≪ 2019 09   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2019 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

   御嶽山 (百名山 標高3067m)

                             2013年6月5日(水)   時々

今年の梅雨は例年よりだいぶ早くやってきちゃいました。。。

そんな中、まさに”梅雨の晴れ間”に”御嶽山”に登ってきました。

週間予報で追っかけてると曇りの予報が続いたんだけど、

前日になって奇跡の”晴れマーク”

「雨じゃなかったら行っちゃおう」

と思ってたから本当にラッキーでした

今回のメンバーもカチョー、宮さん、僕の三人です。


そして当日。

3:00 宮入さんの事務所に集合。

長野市から登山口の王滝村までは結構遠いので早めの集合です。

う~ん、さすがに眠い・・・

s-嶽1

この宮入さんの事務所は、元々”土蔵”だった建物を

自分でリフォームしたんだけど、良い味でてますよ~


ちょいと一服した後、170km先の登山口まで車でGO!


4:51 コンビニで買出し

s-嶽2


「いや~ホント遠いな、、、」

この先はコンビニは無さそうなので、ここで買出し&朝食。

ガッツリご飯を食べて先に進みます


そして、長~~~いクネクネ道が終ってスキー場エリアに

なった頃前方に

s-嶽3

「あれ、御嶽山じゃない?」

存在感アリアリの”御嶽山”が見えました。


さらに進むと

6:21 田の原山荘の駐車場に到着!

s-嶽4

「うわ!カッコイイーーー!」

なんて立派な独立峰なんでしょう?

一発で大好きな山になりました。

s-嶽7


こちらが登山口

s-嶽6

まだスタートもしてないのに写真撮りまくりw

s-嶽8

この看板を見ると、信仰の山なんだなぁ。。。

と改めて思いますね。


そして、

トイレやら準備をすませて

7:00 田の原登山口より出発!

s-嶽9

鳥居をくぐって、

まずは遊歩道から始まるんだけど、

s-嶽10

「なに?この開放感!!!」

s-嶽11

写真では伝わらないかな?

すごい気持ちの良い”遊歩道”です


s-嶽12

「こんな景色をありがとうございます」

お礼と安全祈願をしました。


そして、

遊歩道は終ったのかな?

残雪の道になります。

s-嶽13

意外と歩きにくいので

s-嶽14

アイゼン装着!

今回からTONOさんオススメの”チェーンスパイク”にしてみました。

これホント良いですよ!

脱着もめちゃくちゃ楽だし、結構しっかり効くし

良い買い物しました。

s-嶽15

青空を眺めては幸せを感じつつ、のんびり歩きます。


そういえば、前回までは腰の具合は絶好調だったんだけど

仕事の無理が祟ったのか痛みが再発してしまいました・・・

最近になって少し良くなってきたけど今日は騙し騙しって感じで。

でも、病気とかでもやっぱメンタルが大事なのかな?

山に居ると、なんだか調子良いです


歩くこと約1時間

8:13 金剛童子に到着。

s-嶽16

ここでザックをおろして休憩です。

s-嶽18

おやつ食べながら、ま~~~ったり

s-嶽17

「あの辺が山頂かな~」

なんとなく、そう思ってたけど山頂はあの先でした

s-嶽19

エエ天気やねぇ。。。


20分くらい休んだかな、さていきますか!

s-嶽20

”金剛童子”からちょっと行くと八合目です。

s-嶽21

「はち・ごうめ!」

ちゃんと”八ヶ岳”と変えてあるところがニクい(笑)

s-嶽22

はいはい、分かりましたよ~

おもしろいですね~

ははははは・・・ハァ。。。



さて、

行きましょう!

s-嶽23

八合目から先は、岩ゴロゴロの道になり

s-嶽24

やがて登山道は雪渓の中に入ります。

「なんか雲ってきちゃいましたね~」

「でも十分じゃない?上等よ、上等」

実際に梅雨なんだから、これくらいでも良しとしないとね。

s-嶽25

だ~いぶ下の方に見える宮入さん、

何してるのかな~と思ってズーム!

s-嶽2500


なんと!

s-嶽26

ライチョウと遊んでました!

s-嶽27

御嶽山にも生息してたんですね~

知らなかったからビックリしました。


そして、

急だった雪渓エリアも終って

9:45 9合目に到着!

s-嶽28

アイゼンを脱ぎがてら休憩です。

s-嶽29

”王滝頂上山荘”にも大分近づいてきました。

地図をながめながら、まったりしてると

グェェェグェェェ

ん?

その泣き声は!

s-嶽30

やっぱり君か!

さっきのライチョウかな?

頑張って羽ばたいてましたよ~


ここでも20分くらい休んだかなぁ

休みすぎな感じもするけど、まぁ良いかw

s-嶽32

9合目からちょっとすると

10:43 王滝頂上山荘に到着

s-嶽33

まだ営業してないようですね。


そして右側にはこの”塊”

s-嶽34

オベリクスのポーズ!

っていうかオベリスクじゃねーし


そして、

s-嶽35

ようやく姿を現した御嶽山の最高峰

”剣が峰”です。


s-嶽36

まだまだ距離がありそうに見えるんだけど

コースタイム25分と、意外と近いようです。

s-嶽37

御嶽山は”活火山”だそうで、噴煙があがってます。

辺りも硫黄の匂いがプンプンしてますね。


謎のモニュメント

s-嶽38

コレは何なのかな~?

しかし、カチョーはやってくれるなぁ。。。

カチョーって課長

なんですがねぇ。。。


もうすぐ頂上ってところまで来ました。

s-嶽39

かろうじて残ってる青空が嬉しい。

そして、

s-嶽40

御嶽剣が峰山荘に到着!

s-嶽41

なんか、泪橋の丹下段平の家を連想させます。


あと石段を登れば到着って所なのに

なぜか休憩(笑)

そして最近うちらの大ブーム”三連写”

まずはノーマルで

s-嶽42

イエイ

s-嶽43

よっ!

s-嶽44

ドッカーーーン

毎回撮影後は大笑いです

お試しあれ~


さて、いよいよ行きますか!

s-嶽45

最後に「意外と太ももに堪えますな」

な石段を登りきると

s-嶽46

11:41 剣が峰の山頂に到着!

s-嶽47

これが初の3000m越えです!

なんか楽な山で来ちゃったのはビミョーですが

やっぱり嬉しいもんです

s-嶽48

ずいぶん曇っちゃったけど、うっすらと

北アルプスも見れます。

s-嶽49


ひと際目をひくのが”乗鞍岳”

残雪が引き立ててるんだろうなぁ。

s-嶽50

たっぷり景色も楽しんだし、そろそろメシにしますかね。

場所を移動して

まぁ、軽くね

s-嶽51

「かんぱ~い」

s-嶽52

カチョーは”春巻き”を作るみたいです。

皮から?

すごいな・・・


s-嶽53

宮入さんは、カレーとナン。

ナン???

すごいチョイスだw

s-嶽54

僕は、ほぼ毎回かな?

嫁特製の”煮卵”です。

手前味噌ですが、激ウマですよ~

今回は僕の代わりにカチョーが担ぎ上げてくれました。


ポツリポツリと時折雨が降ってきちゃいました・・・

が、食後もゆっくりと過ごして

s-嶽55

さ~て、帰りますか!

1:33 下山開始

s-嶽56

サクっと王滝頂上山荘まで戻ってきました。

行きで見なかった神社に寄ってみました。

s-嶽57

しかし、3000m近い高所とは思えない建造物ですね。

ヘリとかで運んだのかな?

s-嶽58

そういえばネットとかで見ると”白装束”の参拝者

がよく見かけるみたいだけど今日は一人も見なかったなぁ。

s-嶽59

お参りをして

s-嶽60

御嶽神社を後にします。


帰りは”地獄谷展望台”を周ってこようと思ってた

んだけど、天気も良くないのでそのまま下ります。


9合目の近くまで来た所で、またライチョウに遭遇

s-嶽62

こういう時に「望遠レンズほしいなぁ。。。」

と思っちゃいますね。16-50mmだとちと足りない


そして登山道は雪渓になり

「こりゃ”尻セード”でしょ!」

と、やってみたんだけど今まで体験した事がない程の

スピードにビビりました(汗

一旦ゆるやかになった所でなんとか止まれたので

「ここは危ないからやめとこう、、、」

と踏み後のあるほうに移動していたとき

ズル

s-嶽63

やりたくないのに”尻セード”に

これ、見ようによっては”滑落”ですよね・・・

ホント怖かった

「いつか富士山でやってみたいなぁ」

なんて思ってたんだけど、そんな気は無くなりました。

アイゼンとピッケルないと危ないです。

止まる手段が無いですもんね。。。


ようやく雪渓も終って一安心ってところで事件が・・・

カチョー「あれ、、、デジカメが無い。。。」

どうやら今の雪渓で落としてしまったようです。

今日一日の大事なデータが入ったデジカメなので

「みんなで探しましょう!」

と雪渓に戻り、半分くらい登った所で無事発見!

いや~良かった、良かった

しかし、とんだ”尻セード大会”だったなぁ


そして、

この後は順調に下って”遊歩道”まで戻ってきました。

s-嶽64

最後は小雨に当たりながら

s-嶽65

4:16 登山口に到着!

ふぃ~、下りでは色々あったけど無事着きました。

この後は、途中の姨捨saで夕飯を食べて

そのまま帰路につき今回の登山も無事終了となりました。

s-嶽66
                                  下山後に駐車場より

いや~、しかし梅雨にこんな登山ができたのは

本当にラッキーでした。

それに御嶽山が、こんなに素敵な山だったとは、

やっぱり登ってみないと分からないもんですね。

それと尻セード。。。

これは色々と準備しておかないと、何かと厄介な

遊びだと骨身に染みました。

まぁ、これで何だかんだ経験値は上がってスキルアップ

しているような気もするので良しとしときますか。

ま、とにかく楽しく終われて良い山行でした。



そして次は、いよいよテント泊です。

ターゲットは五竜岳!

晴れるとイイなぁ。。。



関連記事


【】
お疲れ様っす
僕は4月下旬に御嶽山登ったんですけど1ヶ月間で景色は180℃変わるね
自分のBlog写真と見比べて楽しんだよw
御嶽山、夏もよさそうだね
夏は息子連れて登ろうかと検討中です(^^
【お疲れさまです。】
お疲れさまでした。
前回、前々回に引き続き今回も欠席した松代の小木ことGOです。
楽しくブログ見ました。なんだか遠い世界のような・・・

いかん!

次はいきます。
【zelさんへ】
ホント良い山だよね。
息子ちゃんと登るのにもちょうど良いかもね。
ただ、もうちょっとアクセスがよければなぁ(^_^;)
【Goちゃんへ】
今度の山は外せないよ?
ここは無理してでも参加って事で!

小木かぁ。。。
やっぱ似てるよね(笑)
【】
御岳は独立峰だけに乗鞍とか木曽駒から見ると存在感があります。
私は濁河温泉とセットで登りたいと狙っているのですが、
そのアプローチの遠さからいまだ登らずじまいです。(^^;
でも登るならやはり残雪期が良さそうですね。
雷鳥も見れて最高ですね。

チェーンスパイク、ゲットしたんですね。
夏の雪渓とか残雪期のさほど傾斜がない所では使い勝手がイイですよね。
軽いし一瞬で着脱可能なので億劫がらずに使えて重宝してます。(^^)
【TONOさんへ】
残雪の山って色合いが綺麗で良いですよね。
まだ登山者もまばらだし良い時期なのかも
しれませんね(^^)

チェーンスパイクは買って大正解でした。
アイゼンは要らないかなぁ、っていう場面
でもサッと装着しちゃえますね。
良い情報ありがとうございました(^o^ゞ
【お身体に気をつけて】
こんばんわ。課長のカチョーです。
やっと3000m超えましたね!
ここまで天気に恵まれている様な気がしますが
北さんの腰が本調子ではないのが気になります。。。
ぽっちら歩き戦法で、次は早くもテント泊!?
しかし、まごころの塔ってなんだろう。。。
【課長殿】
次は梅雨真っ只中なので、なかなか天気は難しいでしょうね。
雨じゃなかったらgo!ですかね?

ま、腰のほうは仕事次第じゃないでしょうか(;´д`)
仕事ボチボチ山ガッツリで大丈夫かな(笑)
【】
おいおい、置いてけぼりやんけー
【yajiさ~ん】
8月の登山に合わせてモチベーション
は上げておこうねw
ゲームばっかりしないようにwww
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<09 | 2019/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -