≪ 2019 09   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2019 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

      根子岳 (標高2207m)  

                            2012年4月4日(水)  


3年前にGOちゃんから誘われて”テレマークスキー”を始めたんだけど

始めた最大の理由が”バックカントリースキー”でした。

去年くらいから「そろそろ行ってみよう!」と話すものの

なかなかタイミングが合わずに行きそびれてました。

そして、ようやく今年になって”シール”も手に入れて

いよいよバックカントリーの世界に足を踏み入れる事になりました。


最初はGOちゃんと2人の予定だったんだけどカチョーも”ヒップソリ”(笑)で

一緒に行くって事になり「せっかく行くなら四阿山にしますか!」と行き先が決まりです。


そして日程が、いつものパターンで天候に恵まれず流れに流れ・・・

あんまり先に延ばすと次の山もずれ込んでしまうので4日の

という天気予報を信じて決行です       なんか爆弾低気圧がやってきてる様ですが・・・


そして不安を残しつつ当日。

5:30 いつもの某駐車場に集合

早速GOちゃんの車に乗り込み菅平に向かって出発!

途中、コンビニで朝食&買出しをすませて山道に入ります。

s-neko1.jpg

とても例年の4月とは思えない景色がお出迎え。

「これいけるのか?」

う~ん不安だ


車は、峠道を登りきりスキー場エリアに。

s-neko2.jpg

スキー場はもう営業してないんだけど真冬のようです。


登山口のちかくは除雪もされてなくてスタックしちゃったり

s-neko3.jpg


7:25 登山口の駐車場に到着。

この辺まで来ると風が凄まじく、とても登れるような感じじゃありません。

「こりゃ四阿山は無理じゃない?」

「というか根子岳でも厳しいんじゃ・・・」

天気予報は遅くなるほど回復するみたいなので

しばらく車内で待機することにしますか。   


時折陽が射して空が明るくなるものの相変わらず

強風は収まらない状態がつづきます。


車内でダラダラと動画を楽しんでいると

GOちゃんから提案が。

「今日どうします?行くにしても僕は根子岳を推したいなぁ」

なるほど、さすが隊長だ!賛成です。

「そしたら選択肢は根子岳か中止ですね」

うっ・・・ 中止はイヤじゃ・・・      ←出た!いつもの悪い癖!

「じゃぁ8:30まで待ってみて決めましょう」



そして8:30に。

空模様は相変わらずだけど、気持ち明るいかな?


隊長!ご決断を!

「せっかくここまで来たから行ける所まで行って、無理そうなら引き返しましょう!」

ナイスな判断です

この3人だと、やっぱり行っちゃうんだよねぇ(・∀・;)


さてさて準備しますか!


s-nekoo4.jpg

スキーにシールを張りました。

表面が逆毛になったモヘアみたいになっていて、スキーをはいたまま

登れるという代物です。

s-neko5.jpg

準備も整い

8:55 根子岳登山口より出発!

s-neko6.jpg

今回初めての”シール登行”なんだけど思っててたよりも歩きやすい

特にGOちゃんのビンディングにはクライミングサポートなる物が

付いていて快適そうだったなぁ。


そして、この方!

s-neko7.jpg

なーんか朝から大人しいと思ったら二日酔いだそうです

カチョーは”初ワカン”ですね。

出だしの緩い斜面ではスキーのほうが速いみたい。


30分くらいすると地図を記した看板が。

s-neko8.jpg

「え?もう半分来たの???」

s-neko9.jpg

イエーイ

もしかして楽勝か?



えーーーと、見間違いだったのでしょう。

まだまだ先は続きます。。。


そして樹林帯に入ります。

s-neko10.jpg

足元は柔らかい雪が数センチ積もっていて、その下はアイスバーン

になっています。帰りの滑走を想像するとちょっと怖いな。。。


そして、

s-neko11.jpg

お日様キタ━(゚∀゚)━!!

やっぱり回復に向かってるぜー!

s-neko12.jpg

ガスが取れて視界が開けました。

俄然ヤル気がでてきますな。


カリッカリの斜面。

s-neko14.jpg

青空に励まされつつ通過します。

ここは結構怖いですよ。傾斜も急だし気を抜けばしばらく

流されちゃうし。慎重に慎重に。。。


そして、

思えばこれが本日最後の青空でした・・・

この先は・・・  ひぃぃぃ



強風で雪が舞い上がってるのか、吹雪いてるのか、

よくわからないけど真冬の雪山みたいです。

s-neko13.jpg

この辺りから勾配がキツクなってきてシール登行初心者には

厳しい環境ですね。


こんな様子。



思うように動けなくて天候もこんなだし

気持ちに全く余裕がありません(汗


この後の難所で、シール登行は諦めて”つぼ足”に。

膝まで埋まるなかスキーを担いでってのは気が遠くなる程キツイです

s-neko15.jpg

やっとの思いで、ようやく足場のしっかりした場所に出ました。

この時点で僕は今日一日の体力と気力をほぼ使い果たしました

s-neko16.jpg

とは言うものの、山頂はもう遠くない・・・はず

なんとしても山頂だけは踏みたい

ここから先は岩が露出してるのでスキーをデポして山頂を目指します!

s-neko17.jpg

これが”エビのしっぽ”ってやつでしょうか?


それにしても森林限界を超えてからの強風は凄まじく

足元も何度も深みにはまって、なかなか進みません

視界もほとんどきかなくて

「これ大丈夫なのか?」

っていうか、コレ見ようによっては遭難してるんじゃない?って感じです。

s-neko18.jpg

こうして歩いていると前回の”飯綱山”は楽だったなぁ。。。

あんなのは雪山に入らないなぁ、なんて思いました。

そして”加藤文太郎”は凄いなぁ。。。と頭をよぎります。

この状況で、もし一人だったら・・・・と思うと心細くて

多分パニックになって遭難してるんだろうなぁ。。。


この辺りから僕が遅れだします。

マジできつい

待っててくれる2人になんとか追いつくのがやっとです。

追いつくと先に進む2人orz

「もう無理~~~」

と伝えたいんだけど、声が届かない・・・

s-neko19.jpg

何度目かで、ようやくギブアップが伝わりました。

本当にもうちょっとで山頂だったのかもしれないんだけど

マジで無理でした。ゴメンなさい


そして、一息いれて下山開始です。

登りのトレースをたどっていけば良いか、と思ってたんだけど

そんなの全く残ってなくて勘を頼りに進みます。


なんとか迷わずにデポしたスキーにたどり着いて、ここから

スキーでの滑降に入ります。

本当はウキウキな場面なんだろうけど、僕はもうボロボロ・・・

踏ん張りもきかないから騙し騙し斜滑降で、どうにかこうにかって感じ。


そして、樹林帯に入って風も収まってきたしココで飯にしますか。

s-neko20.jpg

まずは一服。。。

これでようやく気持ちが落ち着いてきました。

いや~ここまで戻ってこれて良かった

喉は渇くわ腹は減るわで一時はどうなる事かと思いました。


そして、ちゃちゃっとラーメンを食べて

1:32 出発!

ここからは割りと緩い斜面だったけど、僕は相変わらず騙し騙しで。

GOちゃんはスイスイ滑っていきます。

s-neko21.jpg

木々の間から見えるGOちゃんのテレマークターンは

それはそれはカッコよかった

やっぱりテレマークは山が似合うなぁ

s-neko22.jpg

カチョーの”ヒップソリ”姿が一枚もなくて悔やまれます。

スキーをデポした辺りから、僕は一枚も撮ってませんでした。(そんな余裕無かった・・・・)


そして、遠くに駐車場を発見!

s-neko23.jpg

残り少しをゆっくり滑って

2:15 駐車場に到着!

ふぃ~~~

帰ってこれて本当にホッとしました

皮肉なことに着いたとたん空はみるみる明るくなって

峠道を下ったときには晴れ渡っている始末。。。

まんざら天気予報も外れてなかった、という事かな・・・

そして須坂の温泉で汗を流して”根子岳BCツアー”は終了しました。


しかし今回は、何と言うか、、

ま、無謀でしたね・・・。

雪山の恐ろしさを肌で感じました。

実際は”ホワイトアウト”とまではいかなかったんだけど

強風にさらされてると、歩く以外は何もする気になれなくて

ドリンクホルダーの水は凍って飲めないし、ザックに入ってる

行動食を取る気にもなれないし、ましてや写真なんて・・・。

もうこんな天気の時はおとなしく帰ろうと心から思いました。

でも無理やり前向きに考えると、経験値は上がった・・・かな?


そして初のバックカントリーですが、シール登行がなかなか難しくて経験が

必要ですね。途中でシールがはがれちゃったり、色々と大変だったんだけど

やっぱりトータルすると楽しい遊びですよね。


ま、とにかく無事に帰ってこれて良かったぁ。。。な登山でした。















関連記事


【】
すごいな~
冬の根子岳って夏と全然違うね^^;
また行きたいね

つかここでの無理が祟ったんじゃね?w
【yajiさんへ】
夏とは別物だったね(*_*)
これで晴れてれば、例のポスターみたいな
景色が見れたんだけどね~

無理が祟ったのかなぁ。。。
ま、どっちみち手遅れだったと思うけど(T_T)
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<09 | 2019/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -