≪ 2019 10   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

剱岳レポの最終回となります。


昨日の大宴会から一夜明けて最終日の朝を迎えました。

3時頃から”アタック組”の物音で目を覚ましちゃったけど

「今日の予定は帰るだけ!」

すぐに二度寝に落ちて、次に起きたのは5時頃でした。

テントでダラダラ過ごしていたらカチョーと宮さんの声がしたので

外に出てみると、剱岳が赤く焼けてきました。

剱k1

おお~~~

今日は快晴の予感


「今日は7時半くらいに出れればイイですかね~」

「まぁ、ゆっくりしましょう」

ってことで

剱k2

宮入さんの淹れてくれたコーヒーを飲みながらマッタリ~

だけどカチョーはもう半分くらい荷造りが終わってましたが・・・

早い!早すぎる!

周りが焦っちゃうでしょ

剱k3

しかし、今日登ってる人はラッキーだよなぁ。

今度は、こんな晴れた日に来たいもんです。


さて、そろそろ撤収しますか!

テントの中を片付けて外に出てみると

カチョーは既に準備が終わってました・・・。


「みんな早いよねぇ、、、」

と言いながらテントを畳む宮入さん。。。

なんか、癒されるわ~


全員パッキングを終えて、出発前の一服をしてから

7:45 テン場から出発!

剱k5

テン場を抜けて

剱k4

稜線上にある”剱御前小舎”に向かいます。

剱k6

別山への分岐を右方向へ。

剱k7

剱沢カールにご来光。

剱k8

やっぱ晴れはイイやね~


ぽっちらぽっちら歩いていくと

剱k9

8:28 剱御前小舎に到着!

もっと遠いのかと思ったけど45分で着きました。

ここでトイレも兼ねて休憩です。

剱k10


トイレの帰りに反対側を見てみると

剱k11

「ほほー、こりゃ良い景色だ」

室堂平が一望です。

ここからコースタイムで約2時間。

楽勝っすね


30分くらい休んだかなぁ

ぼちぼち行きますか!

8:53 剱御前小舎を出発。

剱k12

雷鳥沢キャンプ場まで、ひたすら下って行きます


振り返ると

剱k13

う~ん、素晴らしい!

この色合いはホント綺麗です。

剱k14


この辺まで来ると、傾斜もゆるくなり

剱k15

下りきって、

剱k16

橋を渡ると

9:48 雷鳥沢キャンプ場に到着!

ここで、ようやく休憩です。

今回の当初の計画では、ここで二泊目をする予定

だったけど連泊にして良かった~

そんな体力残ってなかったもんね

剱k17

そして、ここで悪魔の誘惑が・・・

誰が言い出したか

「ビール飲んじゃいますか!」

うっ、、、断る理由が見当たらない

「んじゃ、俺トイレ行くから売ってるか見てくるよ!」

と宮入さんが行ってくれました。

結局、管理事務所らしき建物には売ってなくて

買うなら”雷鳥沢ヒュッテ”まで行かないと無い

らしい。。。

「そこまでしなくてもイイか」

ってことで15分程休んで出発しました。

剱k19

テン場を抜けると待ち受ける上り坂。

剱k20

これが意外と堪える・・・

剱k21

ふ~

「しかし、良い景色ですね~」

時折、振り返りながらぽっちらぽっちら~

剱k22

大分登ったかな~

地獄谷が眼下に見えます。

剱k23

ホントは地獄谷にも寄って行きたかったんだけど

有毒ガスが出てるとかで立ち入り禁止でした・・・残念!

剱k24

いや~、しかし天気が良いと写真の数が

増えるよな~w


そして、登りが終わった頃に

10:38 雷鳥荘に到着。

ベンチがあったりして見晴らしが良い所

なので1枚パチリ

剱k26

この辺りから観光客がちらほら見かける

ようになりました。

剱k25

登山しなくても山岳風景を楽しめるから

人気があるのも、うなづけますね。


さて、行きますか!

剱k27

ここでは写真だけ撮って、先に進みます。


地獄谷を下に見ながら

剱k28


”血の池”を通り過ぎ

血の池
                      ↑看板の猿を真似てるようです


大きな池が見えてきました。

剱k29

これがミクリガ池でした。


さっき見ていたコレ

池違いw

”ミクルガ池”だと思って写真いっぱい撮っちゃった

けど、ただの水溜りだったようだ


池の周りは混み合ってて

剱k30

なんとか写真だけ撮って通過です。


そして、

雷鳥坂

雷鳥坂を通って

むろどー着

11:17 室堂に到着!

「お疲れ様でした~」

ひとまず休憩です。

剱k32

初日は混んでいてスルーしちゃった”立山玉殿の湧水”

を飲んでみました。

「こりゃ、美味い!」

剱k33

混じりっけ無しの美味しい水でしたよ~


一休みしてから

「ここでご飯食べていこう!」

と室堂駅に入ってみると、食べ物屋はどこも

激混みで早々に諦め、お土産だけ買って

剱k34

帰りの列に並び

剱k35

トロリーバスに乗って


剱k36

ケーブルカーで黒部湖駅に着いて


トンネルを抜けると

剱k37

黒部湖ですね。

剱k38

ちょこっと写真撮ったりしながら

そのまま通過して、

剱k40

最後にトロリーバスに乗って

1:20頃 扇沢駅に到着。

「腹減った~~~」

車に戻ってから何処かで食べようと思ってた

んだけど、もう限界

味は期待できなそうだけど、駅内の食堂

で済ますことにしました。

剱k41

カチョーと宮入さんは”ソースカツ丼”

僕は”山賊焼きカレー”を注文。

剱k42

「ここの、美味くねーすか?」

「うん、結構ちゃんとしてるね」

ソースカツ丼は、美味しかったようです。

が、山賊焼きカレーはイマイチかなぁ。。。

山賊焼きは単体で食べたほうが良さげで

カレーとはマッチしませんね。。。


お腹も満たされて、

駅を出て

剱k43

2:14 宮入さんの愛車に到着!

なんか車に戻るとホッとしますね。


そして、帰り道にある”大町温泉郷”によって

3日分の汗を流して

剱k44

帰路に着き、無事に”立山&剱岳縦走”は終了となりました。


いや~、無事に帰れて良かった

まずは、これに尽きますね。

危険なイメージが先行しちゃうんだけど

良く整備された登山道は慎重に行けば

なんとかなるもんだなぁ。。って感じです。

まぁ、空身に近い装備だからっていうのも

大きいと思うけど・・・

立山は、ちょっと微妙な結果になちゃったけど

三日間通して、天気もなんとか持ったし

全員無事に帰ってこれたしで良い山旅となりました。

来年のテーマは穂高かな?
関連記事


【岳忘年会にて】
ブログ完了、お疲れ様でした。
これで、岳関係全て完了したような。。。
でも、未だ『岳忘年会』が残っていますので、その時に今年の慰労会をとことんやりましょう!
先ずは、お疲れ様でした!!
【来年も・・・】
いや~ Kitaさん完結しましたね~!お疲れ様でした。
来年も『岳』とことん楽しみましょう(^^)
岳忘年会もスケジュールを調整して今年を締めくくりましょう。GOちゃんは来れるかな~?

ところで、あのちっちゃい水溜りはミクルガ池でいいと思います。あれはあれで以外と綺麗でしたから・・・ ね! カチョー!!
【お疲れさまでした】
地獄谷、2011年夏に行った時はまだ通れました
しかし物凄い硫黄のガスの匂いでかなりきつかったよ
その後2012年5月に家族で行った時は既に進入禁止区域になってました
【カチョーへ】
ようやく終わった感がありますね。
来年も大物が目白押しですよ!
それも含めて忘年会で今年を締めくくり
ましょうv-220
【ウッキ〜、デュフデュフ】
積もる話は忘年会で語り尽くしましょう!
ミクルが池。。。
誤字ですね、あれはv-40
【zelさんへ】
地獄谷ねぇ。
なんか行ってみたかったんだけど
ま、いいか。。。って感じもしたかなw
俺、考えてみたら硫黄の匂いとか苦手だ
し…
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<10 | 2019/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30