≪ 2019 09   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2019 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

鳳凰三山(地蔵ヶ岳2764m観音岳2840m薬師岳2780m)

北村さんがヘルニアにて泣く泣く不参加のため、隊長GOが代筆します。
前日の天気予報で、大気が不安定だとおどかすので、当初の予定だった針の木岳~爺が岳縦走を中止して比較的天気がよさそうな鳳凰三山に変更しました。宮入さんの事務所に4:00に集合して新車のステップワゴンに乗り込みようやく登山口についたのが8:00頃。この時点では豪雨でした                                                2012年8月14~15日  一瞬


8:30雨装備にて出発

s-ho1.jpg



コースは青木鉱泉からドンドコ沢から三山縦走後中道で降りてきます。

s-ho2.jpg



前日の天気予報でさんざんおどかしたせいか
人気の山のはずなのに数えるほどしか登山客はいませんでした。

s-ho3.jpg



さあ、ドンドコのぼるぜい

s-ho4.jpg





15分くらい歩いたらがあがりました。
うお~。呪いがとけた



s-ho6.jpg

休憩しているときテント場ついたら着替えてビールのみたいねぇ なんて話してたら
宮入さんが 俺着替一枚も持ってこなかった 
え!なんて男気あるんだろう
s-ho7.jpg



滝が3つあってザアザア音がします。きっと晴れた暑い日だったら涼しい音に聞こえるんでしょう。
今日は蒸し暑く視界もなく水の消費がすごい!


s-ho8.jpg



結構急な登りが続きます。

s-ho9.jpg



ロープもあったかな?

s-ho10.jpg



3つのうちの一つの滝つぼにおりてみました。
危ね~すべる
s-ho11.jpg



滝です。これも晴れてれば素晴らしいだろう。
ま、雨でもそれなりに迫力あります。

s-ho12.jpg


で、またすべる道を通って登山道にもどります。



s-ho13.jpg


あれ!なんか晴れてきたぞ!


s-ho14.jpg


呪いがとけた!(2度目)


s-ho15.jpg


3:30頃鳳凰小屋のテント場つきました。


s-ho16.jpg


宮入さんはこの日が新調したテントのお披露目です。
車も新調しちゃうしさすが円熟期の男です。
うーんいいテントです。ドマドーム(アライテント)
設営もはやかった。



s-ho17.jpg


山小屋でビールを仕入れて待ちに待った乾杯
s-ho18.jpg



ああ、至福の時 これがあるからやめられない。

s-hoenkai1.jpg


酒はウイスキー 日本酒 ビール ワインとよりどりみどり
特に宮入さんが着替えをけずってまで運びあげてくれた日本酒はおいしかった。



s-ho19.jpg


結構飲みました。
さあ、まわりの迷惑にならないうちに寝るとしますか。



s-hoenkai2.jpg




翌朝4:00起床。朝ごはん食べてテント撤収して6:00山小屋出発です。


s-ho20.jpg




おお!今日はまずまずの天気かな


s-ho22.jpg




あともうちょいです。頂上見えてから長く感じるのはとこもおんなじですね。

s-ho24.jpg




地蔵岳山頂にはお地蔵さんがいっぱいありました。どうやって運んだんだろう?

s-ho25.jpg


そしてオベリスクの前でいつものポーズ


s-ho26.jpg




次は観音岳頂上につきました。このあたりから天気がおもわしくないのです。


s-ho28.jpg




さあ、最後は薬師岳です。ひろ~い頂上でした。残念なのは西側にそびえる北岳
南アルプスの山々をおがめなかったことですね。


s-ho33.jpg



さ、青木鉱泉にくだりましょう。

s-ho34.jpg




この下山道、コースタイム4:00のひたすら林のなかの道を延々とくだります。


s-ho36.jpg


ああようやく長い下山がおわる。


s-ho37.jpg



いや~!疲れる道でした。くたくたになりました


s-ho38.jpg


青木鉱泉にて汗を流して帰り道につきました。
当然宮入さんは汗みどろのすっぱいシャツを着て帰るのでした。
いや~っていいもんですね。


前日の天気予報では中止にしたほうがいいか迷いましたが(僕だけかな?)、たいした雨に降られることなく
楽しい山行になりました。次回北村さんも負傷をなおしてみんなで
行きましょう
関連記事


【】
あれっ!?
隊長が代筆??
こんな裏技があるのか。。。
しかし、隊長もブログセンスありますね。 鳳凰三山の過程をすごく思だします! そういえば、宮さん着替えを持ってきてなかったな。 しかも、下山後温泉入った後も同じ服着てたの思いだした!! 思いだしたら気持悪くなってきた。。。
今月も全員揃ってもう一発テント泊、行きましょう!! ちゃんと、着替えを持って。。。

【GOちゃん、お疲れ~】
GOちゃん、うまいじゃん!
なんか新鮮でおもしろかったよ~
また書いてね~w
【】
今回は体長が代筆という事で、初めまして・・・ですかね。

kitaさんのヘルニアは再発?
前回飯綱山に登ってたような・・・

ドンドコ沢~地蔵~観音~薬師~中道の三角コースは
以前日帰りしましたがトンでもなく疲れました。
やはり一泊して歩くところだと思います。(^^;
でも要所要所で出てくる滝が素晴らしかったのを覚えています。

鳳凰小屋は水も豊富ですしテントを張るには良い所だったのでは。
土間ドームは店にあったら即買いしようと狙っているのですが、
まだお目にかかったことがありません。
羨ましい~
【TONOさんへ】
ヘルニアの再発ではないですよー。
飯綱登ったのは鳳凰三山の次の日ですね。
今回は大事をとってパスしました(^_^;)

ドマドームは、シーズン始めじゃないと手に入りにくい
みたいですよ。良いテントですよね(^^)
【Re: タイトルなし】
TONO様 お返事おくれましてv-436

あのコースを日帰りするなんてすごい健脚ですね。
特にあの中道の下りは、ものすごく、くたびれました。

鳳凰小屋のテント場はものすごく整地されていて快適でした。
晴れている時もう一回行ってみたいと思います。

しかし健脚ですねv-540
【亀レスです】
kitaさんが行ってないと油断してたら隊長さんがBlogアップしてた!
鳳凰三山いいですよね
僕は夜叉神側からのピストンしか経験無いのでそちら側からも今度登ってみたいです

しかし隊長さんのBlog、手が込んでますねw
【はじめまして。】
Zelさんはじめまして。
北さんが行けなかったので代わりにブログ作成しました。
はじめてだったのでうまく伝えられないこともありましたが、
意外とすんなり作成できました。
小学生の時、新聞委員会で鍛えたおかげかな。

Zelさんともいつか山でお会いしたいですね。



この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<09 | 2019/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -