≪ 2019 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2020 01 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

   燕岳  (二百名山 標高2763m)

        2009年10月21日(水) 晴れ


 なかなか皆の予定が合わずに一ヶ月ぶりの山に

 なりました。それでもハイペースだとは言われますけど(;^_^A
 
 北アルプスも雪が降り始めたようで、雪山にはビビリの僕等

 にとって今回がラストチャンスかな?

 ってことで今回は燕岳に決定です。参加者は久々の5人。


 長野市から中房温泉まではナビで2時間半と表示。遠いな・・・

 逆算すると、今回の集合時間は3:30に w(゚o゚)w

 
 6:00ころ中房温泉に到着。

 IMG_0690.jpg


 途中でトラブルがあって40分以上のタイムロス・・・

 いきなり出鼻を挫かれました><;


 ま、、仕方ないか。気を取り直して登山口に向かいます。

 5分くらいアスファルトと上がると着きました。

 IMG_0691.jpg

 トイレや売店があって人気がある山なんだなぁって思いました。


 6:22出発。予定は5:30だったのになぁ、、、  ←しつこい

 ま、とにかく出発です。

 DSC_0299.jpg


 ここは北アルプス3大急登と呼ばれるだけあって

 始めっからかなりの急勾配です。

 寒かったはずなのに、あっという間に体温が上がって

 10分もしないうちに体温調節に(υ´Д`)


 6:53第一ベンチ着。

 IMG_0696.jpg

 木製のベンチがあって休憩にはもってこい

 な場所です。とりあえず小休止。

 IMG_0697.jpg

 水場があるようだけど少し下るみたいですね。

 面倒なのでスルーでw

 息を整える程度に休んで先に進みます。


 それにしても今日も快晴だ

 IMG_0699.jpg

 やっぱり晴れはいいやねぇ。

 んま雨でも行っちゃいますけどね(笑)

 
 荷揚げケーブル発見!

 IMG_0700.jpg

 これでスイカビールを運んでるんですね。


 7:22第二ベンチ着。

 IMG_0701.jpg

 ここではザックをおろして休憩です。

 ほど良い間隔で休憩地点があって

 目安にもなるし、良いんじゃないでしょうか。

 IMG_0702.jpg

 景色の変わらない樹林帯だったけど

 ちらほら見えるようになってきました。


 途中に小休止をはさんで

 8:05第三ベンチ着。

 IMG_0708.jpg


 ここでもザックをおろして休憩します。

 それにしても意外と暑い、、、

 樹林帯で風が通らないんだよなぁ。

 夏は結構キツイんじゃないかな?


 IMG_0711.jpg

 第三ベンチを過ぎたあたりから花崗岩が

 見え始めました。

 なんだか山頂に近づいてる感

 まだまだ半分なんですがね・・・



 8:45富士見ベンチ着。

 IMG_0715.jpg

 名前の通り、富士山が見えます。

 爺ヶ岳の時から比べるとずいぶん近い印象ですね。

 DSC_0328.jpg

 だいぶ見晴らしが良くなってきて

 南アルプスや八ヶ岳も確認できます。


IMG_0717.jpg

 おなじみアミノバイタルをチャージして出発です。



 しばらく進むと左側に雪化粧の従走路が!

IMG_0720.jpg

 大天井かな?

 雪山も美しいですねぇ(o^∇^o)


7分


 お!もうチョイじゃん

 段々、空も大きくなってきて巨大な花崗岩が

 姿を現します。

 DSC_0333.jpg

 道端には霜柱がo(*'o'*)o

 DSC_0330.jpg

 そして少し緩くなった道を進むと建物が見えてきました。

 IMG_0721.jpg

 9:10合戦小屋に到着です。

 DSC_0338.jpg

 標準タイムを10分短縮しました\(^▽^)/

 フフフ成長ですな 

 
 ここ合戦小屋は9月中旬までは波田町のスイカが

 食べられる所で有名なんだけど、今日は営業すら

 してませんでした(゚´Д`゚)

 この時期は週末のみの営業らしいです。
 
 
 ザックをおろして大休止します。

 IMG_0725.jpg

 地図を広げて作戦会議。

 ここまで来れば、あとチョットで燕山荘だ!

 IMG_0728.jpg

 さて、行きますか。


 合戦小屋から15分くらいかな?

 足を止めて左側の山を見ると

 思いがけなく突然の姿が!

 DSC_0342.jpg

 ち、近い!

 気分は射程距離内!

 一同テンション


 
 さらに10分ほど進むとベンチのある広場に。

 多分合戦沢の頭だと思う。

 もうすっかり視界は開けていて北信五岳のほうも

 見えています。

 DSC_0348.jpg

 槍も大きくなりました。

 しばらく撮影タイムです。

 10分ほど休憩して燕山荘に向かいます。

 DSC_0349.jpg

 見上げると見えてるんだけど、遠いのかなぁ。。。


 途中、日陰には雪が残ってました。

 IMG_0740.jpg

 二日前に少し降ったらしいです。

 アイゼンが必要なまでではなく難なく通過。

 IMG_0742.jpg

 山荘も大きく見えてきて、木でできた階段になりました。

 一部足を踏み外したら怪我しそうな場所もあったけど

 チョイ慎重に通過します。

 なんだかカチョーが限界をアピールしてましたが

 完全無視で進みます(笑)

 そして最後の急登を登りきると

 その先は別世界でした \(*T▽T*)/ 

DSC_0385.jpg

 10:42燕山荘に到着です。

 ここからの景色はまさに絶景です。

 裏銀座の稜線から槍ヶ岳、穂高方面まで

 バッチリ見えています。

 考えようによっては、たった4時間ちょいで

 こんな景色が見れるなんて、、、

 
 とりあえずザックをおろして作戦会議です。

  IMG_0744.jpg

 あまりにも寒いので、外でゴハンはきびしいな。。。

 ってことで山荘の人に聞いてみると、快く

 「中でどうぞ」ですって <(_ _*)> アリガトォ

 なんてやさしいんでしょう。

 唐松山荘とは大違いだ  ←これもしつこい(笑) 

 時間も少し早いので、山頂に行ってからお世話になりま~す

 DSC_0353.jpg

 ってことで山頂へアタックです。

 花崗岩のモニュメントみたいになってる間を

 縫うように進むと11:30山頂に到着です。

 IMG_0758.jpg

 山頂は360度の大パノラマです。

 ただ、とても狭く混んでいれば長居はできない

 でしょうねぇ。。。

 DSC_0370.jpg

 裏銀座や笠ヶ岳、北信五岳も見えるんですが

 やっぱり何と言っても槍だなぁ。

 IMG_0757.jpg

 「岳」をパクってパチリ(笑)

 ん~~~カッコイイじゃないですか

 来年は、あそこのテッペンに立ってるんだなぁ。。。

 などと妄想をはたらかせながら見惚れてましたo(^o^)o

 
 しばらく山頂を満喫して山荘に向かいます。

 途中でイルカ岩を発見!

 DSC_0382.jpg

 これは天然?人工?

 見事なイルカです。

 
 12:05山荘着。

 ここ燕山荘は、雰囲気もとても良くて

 なによりスタッフがとても親切で、人気が

 あるのもわかるなぁと思いました。


 お昼ごはんは食堂の一角をかりました。

 室内なのにテーブルでガスストーブも使わせてもらえて

 僕等しかいないのにストーブまで焚いてくれて

 至れり尽くせりです(*゚▽゚*)

 
 お約束のかんぱ~い

 IMG_0762.jpg

 どんなに寒くてもは外せないっす(^∇^)V

 快適なお食事タイムを過ごして、売店で山バッジなど

 を買って1:30ころに山荘を後にしました。

 
 
 DSC_0386.jpg ←コレはなんですか?

 外で最後の撮影タイムをして

 1:48下山開始です。

 三大急登というからには、下りも急な訳でして

 膝が心配な人が、約2名ほどいますが、、、

 なかなかなペースで下っていきます

 DSC_0395.jpg

 槍も小さくなってきて

 DSC_0393.jpg

 お別れですね、、、

 なんだか寂しいけど、来年は登りに行くからねーーー( ´Д`)
 
 
 2:20早くも合戦小屋に到着。

 IMG_0766.jpg

 ここで10分ほど休憩。

 今回のカチョーは膝の痛みが無い模様です。

 靴を新調したのが良かったのかな?


 そして富士見ベンチ、第三ベンチ、第二ベンチと快調に飛ばして

 3:54第一ベンチに到着。

 何度かの休憩をはさんで

 4:19登山口に到着。

 標準タイムを30分短縮かな?早かったなぁ( ^0^)oゞ



 そして車に戻って、帰りに温泉に入って燕岳の登山は終わりました。


 今回も好天に恵まれて、今まで見ることのできなかった

 裏銀座が見れたり、槍ヶ岳も結構な近さで見れたりで

 満足のいく良い山旅ができました。

 
 来年の北アルプスは、テント泊が多くなるのかな?

 この冬で買い揃えないとね(^o^)/~~~.

 

 

 
 



 




 

 


 

  

 
関連記事


【】
こんばんは
今度は燕ですね。
ここは登りやすいし、
花崗岩の奇岩が見れて、
槍の展望も素晴らしいし、
小屋は綺麗で、設備もスタッフも言うことなし。
また行きたくなりますよね。
私はこれまで4回行ってしまいました。(*^_^*)
【TONOさんへ】
こんにちわ。
4回も行ってるんですか?
確かに、また行きたくなりますよね~
今度行く時は槍まで縦走の予定です(=^◇^=)
【】
こんばんは。

TONOさんの仰る通り、燕山荘はテント泊の登山者にも優しく
素晴らしい山小屋ですね。

朝夕はまた違う眺望が拡がりますので
来年は泊まりで、ぜひ!
【しょももさんへ】
こんにちわ。

コメントありがとうございます。
夕焼け、星空、朝焼けと
もう想像しただけで
わくわくしちゃいますねo(^o^)o
来年が楽しみです。
【】
こんばんわ~
今年はもう登らないのですか?
冬山は危険だから無理はできないけど…
今回がKitaさんにとって今年最後ですか?
それにしても朝3時ってすごい(~o~)ですね…
朝のトラブルってちょっと気になります…
登山も車の運転も気をつけて来年も楽しみましょう(^^)
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<11 | 2019/12 | 01>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -