≪ 2019 09   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2019 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

 
 唐松岳  (三百名山 標高2696m)

    2009年9月12日(土) 雨

 
  当クラブ(中年気味なのにワンゲル部と呼んでいる)も3回目をむかえました。

  いよいよ憧れの北アルプスに足を踏み入れる事になりました v(´ ・ ω ・ `)v

  前回、前々回と天気に恵まれなかったので次こそは!のはずだったんだけど

  1週間前の予報は、、、

  しかも予定の(土)だけ、、、

  まぁ予報はずれ込むでしょ^^とポジティブに考えていたんだけど

  前後の予報は変わるものの、(土)はず~~~っと、、、

  
  前日の相談で「山の天気は分からないから駐車場までは行ってみよう」
 
  ってなって、参加者は3人にΣ( ̄ロ ̄lll) 

  
  
  そして当日。

  朝5:30に、いつもの所に集合です。

  さっきまで降ってなかった雨が、もう降り出してきました。

  「やっぱりな。。。」

  でも、とりあえず行ってみる事に・・・(゚_゚i)

 
  後で聞いた話なんだけど、この時雨でも登ろうとしていたのは

  僕とカチョーだけだったそうで、GOちゃんにいたっては温泉だけ

  入って飯食って帰るつもりだったらしい(゚д゚;)


  [行きの車内にて]

  カチョー 「今日どうする?登るの?」

  僕「ここまで来たら登るってもんでしょ?」

   GOちゃん「・・・・・・」


  これで決定したみたいです。

  
  6;40頃 

  白馬村のコンビニに到着。

  車内はもう登るんだなぁ って空気です

  7:00頃

  ゴンドラの駐車場に到着。

  ん?車停まってんじゃん!他にも登る人いるのかな???

  とりあえず入り口付近で、駐車場のオヤジに聞くと

  「登山者もちらほらいるよ」

  とのこと。もう確定ですな。500円払って駐車場へ
  100_0590.jpg


  車を停めて外を眺めていると何人かの登山者が確認できます。

  なんだか不思議な 連帯感を勝手に感じつつ準備をはじめます(´ω`)

100_0592.jpg

7:30

ゴンドラが動き出したので向かいます。
 
 100_0593.jpg

 
 こいつに乗って一気に1800mの世界へ
 100_0595.jpg

 ゴンドラからリフト2本を乗り継いで、20分ほどで八方池山荘

 に着きました。リフトに乗ってるときに気がついたんだけど

 黒菱のリフト乗り場まで、車で来れるみたいですね、、、

 多分リフト代が節約できるんじゃないかな?なんだか損した気分でした。。。


 リフトを降りて、いよいよ登りはじめます。
 
 100_0597.jpg

 この看板からすると普段は八方池までトレッキングに

 来る人が多いんでしょうね。今日は皆無だと思いますが(笑) 

 100_0598.jpg

 相変わらず雨が降ってるけど、土砂降りじゃないだけ良いか (;^_^A

 ってことで出発です。
 
 100_0600.jpg

 観光客用なのか、良く整備されています。

 100_0601.jpg

 所々、木道になっていて楽チンです。

 木道が終わりしばらく歩くとトイレがあり、その先の

 第2ケルンで小休止しました。
 
 もうこの辺にくると雨も気にならなくなってきたような、、、

 小雨にもなってたかもしれないけど(笑)


 100_0602.jpg

 雨は降っているものの、まだガスは少なめです。

 標高は2000mくらいなのに森林限界なの?という景色。

 今までの登山では稜線らしきものを見たことが無かった

 ので、こんな景色でもテンション上がってきます(^_^)/

 100_0610.jpg

 そして、しばらく進むと八方ケルンに着きました。

 ここでもちょっと休んで、さらに進むと稜線に出て

 遠くに八方池が見えてきました。(あまりの寂しい景色に写真撮るの忘れてました><

 八方池の方に行くコースもあったんだけど

 「もしかしたら帰りは晴れてるかもしれない!」

 と、淡い期待を胸に通過です。

 100_0612.jpg

 ハイキングコースはここで終わりになって

 ここからが登山道になります。

 ガレた道を進むと、何故かダケカンバのある樹林帯

 に入りました。

 帰りに見た看板によると植生逆転現象というらしいです。

 なるほどね~(・ ε ・)


 そして樹林帯を抜けるとハイマツ帯になり

 雨の中、修行僧のように下を向いて歩いていると

 先頭のカチョーが、何か見つけた模様。。。

 「何かいるよ!」


 ん?


 どれどれ?


 お!これは!


 ラ、ライチョウじゃないか!!!
 
 100_0638.jpg

 初めて見ましたよ!北アルプスなんだなぁ。。。

 って思わせてくれます。

 しばらく足を止めて撮影タイムです。

 こんな天気にもくもくと歩く僕らに安らぎと元気

 をもらった気がしました( ^o^)/

 可愛いなぁ。。。と眺めていると

 緑のウンチを残し、不恰好な飛び方で

 ハイマツの中に消えていきました(*'o'*)


 そして2度目の樹林帯をぬけて、さらに進むと

 丸山ケルンに到着しました。

 ここでザックを降ろして休憩です。

100_0614.jpg

 100_0615.jpg

 晴れていれば五竜岳とか白馬三山とか見れるんでしょうねぇ・・・

 標高は2361mなんですが実感無いっす・・・


 休んでても寒いので先に進みます(笑)


 そして稜線を進んでいくとガレ場に出ました。

100_0622.jpg

 足早に通過します。

 その先は、今回唯一の危険箇所かな?

 100_0619.jpg


 落ちたら危なそうではありますね。

 一応は慎重に(;^_^A


 100_0624.jpg

 ここのガレ場を過ぎると、ガスの中から建物が。。。

 100_0626.jpg

 10:40 唐松岳頂上山荘です。

 「え?もうついたの?」

 っていう印象ですo(*'o'*)o 時間は標準タイムですかね。

 結構な寒さで、休みたいところなんだけど

 根っこが生えそうなので、このまま山頂アタックです!

 100_0627.jpg

 山荘を通り過ぎて、間違えて白馬岳方面へ向かってしまい

 登りきった所で「ここ山頂じゃないじゃん・・・・・・。」


 ゴルフ用のカッパ着用のカチョーの心は鮮やかに折られ

 7年目を迎えるゴア着用のGOちゃんもな様子、、、

 なかば強引な感じに登り返す方向にして

 改めてアタックです。


 山頂までは40分くらいかかったかな、

 もう横殴りの雨、というよりひょうですね。

 そして、ついに登頂です!

 キタ━(゚∀゚)━!!  って感じじゃなかったですな・・・。

 100_0631.jpg

 この時の二人は低体温症気味で、とても危険な状態

 だったそうです。にもかかわらず、このテンション!たくましいですΣ(゚Д゚ノ)ノ

 
 山頂の証拠写真を撮ったら、もうココには何の未練もありませんね。

 サッサと下山します。

 
 下りは30分かからずに山荘まで戻ってこれました。

100_0634.jpg

 山荘で休憩させてもらおうと中に入ったんですが

 思っていた山荘のイメージと全然違う空気・・・。

 なんか冷たいな・・・ 

 全然ウェルカムじゃないんですよね・・・。

 山荘初体験の僕等はガッカリでした。

 もう絶対ココには来ないぞ!と根に持つ手帳

 に記入した事は言うまでもありません(*`Д´)ノ


 不愉快ながらもご飯とお約束のビールを飲んで

 1:15くらいに山荘を後にしました。

 外に出ても、やはり雨は上がってなくてガスで真っ白な世界・・・。

 下山中に一瞬ガスが晴れたけど鹿島槍も白馬岳も見れませんでした><

  
 帰り道でもライチョウに励まされつつマッハで下山して

 温泉に浸かって登山は終了したのでした。。。



 今回は雨とガスの登山になりましたが、十分に登山は満喫

 したと思います。雨ごときに負けない強い心も手に入れたし(笑い)

 結構楽しかったですよ。

 それと装備の大事さを思い知らされたかなぁ。。。

 ま、無事に帰ってこれて良かったです(*´∇`*)


 唐松岳は、とても登りやすい山なので今度は晴れをねらって

 来たいですね。

  

   


 

 



 

 
 
 

 

  

  

  

  
  


  

  

  




  
関連記事


【】
こんばんは

唐松岳…雨で残念でしたね。
晴れてれば八方池からの白馬三山が、
めちゃくちゃ綺麗なんですけどね~
ゴンドラ+リフトで途中までアクセスできるので、
日帰りで登るには手頃ですよね。

確かにこういう日に一緒の登山者って、
妙に連帯感が湧くんですよね~(笑)
【TONOさんへ】
こんばんわ。
雨で残念だったんですが、我慢できずに行ってしまったって
感じです(笑)
経験値は上がったようなので良しとしてます(笑)
【しししししし】
あ・め・お・と・こ^^
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<09 | 2019/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -