちらの物件なんて如何でしょうか?w

di63.jpg

チャチャッと設営を済ませます。

di64.jpg

それにしても寒いな

歩いている時は暑いくらいだったのに太陽が

少しでもかげると気温がグッと下がります。。。


さてと、準備も整ったし小屋に行きますか

di65.jpg

生ビール生ビール

と楽しみにやって来たのですが

di66.jpg

昨日で売り切れてしまったそうです・・・残念!

di67.jpg

まぁ仕方ないわな。

って事で缶ビールを購入!

di68.jpg

そして、

外のベンチに移動して

カンパーーーイ

di69.jpg

美味ーい!

と言いたいトコロだが、いかんせん寒い、、、

何か今年はこのパターンが多いな、、、

まぁ、これも仕方ないか。


さてと、おつまみ作ろっと。

di70.jpg

僕は”つるしベーコン”を。

di71.jpg

安定の美味さ

di72.jpg

宮入さんは”肉野菜炒め”を。

di73.jpg

これも、また美味し!

しかし、このメニューは宮入さんに奪われたなw

di74.jpg

いや~それにしても寒い・・・

おつまみを食べ終わり、長居もできそうにないので

1時間半くらいで宴会は終了となりました。

di75.jpg

そして、

テン場に帰る前に買い出しをして

di76.jpg

宮入さんのテントにて2次会開始~

di78.jpg

日本酒に燗を付けてかんぱーい

di77.jpg

寒い時はコレに限るなw


ここで、今回の行程について話しました。

kita 「四日目は白出沢を下るんですよね?」

kita 「天気が良ければ西穂からでも新穂高

   に帰ろうと思えば帰れますね」         

宮さん 「え?という事はジャンに行けるんですね?」

kita 「行けるかもしれませんね」

こんな流れから宮入さんは、すっかりその気になり

西鎌尾根~大キレット~ジャンダルムっという

壮大な縦走をする話になるのでした。

まぁ、四日目の天気予報が微妙な感じなので

あくまでも天気次第なんですけどね。

di79.jpg

こうして7時すぎに2次会はお開きとなり

夕飯を食べてから就寝。


うーーーん、ジャンダルムかぁ。。。。

予定に無かった事なので嬉しい反面

未知の難所”大キレット”の次の日に

”ジャンダルム”なんて行けるのかなぁ?

という不安もありつつ1日目は終了するのでした。




つづく・・・。







槍ヶ岳(3180m) 南岳(3032m)
北穂(3106m)涸沢岳(3110m)

2018年10月8日~11日

今年は登山を始めて10年目になるんですが

北アルプスにも随分通ったと思います。

今回は、その中でもぽっかりと抜けているエリア

”西鎌尾根”と”大キレット”を歩いてきました。

メンバーは、またまた宮入さんと僕の二人。

本当はカチョーも含めた3人で行きたくて

温めてきた計画だったんだけど、我慢できずに

行ってしまいました。

カチョー申し訳ない

さて、その”大キレット”は”ジャンダルム”と並ぶ

危険地帯で有名ですが一体どんな所なんだろう?

ドキドキしながら当日を迎えます。

2018年10月8日(月) 

まずは前夜から。

仕事を終えて6時ごろに合流して

”新穂高”まで車を走らせます。

途中、買い出しを済ませて

8:20 中尾入口の駐車場に到着!

di1.jpg

明日の登山口はロープウェイ駅の辺りなので

ホントは駅の近くに停めたかったんだけど

満車だったので、ここまで下って来てしまいました。。。

なので明日は徒歩で向かわなくてはいけません

ま、仕方ないですな。

気を取り直して前夜祭と行きましょうか

一晩中電気が点いてるバス停の中をお借りして

di2.jpg

カンパーーーイ

di3.jpg

この駐車場は以前”笠ヶ岳”の時も利用したけど

空いてるし色々と環境も良くて気に入りました

宴会は2時間くらいでお開きにして就寝。


そして当日。

4:00 起床。

この駐車場から重いザックを背負って歩くのは

大変なので一旦車で上まで行ってデポする作戦に!

「コレ頭イイですよね~」

ホント名案だと思います


そして、

駐車場に戻って出発!

「車で走ってもそこそこありましたよね~」

「まぁ空身なのがせめてもの救いっすね」

と真っ暗な道をテクテク進んで行って

長ーーーいトンネルを抜けると

5:22 登山指導センターに到着!

di4.jpg

うっすらと明るくなってきました。

ここを左に曲がり、さらに進んで行き

林道に入る所でザックを回収!

di5.jpg

荷物を整えたりしつつ

軽く一服してから再び出発

di6.jpg

さて、

本日の行程は、わさび平小屋を経由して

小池新道で双六小屋でテン泊する予定です。

di7.jpg

まずは林道歩きから始まります。

di8.jpg

そういえば前から思っていたんだけど

「宮入さんって林道歩くの速いですよね?」

「そうですかねぇ?」

毎回、僕は置いてかれないように速足で歩く

んだけど宮入さんは楽そうにしてるんですよね。

「でも登りになるとダメなんですよぉデュフデュフ」

う~ん、なるほど。。。


そして、

ザックを背負ってから約1時間

笠新道の登山口まで来ました!

di9.jpg

さらに12~3分進むと

di10.jpg

6:51 わさび平小屋に到着!

di11.jpg

いやいや着きましたね~

「宮入さん!ありますよ!アレ!」

somen.jpg

わさび平小屋といえば”そうめん”ですよね!

雨の中、めっちゃ寒いのに”そうめん”を食べてる

宮入さんを思い出しますw

「いや、今日はいらないかなぁデュフデュフ」

という事で、軽く休憩をして先に進みます。


”わさび平小屋”を過ぎれば林道もあと少し。

di12.jpg

ずーっと日陰だったけど朝日が当たってきました。

今日はイイ天気になりそうだぞ


そして、

林道が終わって、ここからが”小池新道”です。

di13.jpg

ようやく登山って感じになってきたぞー!

di14.jpg

岩ゴロの道を登って行きます


ちょこっと標高が上がった所で

景色に目をやると、

di15.jpg

うーーーん、良い景色

アレはもしかして槍???


さらに進んで行くと、

di16.jpg

何だこの絶景は

di17.jpg

「ここって、こんな景色だったんですね~」

過去2回、小池新道は雨に当たっているので

景色なんて見た事無かったのです。

di18.jpg

いや~ホント今日は登山日和だなぁ。

他の登山者もみんなニコニコです


足取りも軽く順調に進むと

di19.jpg

8:11 秩父沢に到着!

di20.jpg

ここは良く覚えている所だけど

印象が全然違う!

やはり晴れはイイですね~~~

di21.jpg

正面に見えるのは”大ノマ岳”だろうか?

岩ゴロの道を進んで行きます。


やがて、

黒っぽい岩に変わって

di22.jpg

チボ岩に到着!

di23.jpg

「そういえばチボ岩って何なんですかね?」

なんて話してたら、近くに居た全身青色のオジさんが

「チボっていうのはスリの事だよ」

と教えてくれました。

スリができるほどすれ違いするのに狭いとか

なんとか、そんな事のようです。

いや~勉強になりました

この青いオジさん、この後も度々顔を合わせ

うちらの間では

ブルーのおじさんと呼んでいて、最終的には

burnsnmrtino.jpg

ブルーノ・サンマルチノになるのでしたw

”人間発電所”の異名を持つプロレスラーだけど

知ってる人は少ないのかなぁ。。。


さてさて、話を戻してw

休憩しようかなぁ、とも思ったけど

もうちょっと行く事に。

di24.jpg

「しかしイイ天気ですね~」

「景色も良いし最高ですね~」

今日だけで何回こんな会話しただろうw

di25.jpg

何度も足を止めては景色を楽しみます。


そして、

しばらくすると、岩ゴロ開けた場所に出ました。

ちょうど時間的にも休憩には持って来いだ!

di26.jpg

ザックを降ろして休憩です。

di27.jpg

日向ぼっこしながらマッタリ~~~

kiksindkykei.jpg

見上げた先は”抜戸岳”とかかな?

「しかし小池新道がこんなに良いとはね~」

「雨の時しか歩いてないですもんね~」

ホント期待してなかったので嬉しい誤算でした


20分ほどの休憩を終えて

歩き出すと、すぐに”イタドリヶ原”の看板が。

di28.jpg

まぁ、ここはそのまま通過なんですが

この辺りから次の目的地”鏡平”が気になり出します。

「今回こそは池に映る槍が見れそうですね?」

「今日は大丈夫じゃないですかー!」

過去2回とも全く見れなかったので

これは楽しみだぞー


さらに30分ほど進むと

9:35 シシウドヶ原に到着!

di30.jpg

この看板のちょっと下にベンチがありました。

休憩している登山者が何人も居ましたが

さっき休んだばかりなのでスルーします。


この辺りから割と急な道になり

di31.jpg

それが終わると木道に。

di32.jpg

お!何だか近い予感だ


さらに進むと

あと500mのお知らせ!

di33.jpg

あと5分!!!

di34.jpg

またまた木道になり

kgmdir.jpg

紅葉の木々を抜けると

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

di35.jpg

10:23 鏡平池に到着!

di36.jpg

こりゃスゲー





つづく・・・。





立山~薬師岳レポの最終回となります。

2018年9月21日(金) 


縦走3日目は、天候悪化の為テント泊は諦めて

”太郎小屋”にお世話になりました。

雨の心配をしないで過ごせる山小屋って

やっぱり良いですね。。。

ぐっすりと睡眠が取れました。

と言いたいところですが

宮入さんのいびきが凄すぎて

全然寝た気がしねーーー

消灯から11時過ぎまで寝付けなくって

ホント参りました・・・。

今度から耳栓が必要だな、うん。


そんな感じで朝を迎えました。

4:00過ぎ頃 起床。

窓から外を見てみると、しとしとと雨が・・・。

まぁ予報通りですな。

早出の人がちらほらと出発していく中

音を立てないようにパッキングを開始!

その横で、気持ちよさそうに寝ている宮入さん、、、

うーーーん、小屋って良いんだか悪いんだか・・・。

トータルで考えるとテントが良いかな、やっぱり。。。


そして、

5時ちょっと前ころに宮入さんを起こして

5:30 食堂で朝食を。

今回は『一泊朝食付き』で泊まっているので

ちょっと楽しみだったんですよね~

tr1.jpg

おかずは、まぁ朝食なのでシンプルな感じだけど

ご飯は美味いですね~

大盛りのお替りをして大満足でした!


さて、

今日は、まず折立から9:50発のバスに乗ります。

”太郎小屋”からバス停まではCTで3時間10分なので

余裕をもって6時過ぎには出たいトコロ。

「意外と忙しいですね」

食休みも無しで、歯を磨いたりカッパを着たりと

まぁ、大体の準備は終わっていたので

予定通りに6時頃チェックアウトできました。

「お世話になりましたー!」

tr2.jpg

外は弱い雨がポツポツ降ってる感じです。

「この雨は上がると思うんですよねぇデュフデュフ」

出がけにはカッパも着ようとしなかった宮入さん。

なんの根拠なんだ???w


外で一服してから、予定通り

6:07 太郎小屋を出発!

tr3.jpg

まずは木道から。

「まぁ、そんなに飛ばさなくても大丈夫でしょう」

なんて言いながらテクテクと下って行きます。

tr5.jpg

と、その時!

あ!ライチョウだ

tr6.jpg

ち・近い

tr7.jpg

これは過去最高の近さかもしれん、、、

tr8.jpg

こんな天気で、つまらないと思っていた

下りですが嬉しい気持ちになりました。


そして、

この後から徐々にスピードが上がって行き

「コレ前回より早く着くんじゃないですか?」

っという話になり、さらに加速


そんな調子でガシガシ下って

7:58 折立に到着!

tr9.jpg

「ヨッシャー!前回より早くないですか?!」

と思っていたんだけど帰ってから見直してみたら

前回より10分遅れでした・・・。


にしても、始発までは2時間近くあります。

そういえば折立のキャンプ場の炊事場って

屋根があるって言ってたなぁ。。。

と、バス停の近辺を探索してたらありました!

「おー!こりゃ良い所だ!」

tr10.jpg

汗でびしょ濡れだったので雨をしのげるのは

ありがたいです。

tr11.jpg

ここでは”スゴ乗越小屋”で会ったカップルと

お話をしたりして1時間くらい過ごして

待機していたバスに乗らせてもらいました。

tr12.jpg

車内は物凄い湿気だけど、これで一安心です


そして、

小一時間待っていると9:50にバスが発車!

4~50分バスに揺られると”有峰口”の駅に到着。

tr13.jpg

ここから電車に乗り換えです。

tr14.jpg

うーーーん、土地勘が無いからドコに

向かっていくのかイマイチ理解できない

tr15.jpg

バスに乗っていた登山者の後を付いて電車に

乗ると二駅先で終点になりました。

「おーーー、立山駅ですね!」

tr16.jpg

ここで”アルペンルート”のチケットを買って

今度はケーブルカーに乗ります。

tr17.jpg

そして、

ケーブルカーを降りると”美女平駅”に。

ここからバスに乗り換えます。

tr18.jpg

「ふ~~~しかし、なかなか大変ですね」

折立を出てから、かれこれ1時間半・・・

でもこのバスを降りれば”室堂”になります。

まぁ”室堂”からも、そこそこ遠いですがね、、、


バスは、観光案内をしながら進んで行きます。

tr19.jpg

『滝見台』では徐行してくれたり

tr20.jpg

色々な見所を説明してくれるんですが

如何せん、この天気、、、

うーーーん残念だ


やがて、

バスはどんどん高度を上げて行き、

開けた景色の道になりました。

バスのアナウンスを聞いていると

ここは冬を越すと”雪の大谷”と呼ばれる

観光名所になる場所との事。

krbarpn.jpg

ん???

ということは???

ピーーーン

「あ~~~、ここだったんだぁ」

「テレビでは見てたけどドコなんだろうと

        思ってましたよぉデュフデュフ」

扇沢~室堂の区間で”雪の大谷”が見れそうな

場所が無いんだよなぁ。。。

と素朴な疑問で思ってはいたんです。

まさか立山側にも”アルペンルート”があったとは

まさに目から鱗ってやつでした!

ちなみに”雪の大谷”の除雪費用は1億円を超えるらしいです


そして、

次女平から約50分

12:25 室堂駅に到着!

「あぁぁ何かホッとする~」

やっと知ってる所に来れました。

ここまで来ればもう安心だ

って事でご飯を食べていくことに。

tr21.jpg

宮入さんは”とんかつ定食”

tr22.jpg

僕は”カツカレー”を。

この食堂は観光地とは思えないクオリティで

とても美味しかったです


そして、

数日前にも乗った”アルペンルート”で帰ります。

トロリーバスやらケーブルカーやらを乗り継ぎ

tr23.jpg

黒部湖で最後のトロリーバスに乗ると

ん?何か居るぞ?

tr24.jpg

くろにょん?

tr25.jpg

なんかビミョーなゆるキャラだなwww


そういえば、

tr26.jpg

このトロリーバスは今年で廃止という事で

記念品が多数売られておりました。

4月からは電気バスの運行になるそうです。

元々バスの形なので見た目はあんまり変わらなそう

ですが。。。


こうして”折立”から5時間にも及ぶ移動を経て

ようやく、ホントようやくです

2:52 扇沢駅に到着!

tr27.jpg

やっと着いた~~~

お疲れ様でしたー!

tr28.jpg

結局、一日中雨が降っていましたね、、、

お陰で綺麗サッパリ諦めがつきましたw


そして、

このまま長野市まで車を走らせ帰路に着き

”ぐるっと一周!目指せ赤牛岳という計画”は

3泊で撤退という結果ですが無事終了となりました。



うーーーん、しかし今回は

色々と考えさせられましたね、、、

やっぱり5泊というのはホント難しい・・・

まず、天気がずっと良いなんて事はなかなか

無いだろうし、仕事の調整もハンパ無い

出発前からクタクタでしたから・・・

しかも梅ちゃん居ないしw(コレ関係無い)

そんな中でも室堂~薬師岳という未踏のエリア

を歩けたし、山小屋のありがたさも実感できたし

折立~室堂という観光コースも経験できました。

まぁ最初の計画は実行できずに敗退っていう感じ

になったけど実のある山旅になりました。

今回行けなかった”赤牛岳”は、別のルートを考えて

また挑戦したいと思います!









立山~薬師岳レポの続きです。


”スゴ乗越小屋”から約4時間

”薬師岳”山頂に到着した二人。

gsk37.jpg

CTより20分のオーバーでした、、、

「北薬師からのCTが辛いですよね~」

yksifirikaeri.jpg

いやホント、40分じゃ来れませんって

途中で何度も地図を見直しましたよ、

CT見間違えてんじゃないかなってw


まー、何はともあれ着いた良かった。

とりあえず記念撮影を

gsk38.jpg

ここ”薬師岳”に来るのは4年振りになります。

そういえば、その時に

「今度は立山から薬師まで縦走したいなぁ。。。」

なんて話してたのを思い出します。

カチョーが来れなかったのが悔やまれますが

やはり達成感がありますなぁ

gsk36.jpg

一服しながら景色を眺めてみる。

yksyari.jpg

が、はやりパッとしませんねぇ・・・

ガスってないだけ良いんだけどね、、、


と、その時ひらめいた

「宮入さん”薬師岳山荘”で何か食べてきましょうよ」

「イイですねーデュフデュフ」

そうと決まると行動が早いw

10:46 薬師岳を後にします。

gsk39.jpg

タッタカターーーーン

白砂の九十九折を快調に飛ばして

gsk40.jpg

11:15 薬師岳山荘に到着!

うーーーん、何だか懐かしいな。

gsk41.jpg

早速、食事とビールを注文

gsk42.jpg

宮入さんは”カレーうどん”

僕は”ラーメン”を。

gsk43.jpg

「結構美味いですね~」

やっぱり自分で作ったラーメンより全然美味い

宮入さんの”カレーうどん”も美味しかったようです。

その最中、

ポツリ、ポツリ

「うわー、ついに降ってきやがった・・・」

まぁ、予報通りって事ですな。。。

「これで”太郎小屋”は確定ですね」

「明日からの予定は小屋で決めましょう」

っという事になり、食後もゆっくり過ごしました。


そして、

カッパ装備に着替えて

gsk44.jpg

12:19 薬師岳山荘を出発!

gsk45.jpg

”太郎小屋”まではCT1時間40分の道のり。

前回は、空身だったという事もあって

あっという間に”薬師キャンプ場”に着いたのを

思い出します。

今回はテン泊装備だけど、さっさと下ってしまいたい。

さて行ってみましょう

gsk46.jpg

空模様は、まだポツポツと降ってる感じ。

その割に景色はちゃんと見えてるんですよねぇ。

雨が降ってるようには見えないな

gsk47.jpg

やがて、、、

徐々に雨足が強くなってきました。

gsk48.jpg

この後から沢筋っぽい道になるんだけど

いよいよ本降りに

滑る足元にヒヤヒヤしながら

進んで行くと

1:02 薬師キャンプ場に到着!

gsk49.jpg

本来は、ここでテント泊する予定だったけどなぁ。。。

まぁ、心が折れちゃったんだから仕方無い

この雨の中でも2張りのテントが張られてました。


そして、あの売店も閉まっています。

gsk50.jpg

まぁ、やってる訳ないわな、、、

gsk51.jpg

ここは、そのまま通過して

gsk52.jpg

”薬師岳山荘”から1時間ちょっと

1:24 太郎小屋に到着!

gsk53.jpg

平日で、この天気なのでだーれも居ません。

「なんか寂しいですねデュフデュフ」

でも、これでもう濡れなくて済む

と思うと安心するのでした


そして、

びしょ濡れのカッパを脱いで宿泊の受付を。

gsk54.jpg

こうしてるうちにも、テン泊装備の人が

何人か入ってきました。

「そりゃそうだよなぁ。。。」

皆さん、考える事は一緒ですな

kanssit.jpg

受け付けを済ませ”乾燥室”で濡れた装備を干します。

室内はストーブが焚かれていて暖かい

雨に打たれて寒い思いをしてたので

これはホント有難いです。


さて、そんじゃ

寝室に行ってみましょう!

gsk57.jpg

こちら”太郎小屋”は2段ベットタイプになっていて

指定された番号に行くと上の段でした!

gsk58.jpg

早速、布団を敷いて寝てみると

「ヤバイ、気持ちイイ

窓の外は、さっきより雨が強くなっていて

もしテントを張っていたらと思うとゾっとしました

と同時に「山小屋ってありがたいなぁ」と

つくづく思うのでした。。。


そして、

一段落したトコロで

「宮入さん、行きますか!」

「イイですねー」

と食堂へGO!!!

gsk55.jpg

前に来たときも食べた”おでん”を注文!

もちろん”生ビール”もね


そんじゃ、お疲れ様でしたー!

カンパーーーイ
gsk56.jpg


あぁぁ、何かホッとするわぁ。。。

が、しかし、、、

今回”五色ヶ原山荘”の時もそうだったんだけど

9月の後半にしては寒いんだよなぁ

なので正直、ビールが思ったより進まない・・・

それでも3杯は飲んだかな?w

おつまみの”おでん”も終わってしまい

とりあえず食堂飲みはお開きに。


そして、

館内の探索やら、仮眠やらして

5時過ぎたころ”自炊室”にて2次会開始~

gsk59.jpg

またまた”生ビール”で

カンパーーーイ

何故か、さっきより美味いぜ


さてと、

gsk60.jpg

もう明日は下山しちゃうので、

gsk61.jpg

持ってきた食材は使い切ってしまいましょう!

gsk62.jpg

肉野菜炒めにパスタ

箸休めにキムチも添えてw

こうして、

豪華なおつまみで7時ころまで最後の晩餐を楽しみ

8時の消灯で眠りにつきました。。。


最後に受付前にある天気予報を確認してみた

んだけど明日からは、やっぱり雨でした・・・。

もう下山で気持ちは固まっていたので逆に

回復しちゃうと何か複雑な心境になりますがね



つづく・・・。





kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<10 | 2019/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30