≪ 2019 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2020 01 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

蓼科山 (百名山 標高2530m)
                          2013年4月28日(日)   

前回の”百名山取りこぼし登山”から一ヶ月経つんだけど

まだまだ高い山は、危険な雪山のようです。。。

そんな中でも今のうちらが登れそうな”蓼科山”に

登ってきました。

メンバーは、またしてもカチョー、宮入さん、僕の三人です。

隊長は、5月に子供(四人目)が産まれる予定なんだそうです。

Goちゃん、おめでとー!

そんな訳で当分は山どころじゃないんでしょうね。

まぁ、家庭が一番だから行ける時が来たら行こうね

いつか、目標だった”ビッグダディ”になれると良いね☆




そして当日。

4:30 宮入さんの事務所に集合

事務所で軽く一服してカチョーの車に荷物を積み込み

まずは更埴ICにむけて出発


5:55 丸子町のコンビにに到着

s-蓼科1


ホントは先週に予定してたんだけど悪天候で延期になったんですよね。

まさか雪まで降るとはビックリしました。

そして延期したおかげで、今日の天気予報は晴れ

いや~結果オーライですな、今日は期待できます


ここで朝食&買出しをして白樺湖に向かいます。


6:39 蓼科国際スキー場の駐車場に到着

s-たて2

オンシーズンは”七合目登山口”まで車で行けるみたい

なんだけど、今回は牧場から登ってみる事にしました!


駐車場に停めて、さっそく準備をします。

s-たて3


さ~て、行ってみますかね!

7:11 蓼科牧場より出発。

s-たて4

前方のゲレンデをみながら牧場の脇を歩きます。

s-たて5

ポニーに和まされつつ

s-たて6

こんな景色を見ながら

s-たて7

意外と急なゲレンデの斜面を登っていきます。

しかし良い天気だな~

s-たて8

まずは、先に見えるゴンドラの駅までですね~

歩き始めは少し寒かったのに、しばらく歩くと暑い暑い

でも久しぶりの滝汗が気持ちイイ


途中で一度、小休止をはさんで

8:18 御泉水自然園に到着。

s-たて9

駅を通り過ぎて、右方向に行くと

”幸せの鐘”があり

s-たて10

その先には、今日の目的地”蓼科山”がドーーーン

s-たて11

まぁ、おっさん三人が大はしゃぎで鐘をガランガラン鳴らした

のは言うまでもありません・・・。


”幸せの鐘”からすぐの所には”諏訪の御柱”が建ってました。

長野に住んでいながら”御柱”は初めて見ました。

s-たて12

そして、御柱の脇から登山道がはじまります。

s-たて13

明るい樹林帯をしばらく歩き

s-たて14

車道をまたいで

s-たて15

再び樹林帯に入って、そこを抜けると

s-たて16

8:39 七合目登山口に到着!

s-たて17

ここでザックを降ろして休憩です。

っというか、ここまで冬季通行止めだったはずなんだけど

車で普通に来れるみたいですね~

「まぁ、逆にココまでの景色を楽しめたから歩いてきて良かったよね」

なんて話ながら、のんびり一服

s-たて18

20分くらい休んじゃったかなぁ

そろそろ行きますか!

9:00 七合目登山口より出発!

s-たて19

鳥居をくぐると、ここから足元は雪になります。

宮入さんだけはゲレンデからアイゼン装着済みです。

s-たて20

登り始めは傾斜も緩かったんだけど、きつくなってきた

ところででアイゼンを装着しました。


途中に”天狗の露地”という場所があったはずなんだけど

気がつかずに通過しちゃったみたい。。。

トレースが右にそれてた場所があったんだけど

多分、そこだったんだろうなぁ。。。


徐々に視界が開けて明るくなってきました。

s-たて21

そこそこ急な斜面です。


この辺りからカチョーがキツそうな感じに・・・

「アイゼンの歯がかからないんですよねぇ・・・」

そうかなぁ???

と思ってカチョーの足元を見てみると

一本下駄

(写真撮ってなかった・・・)

土踏まずに氷になった雪が張り付いていて

まさに”一本下駄”です

これは確かにキツイでしょう、、、

「よくここまで登ってきましたね?」

「でも俺には”ぽっちら歩行”があるから大丈夫!」

う~~~ん、なんてポジティブなんだろう。

s-たて22

そして、この斜面を登りきった所にこの看板

s-たて23

あれ?将軍平はもう近いのかな?

なんて思ったけど、登りはまだまだ続きます


そして看板から約一時間

10:40 蓼科山荘に到着!

s-たて24

ふぃ~~~

とりあえず一段落かな。

ここでザックをおろして休憩です。


s-たて26

うしろの円い山が”蓼科山”

「あとちょっとですね~」

ここから見るとなだらかな感じです。

s-たて25

20分ほど休憩をして、山荘の前でパチリ

11:00 蓼科山荘より出発

s-たて27

さ~て、ラストスパートだ!


一旦、樹林帯に入ります。

s-たて28

緑に青空、この色合いは美しいですね~


やがて樹林帯を抜けて

s-たて29

振り返ると”浅間山”や妙高方面の山々が

見渡せました。

s-たて30

すっげーーー

こうして見ると”浅間山”も立派な山だなぁ。。。

「こりゃ浅間山も登らなきゃいけませんね」

なんて話しながら大分テンション上がってきました。


そして、

勾配はどんどん急になってきて

s-たて31

森林限界を超えると、さらなる急登!

s-たて32

まぁ、踏み後がしっかりしていて階段状になって

いるから危険度は低めかな?

s-たて33

でも足を滑らせたら、しばらく止まらないでしょうね


そして、最後の急登を登りきると

だだっ広い山頂に出ました。

s-たて35

いや~広い広いとは聞いていたけどホント広いです

s-たて36

何度か膝まで埋まるくらい踏み抜きつつ

s-たて37

11:53 蓼科山頂上に到着!

s-たて38

イエイ

お願いして一枚撮ってもらいました。


八ヶ岳をバックに

s-たて39

「やつ・がたけ!」

八ヶ岳のポーズのようです(笑)

s-たて40

しかし、この角度から見る”八ヶ岳”はひと際目を引きますね。

s-たて41

去年登った”鹿島槍”方面

s-たて42

浅間山

s-たて43

今頃ヒィヒィ言いながら?zelさんが登ってる御嶽山


う~~~ん、素晴らしい展望だ

「もう最高ですね!」

何回言い合ったんだろ?

ホント今日登ってきて良かった


いくら眺めてても足りないくらいなんだけど

お腹も空いてきたので、お昼ご飯にしますかね。

s-たて44

賑わう山頂から少し離れた所に陣取って

s-たて45

ま、ちょいと

「かんぱ~い」

s-たて46

しかし、カチョーはイイ顔するなぁw

s-たて47

宮入さんの”ムール貝”の炒め物にはビックリしましたが

おいしい”おつまみ”でした。


食後もゆっくりと過ごして

「せっかくだから周遊してから下山しますか!」

って事で、まずは大好きな”方位盤”に。

s-たて48

コレ見ながら山座同定するのが、なんとも楽しい

s-たて49

タイマー3連写で遊びながらパチリ。

s-たて50

お!そういえばカチョー帽子買ったんですね?

ほぼ全身”アウトドアウエアのフェラーリ”モンチュラですな


s-たて51

広~~~い山頂を表現してみました(笑)

s-たて52

いや~満喫しましたね~


そして下りはじめる辺りに見た

雪に埋もれる”蓼科山頂ヒュッテ”

s-たて53

ヒュッテのご主人だったのかな?

少しお話をしたんだけど、この連休から

営業を始めたそうです。


さてさて、帰りますか~

2:17 下山開始です。

s-たて54

まずは例の急斜面です

s-たて55

「最悪はロープ掴んで降りれば良いかぁ」

と思いながら降り始めたんだけど、登りの時より

大分雪は緩んでいたのでガシガシ歩いて降りられます

s-たて56

「こんなアイゼン捨ててやるーーー

と、カチョーはアイゼン無しで下っていました。


そして、

あっという間に

14:32 蓼科山荘に到着。

s-たて57

15分で下って来れちゃいました。

ここの下りは楽しかったな~

s-たて58

ちょっと小休止して

14:41 山荘を出発!


そして、少し下った辺りからは雪山の醍醐味?

大尻セード大会!!!

s-たて59

うりゃーーーーー

s-たて60

けっこうスピード出ます

s-たて61

が、先発の僕はイマイチです。

コースの整地係みたいな役回りかな。。。


そんなこんなで

3:33 七合目登山口に到着

s-たて62

朝休んだ所で軽く休憩を入れて先に進みます。


御泉水自然園を通り過ぎて

s-たて63

ゲレンデに入りました。

s-たて64

午後4時になるのに、この天気。

素晴らしい


そして、滑り納め~

s-たて65

ここでカチョーのレインウエアのお尻がビリビリに

破れてしまいました

「うわ・・・もう直にやるのはやめておこう・・・」

そう心に誓うのでした。。。

(後日、奥様の手によって完璧に蘇ったそうです)


s-たて66

牧場のミニブタで癒されつつ

s-たて67

4:24 牧場の登り口に到着!

s-たて68

今回はお土産だけ買って、そのまま帰路につき

無事に登山は終了となりました。




いや~蓼科山は最高の展望台でした。

独立峰だから遮るものが無いし、なにより一日中晴天

だったのはラッキーでした。

いつか夏山にも来てみたいですね。

これで、ようやく前回の苦い記憶が払拭されました(笑)


さて、次は”御嶽山”かな?




















関連記事


【】
こんにちは
いつ見ても楽しそうで表現力の豊かな三人組ですね。
それにお昼の豪華さには驚かされます。
特に今回はムール貝ですか!?
私が山の上でその食材を見ることは生涯ないと思います。(笑)
この日は本当に良い天気でしたから、最高の景色が見れたでしょうね。(^^)
【】
お疲れ様~!
雲一つ無い晴天だね
しかしkitaさんチームのご飯は本当に美味しそう
俺はいつもカロリー摂取できて軽くて小さければいいや的に味気ない物ばかりにしちゃうんで今度は見習わせてもらうよ(`・ω・´)ゞ
【TONOさんへ】
他の登山客には、なるべく迷惑かけないように
精一杯楽しんじゃってますね(笑)

そしてムール貝には驚きました。
まぁ、この時期だから良いかもしれませんが
傷んでやしないか恐る恐る食べました。
ちなみに僕のご飯は例のビビンバーグでした。
【zelさんへ】
日帰りでコースタイム3時間ぐらいだと重さは
度外視になってるね(笑)
前ロープウェイで重さ計ったら8kgなんて時も
あったなぁw
でもzelさんも結構豪華なメニューなイメージあるよ?
【辞書の角が頭に当たり入院中の。。。???】
お疲れ様で~す!
仕事が大変忙しく、北さんには体を酷使させていまい<m(__)m>。
そんな中で、ようやくBup出来ましたね。
当日は天気が本当に良く最高の登山日和でした!!又、今回は予想しない色々な経験をさせて頂きました。その中の一つ『一本下駄』には爆笑です( ^)o(^ )。でも、これでは喜劇です?実際は‘アレ’がボディーブローの様に効いて、かなり辛かったんです!!
アイゼン安物は命取りですな。。。
早めに冬靴+12本アイゼンを買わなくては!!!
普段や言いませんが、仕事そこそこ、登山バリバリで行きましょう!隊長が言ったとおり景色最高でした!ありがとう!隊長~!そして安らかに。。。。
【カチョーへ】
仕事そこそこ…
やっぱりそうですよね?
なんか気が楽になりました(^^)/

隊長は入院してたんですね~
そうか、そうか、、、
お大事に。
そして安ら ん?
【ちょっとまった~!】
皆様お疲れさまでした。相変わらず楽しそうな登山で、たのしくブログ見させていただきました。
私ごとですが四人目も無事産まれあわただしいGWをすごしました。どうやら私達夫婦は妊娠しやすい
ようなので、避妊を覚えよう!と、心に誓いました。
脱線しましたが、山も仕事も消防団もバリバリしますよ~。

ちなみに今回飛んできたのは辞書ではなくテレビのリモコンでした。
【隊長、おめでとう!!】
隊長(…の奥様)が入院中、登山楽しませて頂いてきました。
それとご子息の新たな誕生、大変おめでとうございます!!
ビッグダディになると、家庭の助け愛だけでも大変なのに、仕事もあり、登山までは、、、なかなか予定つきませんよね。
家族を大切にする事が、隊長の今の務めですね!
それと、妊娠しやすいのではないですよ。数が凄いのです!!
息抜きが必要な時は‘岳’行きましょう!!
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<11 | 2019/12 | 01>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -