≪ 2019 10   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

鹿島槍二日目のつづきです。


”北峰”の山頂に立った一行。

s-鹿99

宮入さんに淹れてもらったコーヒーをいただいて、

しばらくまったりしました。


まだ名残惜しいけど、そろそろ戻りますか!


9:24 北峰山頂より出発!

一旦下ってから”南峰”への登りがはじまります。

s-鹿100

やっぱり岩場は登りのほうが楽しいし、怖さもないよなぁ。

この区間は浮石が多かったので、一人づつ距離を開けながら登りました。


帰りのほうが速かったですね

9:54 南峰に到着!

s-鹿101

ちょっと写真とか撮ったりして、すぐ出発

s-鹿102

しかし、腹減ったなぁ・・・

もう行動食も食べ尽くし、僕だけヘロヘロです

その行動食は”SOYJOY"だったんだけど、イマイチ

パワー出ないんだよなぁ。。。

次回からは”スニッカーズ”や”カロリーメイト”にしよう!

s-鹿103

下りも、ずーっと”剱岳”を見ながら歩きます。

朝の登りでは、影が映っていたので今のほうが

綺麗に見えますね。


そして、、、

s-鹿104

段々と雲が上がってきちゃいました。

まぁ景色は満喫したから良いんだけどね~


そんな事より僕は”ご飯”の事しか考えられません、、、

「ご飯どうします?」

「作るのメンドイから山小屋で食べよう!」

ヨッシャー!

なんか希望がわいてきた(笑)

s-鹿105

大分下ってきました。

ここから見ると双耳峰には見えないな。。。

鹿島槍三山?w


そして、

なんとか空腹に耐えきりました

11:08 テン場に到着!

s-鹿106


昨日はゆっくり見れなかった”ドマドーム”

s-鹿107

ホント宮入さん、良い買い物しましたね~

なんか欲しくなってきた


ちょっと一休みしてからテント撤収して

またいっぷく

s-鹿108

前から思ってたんだけど、宮入さんって”山男”がぴったり

ですよね。というか山に従事している人にしか見えませんw


そして、

テント場から山小屋に移動して

s-鹿109

ようやく食事にありつけました

カチョーと宮入さんは”チャーシューのせラーメン”

僕は”カレーライス”と”カップ麺”

久しぶりの白米が、とにかく美味しかったです


食後も少しのんびりして

13:15 下山開始!

s-鹿110

一旦下ってからの登り返しがキツかった~

13:30 冷乗越に到着。

s-鹿111

ここから”赤岩尾根”を下っていくんだけど

ガイドブックによると、「ヤセ尾根で鎖場多数、梯子もあって

落石注意。初心者はやめたほうが良い」と、まぁなかなか険しい

登山道のようです。しかも12kmってなってるので距離も長そう・・・。

「耐えられるかな?俺、、、」


そうは言っても、行きますか!

s-鹿112

そして、

なだらかな道が終ると

s-鹿113

うっ・・・

何気に下まで切れ落ちてますよ・・・

足を滑らせないように慎重に通過します。


今度はコレです

s-鹿114

ここは危険な感じじゃなかったかな。

なんか巨大アスレチックみたいです。

s-鹿115

こういう道が続きます。

いずれも滑落したら、ただ事じゃないですよ

s-鹿116

でも危険箇所は最初のほうで、大体終わります。

ガイドブックは脅かしすぎでしょ?w


この登山道で多かったのが、この手の梯子。


s-鹿117

これが苦手で苦手で・・・

なんか信用できないんだよなぁ、この木の部分が。


同じくらい多かったのがコレ。

s-鹿118

これは安心して降りられました。

こんな感じなのでガンガン高度を下げていって

休憩無しで

14:30 高千穂平に到着!

takatiho.jpg

ここは少し広い場所なので休むのにもってこいです。

結構下ってきたと思うんだけど先はまだまだ長いんだよなぁ。。。

残り1時間50分に備えて、しっかり休憩をとります。


20分くらい休んだかなぁ

疲れた体に鞭うって、さて行きますかね、、、

14:50 高千穂平を出発。

ここからは、もう無心でガツガツ下るのみです

標高が下がってくると気温が上がってきて暑い暑い


しかし、このコースを登りで使うとなると

結構キツイんじゃないかな?

「まぁドコも下りはそう思うもんだよね~」

なんて話しながらも、ひたすら下っていきます。


お!!!

s-鹿120

この看板は、めちゃくちゃ嬉しかった


そして登山口が見えてきて

s-鹿121


ふいぃ~~~、もうクタクタです

16:05 登山口に到着。。。

s-鹿122

この区間はコースタイム35分の短縮

いや~なかなかハードでした。

が、この二人の演技が錆び付く事はありませんでした・・・。

s-鹿123

これはダムかな?

s-鹿124

ま、とりあえず休んでおきますか。

着いたような安堵の気持ちがちょっとあるんだけど

車までは、まだまだ1時間の林道歩きが残ってます


15分くらい休んでから

16:19 西俣出合を出発!

出発してすぐに登山道がなくなっちゃいました。

「あれぇ?地図は川の右側になってるのに・・・」

どうも、さっきの場所は左に大きく巻いて左岸に

出るのが正解っぽいなぁ。。。

仕方ないので川をショートカットして、なんとか

林道に戻りました。

ヌルヌル滑って怖かった~


そして、ゆるやかな林道を延々と歩きます。

「大体はコースタイムより早く着くから、ここもそうじゃない?」

なんて期待しながら歩くんだけど時折現れる看板はコースタイム通り・・・

「あのコーナーを曲がったら車あるんじゃない?」

とか言いながら歩くんだけど、なかなか・・・


そして、

s-鹿125

このゲートで林道が終ったかな?


お!あの黒いのは!

s-鹿126

やった!宮入さんの”新車”だ~

s-鹿127

17:20 駐車場に到着!

結局しっかり1時間かかっちゃいましたね。

いや~しかし、長い1日だったなぁ。。。

歩行時間にすると8時間30分くらいか

あれ?そうでもないのか・・・


そして、車に乗り込み今回は真っ直ぐ帰路について

鹿島槍ヶ岳の登山は無事に終了しました。



今回は、ヘルニアが完治してない状態でのテント泊

だったので心配はあったんだけど”サポートタイツ”の

恩恵でしょうね、無事歩ききる事ができました。

しかしテント装備のザックは重かった・・・

カチョーと宮入さんは今シーズン2度目だから余裕を感じたけど。

それにしても今回は天気にも恵まれて、これぞ絶景!な景色も満喫

できたし最高の縦走ができてホント満足できました。


ただ・・・隊長GOちゃんが参加できなかった事が悔やまれますが。。。




















関連記事


【お疲れさまっした】
素晴らしい思い出ができたみたいでw
鹿島槍いい山だね
来年必ず登ろうと思うよ
【zelさんへ】
日程が許されるなら扇沢~唐松までが良いと思うよ。
うちら五竜を残しちゃったから、なんかビミョーです。。。
【】
UPお疲れ^^
宮入さん、山小屋のマスターの雰囲気あるね^^
最後の下りは、気をつけないとやばいね^^;
【yajiさんへ】
山で会った人は多分、宮入さんの事をプロだと思ってると思うよww
【楽しかったですね!!】
ブログUp『鹿島槍完結編』お疲れ様です。
今年はあまり行けなかったけど、本当に景色も何もかも全て良かったですよね!!長野は平地でも朝晩すっかり寒くなったので山泊はもう無理だけど、来月、仕事落ち着いたら日帰りでもいいから、もう一回行きましょう。その後は、岳打ち上げ忘年会フルコースで。。。
【カチョーへ】
来月の山は甲武信ヶ岳あたりですかね?
晴れを狙って行きましょう!
飲み会も楽しみですね~、色々とw
【次の目標は大事です。】
来月は甲武信ヶ岳か~~
お互い仕事に忙しいと、明確な目標!⇒楽しいイベントの予定が仕事の糧となりますね。
さて、いつ行きますか!?4人の『猪』メンバー達!!
【それにしても】
仕事が忙しすぎますよね…
こりゃ飲み会ではじけないと、やってられん
ですよ?
【天候が。。。】
長野は毎日、イマイチ天気悪いっすね~
登山計画が一回延期になるし。
今日、山ノ内は朝、大粒の雪だったらしいですよ!
来週末、スカッと晴れないですかね!?
【カチョーへ】
来週の日曜日の天気予報がでましたね。
今のところ晴れ→曇りですが、どうなることか…
これが今年のラストチャンスだと思うので、お祈り
しましょう(笑)
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<10 | 2019/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30