≪ 2020 07   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2020 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

裏銀座レポのつづきです。


本日の歩行時間は、すでに9時間を超え

ヘトヘトになって水晶小屋にたどり着いた一行。

「最後の登りは堪えましたね~」

ここまでの行程を振り返りながら一服しました。

空は曇り空に変わり、休んでると寒いくらい・・・

でも、ここまで天気が持ってホント良かった


さて、

まずは、宿泊の受付だけしときますか

ur水晶受け受け

寝床とかトイレ、ご飯の時間などの

説明をうけて無事完了です。

ついでにポカリも買って、喉を潤しました。


よーし、最後の行程”水晶岳アタック”

行きますか

urrr28.jpg

上着を羽織って

2:47 水晶小屋を出発!

urrr29.jpg

小屋からはコースタイムで40分。

そこでカチョーが一言

「東沢乗越から来たのと同じくらいかな」

「・・・。」

笑ねえぇぇぇ

うっかり想像しちゃって、吐きっぽく

なりました・・・


そして、登山道はしばらく

なだらかな道が続いていきます。

水晶atk1

半分くらい来ると、岩っぽくなり

urrr30.jpg

ペンキマークに従って進みます

水晶はしご

梯子があったりするけど

特に危険個所は無いかな。


そして、

頂上が見えたら、あと少し

urrr31.jpg

「着いた~

3:23 水晶岳山頂に到着!

urrr32.jpg

思ったより、すんなり着いたな~

曇っちゃったけど、眺望はまずまずで、


”赤牛岳”方面

urrr33.jpg

水晶岳から続く”読売新道”は、ハード

なコースと聞きます。

いつかは挑戦するのかなぁ?


そして!

北アルプス最後の楽園”雲ノ平”

urrr35.jpg

こうして見るのは初めてで、広がる

台地の感じが”苗場山”に似てるかな?

うーん、憧れるなぁ。。。

そして、

奥にドッシリ構える”黒部五郎岳”

もスゴイ存在感です。


もう一つ目を引くのが”薬師岳”

urrr36.jpg

さっきより大分近くなりました。

”黒部五郎”も”薬師”もさすがは

百名山ですね、目立ってるわ~


そして、

最終目的地の”槍ヶ岳”

urrr34.jpg

まだまだ遠いけど、頑張ろう


っと、まぁ

「景色は十分ですよね!」

初日の天気を経験しちゃってるだけに

ホント十分だと思います。


記念撮影をお願いして

urrr37.jpg

イエイ

さて、そろそろ帰りますか!


来た道をそのまま戻って

4:05 水晶小屋に到着。

urrr38.jpg

夕飯は5:30からなので、その前に

「軽くやりますか!」と

かんぱ~い

urrr39.jpg

「今日は歩いたよね~」

なんだかんだで10時間を超えっちゃって

ますからね

朝の”烏帽子岳”が、随分前の事に

感じます。。。


そして話題は、どこで寝るか?になり

「じゃんけんで勝った順に選ぼう!」

となりました。

よし、勝負だ!


チッケー ヘルヘル ブブッブー



???



[説明しよう]

これはカチョーの幼少時代に過ごした

埼玉の片隅で流行した、特殊なじゃんけんである。

勝負はブブッブーの時に決まる。

あいこの時はブブッブーだけ続けていく、という

小学生のノリではたまらない”じゃんけん”なのだ。


結果は

一発でカチョーの負け~

c0083518_20125922.jpg
(僕と宮入さんはカチョーの事を”笑顔のジャイアン”と呼んでいます)

なんかズルイ事考えてたみたいだけど

そうそう思い通りには行きませんから!


そして、

とりあえず寝床を決めに山小屋へ。。。

決められた番号の所に行ってみると

まぁ、とにかく狭い・・・

他の山小屋の事は知らないけど

この水晶小屋は、多分”避難小屋”的な

意味合いが強いんじゃないかな?

立地からして、これで目一杯なのかも。

なので狭さは仕方無いんだろうなぁ。。。


それで、肝心の寝床ですが

「どこでも一緒じゃないですか!」

って感じです。

一応僕は、宮入さんと一緒の蒲団にしました。

カチョーと一緒だと、いつの間にか占領されちまい

ますからね

無意識にですけどね。

だから”笑顔のジャイアン”ですw


そして、お隣さんは”烏帽子岳”から度々一緒

になるカップルでした。

「あー、先ほどはどうも

あー、なんかイイ人が隣で良かった。。。


そして、着替えやら荷物整理をしていると

5:30 夕飯の時間に。

メニューはカレーです。

urrr40.jpg

ご飯とカレーと味噌汁は、お替り自由です。

「いただきまーす」

アルファ米じゃないご飯はとても美味しく

お腹一杯頂きました。

カチョーは”烏帽子小屋”でも”野口五郎小屋”でも

食べそこなっているので、大満足でしたね。


食後は、談話室が満席だし外は寒いしで

何もする事がなく6:30ころには寝てしまいました。

8:30頃、目が覚めてしまって10:00位まで眠れなくて

ホント参ったんだけどいつの間にか熟睡してました。。。


余談ですが、

カチョーが「ここ誰も居ないのかな?」

と一番端っこの広い場所に移り”一人勝ち”の如く

悠々眠りにつきました。

ところが消灯になると人一倍の大男が隣に入ってきて

ものの数秒で”大いびき”をかいてカチョーの安眠を

邪魔するのでした。

やっぱり、じゃんけんでズルしようとした時点で

カチョーの敗北は決まっていたんだなぁ。。。


裏銀座縦走!(3日目その①)につづく・・・。




関連記事


【】
小屋でお替り自由はありがたいね~^^
【yajiさんへ】
確かに、あんな高所でご飯食べ放題
は有難いね〜
オカズがあったら更に良いんだけど
ね…贅沢かw
【最高の一日が…】
今回の岳、最高の一日が終わってしまいました
…ブログ後半は笑いの連続でしたね!
本物のジャイアンも、山小屋に居て、私は寝不足
でした。初めての小屋泊はいい経験だったけど
やはりテント泊が最高ですね❗️
【リアルジャイアン!?】
カチョーを寝不足に追い込むとは…
上には上が居るもんだw

山小屋ですが、ホント良い経験でしたね。
コミュニケーションが好きな人は良いんで
しょうけど、自慢話が多い様な印象が強く
て「なんだかなぁ…」って感じでした。
やっぱりテントが一番ですねi-234
【しずかちゃ~ん】
山小屋に色々な人たちがいましたね!

しかし、掛け布団は一人一枚あったけど。。。 敷布団二人で一枚はきつすぎるううう~ 隣がしずかちゃんなら文句なしだけど・・・
自分もやっぱりテン泊がいいですねえ~(^^)
 
でも、夕食、朝食ともに大満足でした。
【密着度は抜群!】
今回は敷布団二枚に三人だったから
まだマシだったかもしれませんね。
でも、隣が女子だったらドキドキワ
クワクだったかなw
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<07 | 2020/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -