≪ 2019 09   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2019 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

 爺ヶ岳 (三百名山  標高2670m)

    2009年9月20日(日) 晴れ

 
  先週の唐松岳の帰りに、早く次の山に行きたくて

  三人で予定を合わせてみると「20日なら行ける」

  という事になって、急遽20日に決定です

  みんなにも声をかけたんだけど、仕事が忙しい

  らしく前回と同じ3人で行くこととなりました。。。


  今回のターゲットは爺ヶ岳です。

  前回よりも少し遠いので4:00に集合して、扇沢へ出発しました。

  この時間はまだ真っ暗なんだけど今日の天気予報は

  すでにテンション高めですよ

  
  5:00頃に大町のコンビニに到着。

  空も少し明るくなってきました。

  浮かれ気分でドンドン進みます。

  大町温泉郷をしばらく過ぎたところで正面に

  北アルプスの山々がどどーーーんと現れました。

  大迫力です先週を思うと、もう気分は

  そして、路上駐車が増え始めてスピードを落として

  駐車スペースを探していると、突然車がストップ???????

  な、なんと・・・大渋滞、、、、、

  全く動く気配ないし・・・。    
  IMG_0643.jpg

  扇沢と5連休を完全にナメてました。自然渋滞です(。>0<。)

  外の様子を見に行ったGOちゃんが駐車スペースを見つけて

  くれて何とかネジ込み一安心ヾ(´ε`;)ゝ ふぅ。。。

  もう7時は回るかな?と諦めかけていたのに

  さすがGOちゃんだ!頼りになるぜ

 IMG_0644.jpg
 
 ギッチギチの駐車場ですね。よく見つけたなぁ、、、って場所です。

 準備を済ませて、渋滞で連なった車を横目に登山口に向かいます。

 ホントGOちゃん偉い

 登山口は歩いて5分ほど(^-^)v さぁ出発です。

 IMG_0646.jpg
 
 整備された歩きやすい道を進みます。始めからけっこう急です(;^_^A

 急登だけど要所要所には梯子が架かってたりして快適な感じ。

 
 DSC_0087.jpg

 連休の二日目ということもあって登山者は多目です。

 ペースもかなりスロー。。。

 DSC_0117.jpg

 これは八ヶ岳かな?

 樹林帯の中、時折見える景色に何度も足を止めて

 快晴の素晴らしさを堪能します。

 もうこの時点でお腹いっぱいですよ y(^ー^)y

 先週とは別世界ですから!

 
 登り始めて40分くらいで八ツ見ベンチを通過

 して、さらに15分でケルンに着きました。

 IMG_0655.jpg

 ここからは種池山荘が見えていました。  が、写真どっかいちゃった・・・

 それにしても、なんて良い天気なんだろう

 雲ひとつありませんよ

 疲れなんて吹っ飛びますねぇ。

 IMG_0650.jpg

 これは鳴沢岳かな?種池からの稜線がくっきり見えて

 いつか縦走でつないでみたいなぁ。。。と夢がふくらみます。

 IMG_0657.jpg

 こういう看板が所々にあって、気持ちに変化を与えてくれます。

 そしてこの石畳のところで小休止。

IMG_0659.jpg

 最近は休憩でも立ったままになりました。

 どっぷり休んじゃうより疲れない!という事に気付きました。

 息も整ったので進みますか



 緩い傾斜をしばらく進むと、今回の唯一の危険箇所です。

 DSC_0113.jpg

 ザレているので、足を滑らせたら大怪我しそうだけど

 まぁ余裕ですな

 写真を撮りつつ通過します。

 DSC_0114.jpg

 ガレ場を過ぎると、また石畳の道になり

 ここから少しづつ急になります。

 そして更に急登になると視界が開けてきました。

 IMG_0667.jpg

 青空が眩しいでっす(≧ω≦。)

 このあたりでは紅葉が始まってました。

 ナナカマド・・・?

 きれいですねぇ。。。

 花や木、鳥の名前も覚えていかないとなぁ。。。

 
 最後の急登を登ると種池山荘が見えてきました。

 DSC_0127.jpg

 赤い屋根が、青い空に際立ってます。

 一気に視界が開けて、もう興奮しまくり└(゚∀゚ )┘

 来て良かった。ホントに感動ですヽ(^◇^*)/

 
 10:30頃、種池山荘に到着です。

 IMG_0669.jpg

 ほぼ標準タイムで来れたかな。

 もう時間なんて、どうでも良いや!って気分ですけど。


 とりあえず山荘で大休止。ザックをおろしてゆっくりします。

 遠くに富士山が見えました。

 DSC_0134.jpg

 一応パチリ。

 どうですか?なんだか山男っぽくなってきたんじゃないかな?

 
 山荘のトイレを借りに行くと
 DSC_0129.jpg

 名前の由来なのかな?

 本当に種のような池がありました。



 「生ビールあります」

 IMG_0689.jpg

 うぅぅぅぅ、、、の、飲みてぇ、、、

 でも持参してるし、山頂はまだなので

 グッと我慢ですo(>_<)o

 きっと宿泊とかして、外のテーブルで景色を見ながら

 飲んだらウマイんだろうなぁ。。。

 来年こそは!!!

 DSC_0135.jpg
                             赤いおじちゃん さまになってきてるよ


 ここでは15分程休んで、いよいよ山頂へ向かいます。

 DSC_0142.jpg

 先に見えるピークが爺ヶ岳南峰です。

 まずはあそこまで。

 こんな見晴らしの良い稜線歩きは初めてなので

 もうルンルン気分です


 ハイマツのなかジグザグに進んで行き

 振り返ると ドドーーン

 DSC_0145.jpg

 なんと 剱岳!!

 すごい迫力ですヽ(*'0'*)ツ

 もう一発で一目惚れっす!ノーマークだった剱岳も

 登りたい山のリスト入りです。

 岩の殿堂ですよね?岩場の技術を上げなくちゃなぁ。。。

 
 しばらく見入ってから少し進むと

 じゃーーーん!!!

 DSC_0152.jpg

 今度は槍ヶ岳!!!

 生槍ヶ岳だぁ、、、初めて見たよぉ、、、

 ちょっと遠いけど見えますね、見事に尖ってますー。

 DSC_0156.jpg

 憧れの槍を見て少々浮かれポンチになってますが

 目標にしてた山だったので感動しましたよ。

 何気に決めた爺ヶ岳だったけど

 良いんじゃな~い爺ヶ岳って

 
 更に
 DSC_0159.jpg

 鹿島槍までの従走路もキレイに見えます。

 遠くには日本海までも!

 足を止めてばかりいたらお腹が空いてきました。

 急ぎましょう。。。

 DSC_0165.jpg

 ハイマツ帯を過ぎてガレた道が続いて

 登りきるとキタ──ヽ('∀')ノ──!! 

 南峰に到着です。

 360度のパノラマに声を失います。

 DSC_0170.jpg

 ここではお昼を食べれる雰囲気じゃなかったので

 記念撮影をして、小休止だけして中央峰に向かうことにします。

 
 中央峰へは、一度下ってからの登りになります。

 近いような、遠いような感じ。。。

 30分ほど歩くとキタ──ヽ('∀')ノ──!! (一応) 
  
 中央峰に到着。

 DSC_0177.jpg


 こっちのほうが山頂は狭いんだけど、なんとか食事スペース

 を見つけてひと段落(ー。ー)フゥ


 そしてお約束のカンパ~イ
 DSC_0178.jpg

 IMG_0682.jpg

 これだけはやめられませんな

 ガスストーブでラーメンやパスタなどを作っての

 食事は最高ですね。

 まだメニューが寂しいんだけど、レパートリーを増やして

 いきたいですね。

 
 食事も終わりコーヒーを人数分淹れて

 「カチョー コーヒーどうぞ」

 と振り向くと




 ちょ、




 あんた、、




 DSC_0184.jpg

 寝てやがりました、、、

 こんな狭い所で、、、


 山頂では1時間くらいマッタリ過ごして下りはじめます。

 DSC_0192.jpg

 まずは山荘までなんだけど

 重量級のこの二人の膝はすでに悲鳴をあげ始めます。(;゚Д゚)

 騙し騙し歩く二人をよそにGOちゃんは撮影に夢中の様子。。。デジイチいいなぁ。。。
 


 足を休ませつつ1時間ほどで山荘まで戻ってこれました。

 ここでザックをおろして休憩です。


 山荘で、記念の山バッジを買ったんだけど

 スタッフの対応がとても良くて、気持ち良かったなぁ。

 唐松山荘とは大違いだ!


 
 15分ほど休んで、この絶景をあとにします。。。

 そして、ここからは重量級の二人は痛みとの戦いでした><;

 下りのペースは過去最低なスローペース、、、すまんGOちゃん

 途中からは扇沢の駐車場が見えていて

 「実はもう近いのか?」

 という錯覚が。。。

 近い訳もなく歩けど歩けど近づきません。。。

 実際、見えないほうが良いよね?あれは。

 DSC_0208.jpg


 そして3時間くらいかかって登山口について

 帰りに温泉に入って、爺ヶ岳の登山はおわりました<(_ _*)>

 
 今回は天気に恵まれて、綺麗な景色を見ながら

 という気持ちの良い山旅でした。

 今度は縦走の入り口としてきたいですねぇ。

 

 

 

 

 

   


関連記事


【爺ヶ岳】
爺の名前まんまの山やな^^
でもいい天気でよかったな
そろそろ雪が降るから気をつけなあかんで~
【おひさ~】
来年、こっち来た時に登るのは唐松岳
か爺ヶ岳だからね!
良く勉強しておいてね~
【】
こんばんは
快晴の爺ヶ岳。
素晴らしい景色ですね~♪
種池山荘から伸びる稜線は、気持ち良いですよね。
爺ヶ岳からの剱岳は迫力あるでしょ。
私は後立山縦走御した時に初めて剱を見て、
いつかは登りたいって強く思いました。
【TONOさんへ】
剱岳にはヤラレましたねぇ。
何年先になるのやら・・・
って感じです^^;
まずは体力と技術をあげないと!ですね。
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<09 | 2019/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -