≪ 2019 10   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

引き続き”鹿島槍”レポの二日目です。  天気


昨夜はすっかり飲み過ぎちゃったかな・・・。

4:00に目覚ましのセットをしておいたのに3:30

に起きてしまいました。

普段の睡眠が6時間だから自然に目が覚めちゃうのかな。


しばらくグダグダしてたら山小屋の水の販売が始まる

4時になりました。トイレにも行きたくなっちゃった

からヘッ電つけて一人で山小屋へ

ホントもうちょっと近くならイイのになぁ・・・

真っ暗な登山道は歩きにくく、結構怖いですよ?


スッキリしてテントに戻りお湯を沸かして朝食を作りました。

が、、、


「お腹いっぱいで食えそうもないな・・・


ま、まさか二日酔い???

いやいやいやいや、そこまで飲んでないぞ・・・

気持ち悪いとかは無いんだけど、とにかく食べれそうもないので

とりあえずカフェオレを飲んで一服

「まぁ満腹感があるってことは大丈夫か」

という勝手な思い込みで、サブザックに水と行動食を詰め込んで

外に出てみました。


5:07 朝のテン場。

s-鹿68

東の空がうっすら明るくなってきました。

s-鹿69

剱もくっきり見えてます。

こりゃホントに快晴になりそうだ

そして、みんなも用意ができたので

5:39 テン場より出発!

s-鹿70

今回の目的地”鹿島槍ヶ岳”が見えてきました。

しばらくは、なだらかな道が続きます。

s-鹿71


最初のピーク”布引山”が目の前になったころ

s-鹿ご来光

ご来光となりました。

s-鹿72

「ありがたや~~~」

s-鹿73

雲海とお日様。

朝から良いもの見れました~

s-鹿74

左手に”剱岳”を見ながら

まずは”布引山”へ向かっていきます。

緩やかだった道も次第に傾斜がきつくなってきて

昨日の疲れもあってか、なかなか足が前に出ません。

カチョー命名の”ぽっちら歩行”で地味~に進んでいきます。。。

s-鹿75

一旦緩やかになった所から右に登ると

s-鹿76

6:31 布引山に到着!

s-鹿77

もうすでにこの山頂からでも絶景が見れます

s-布っ絶景

ここまで歩いてきた銃走路や裏銀座、槍・穂高も!


山頂にいた年配のおじさんが

「スゴイよ、コレ!フイルムが終っちゃいそうだよ!」

と子供のようにはしゃいでパシャパシャ写真を撮ってました。

うん、うん、分かるぜおっちゃん!


ザックをおろして20分くらい休憩して、さらなる絶景を

求めて”鹿島槍”を目指します

s-鹿78

こうして見ると下界から見えてる尖った感じはなくて

気持ちの良さそうな尾根です。


しかし、カチョー速いな・・・

s-鹿79

ちょっとづつ置いてかれてます

なんかカチョー、登りも強くなってるな

対して僕は・・・

「うぅぅぅキツイ・・・」

「腹減ったな・・・」

行動食をかじりながら”ぽっちら歩行”で牛歩のごとく進みます。


足を止めては振り返り、

s-鹿80

この景色に励まされつつ、なんとか

7:38 鹿島槍ヶ岳 南峰に到着!!!

s-鹿81

いや~キツかった、、、

結構時間かかっちゃったかな?と思ったんだけどコースタイム

10分短縮でした。布引山でも結構休んだのに短縮とは、きっと

ゆったりしたタイム設定なんだろうなぁ。

s-鹿82

記念撮影をお願いしてパチリ。


それにしても山頂からの景色はスゴイですよ!

あちらこちらで

「なにコレー」

「すごーーーい」

とみんな大喜び

s-鹿83

久しぶりの北アルプスでこんな快晴

今日登ってきて本当によかった


五竜岳のほうを見ると、

s-鹿85

白馬岳まで見えますね~

登ったことのある山は、なんか感慨深いですね。

s-鹿84

しばらく景色を堪能して

強風が吹き荒れる”南峰”をあとにします。

7:50 北峰にむけて出発!

近いような遠いような、コースタイム25分のみちのり。

s-鹿86

まずは下りなんだけど、北峰へ道は南峰の登りとは

全く別の顔を見せます

s-鹿87

結構怖いですよ、ココ

s-鹿88

足を踏み外せばあの世行きです。。。

慎重に、慎重に降りてく僕の前をカチョーは

飛ばす飛ばす

ほとんどの岩場は腕を組んだままスイスイ降りていき

あっという間に見えなくなります。

”下りの西澤”ここにあり!ですね(笑)


ようやく危険地帯も終って、ホッと一息

s-鹿89

山頂はすぐ目の前なんだけど、ちょっと休憩。

s-鹿90

ここで宮入さんにもらった”餅”は美味かった~

完全にシャリバテになってる僕の体に染み渡るようでした。


さて、もうちょっとです、行きますか!

s-鹿91

ここを右の方へ行くと

8:43 北峰に到着!

s-鹿92

いや~思ったより険しい道のりでしたね。

コースタイム25分って、コレ厳しいんじゃないかな?


五竜までは更に険しそうですが・・・

s-鹿93

”八峰キレット”をテント泊装備で行けるのかな?


しかし”キレット小屋”はスゴイ所に建ってますな。

どうやって建てたんだろ?



ここは南峰より40mくらい低いんだけど、景色はイイですね~

s-鹿94

北信のほうも雲が取れてきました。

s-鹿95


景色をたっぷり堪能して、腰をおろして休憩です。

ここで宮入さんがコーヒーを淹れてくれました。

かんぱ~い

s-鹿97

コーヒーうまっ!!!

「宮入さん、ガスまで持ってきてたの?」

「やっぱ山頂ではコーヒーでしょ」

いや~恐れ入りました

種池山荘の時の水、さっきの”餅”そして今飲んでるコーヒー。。。

宮入さんは重さの事はいっさい考えないそうです。

「俺、常に遭難を想定してるから」

なるほどね、これで納得できました。

でも、このサービス精神は今回の山行のMVPものですよ!

それに比べて、今回は軽量化ばかりを気にして

今にいたっては空身に近い自分が小さく感じました。

まぁ、なるべく腰に負担をかけない為にそうしたんだ

けど重さに替えられない”楽しみ”ってのも大事だなぁ。。。

と思いました。


つづく・・・。









関連記事


【】
鹿島槍は以前登ったことはあるんですが、
初日で扇沢からキレット小屋までという無謀なプランだったため、
北峰に行く余裕もなく南峰を通過しただけ。(^^;
天気が良いと山頂からの景色は最高ですね。
もう一度ユックリ登ってみたい頂です。
次はテントを持って赤岩尾根で・・・
本当は先の連休のところで紅葉を狙っていたんですが、
日程的に厳しいので他の山に変更しました。
紅葉が終われば冬がやってきますし、また来年ですね。
【】
いや、しかし
本当に楽しそうだねこの三人はwww
【】
やばい、雲海の写真とその下の写真、見ただけですごい興奮した!!
あとカチョーのシルエット写真、カチョーとわかるのにカッコイイ!!
くそ、カッコイイと思う自分に腹が立ちますw(おぃ
でも写真でこれだけ興奮出来るんやから、現地では相当すごいと思う
いいな~
【シャリバテですよ~】
初めての鹿島槍、南峰と北峰!
天気が良くて本当に最高だった!!
北さん分析⇒前日飲み過ぎ(一人テントワイン=私でもやりません!)⇒当日シャリバテ (私と宮さんは朝からガッツリ!アルファ米!?北さん朝食抜き??)⇒これじゃ~パ ワー出ませんぜ。
今年、初めての北アルプス。
やっぱ景色が最高ですネ。
注:本文の『下りの西澤』さんは『カチョー』と同一人物ではありません?
【TONOさんへ】
一日目にキレット小屋までとは、凄いですね(^o^;)
考えただけでもゾッとします(笑)

山を歩いていて空が青いだけで幸せな気持ちになりますよね。

今回はラッキーでした。
【zelさんへ】
カチョーと宮入さんはB型丸出しのオモシロな
人達だから、基本的に陽気な雰囲気になるんだよね(^^)
【yajiさんへ】
あのシルエットのやつ、カッコ良く撮れてるよね。
俺も気に入っちゃって張り付けたんだけど
同じくムカついたよwww

景色はね~そりゃもう最高だったね(^^)v
【カチョーへ】
記事を間違えてたので、こっちに移動しときました。

ワインは明らかに飲み過ぎでしたね。
結局それが原因で朝飯食べれなかったんだとおもいます。
山ではほどほどにしないとイカンですな(^^;

最後の下山編は、あとちょっとでアップできそうです。
【】
おつかれさまでした~
写真からは楽しさがものすごく伝わってきますよ。

そして、正直うらやましい・・・
こんどは、必ず参加します。


しかし宮入さん男前ですね。
【GOちゃんへ】
しかし”陰謀”かと思うような仕事の
入れられ方だったよね・・・

ま、来月みんなでガッツリ登って、忘年会
やって楽しみましょう!
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<10 | 2019/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30