≪ 2019 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2020 01 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

   
    焼岳 (百名山 標高2393m)

         2011年6月29日(水) 

斑尾、戸隠山とアップも済んだし、さてさて北アルプスへ行きますか!

って事でまだ登ってない日帰りの山「焼岳」へ登ってきました。

梅雨の真っ只中なので、雨さえ降らなければ御の字かな?って思ってたんだけど

天気予報はですってL(@^▽^@)」

充分ですね

今回のメンバーはカチョー、宮入さん、僕の三人です。

Goちゃんは外せない仕事が入ってしまって涙の不参加(T△T)

次回は何があっても参加だからね!


ってことで当日。

4:00にカチョーを乗せて、更埴ICで宮入さんと合流。

高速で松本まで行って、降りてすぐのコンビニで買出し

と朝食です。

yake1.jpg

お!早くも晴れ間だよぉぉぉ

yake2.jpg

三人ともガッツリ弁当を食べて、上高地に向かいます。

yake3.jpg

向かう途中、どんどん雲が取れていきます

yake4.jpg

PAでトイレタイム。

登山日和の予感

が、晴天は、ひとまずここまででした


先日の上高地の土砂崩れで県道は通行止めになっていたんだけど

運良く昨日解除となり、上高地線は今日の7:00に開通との事。

この点はラッキーだったんだけど、釜トンネルを左折して登山口

のある安房峠は昨日の雨で、まさかの通行止め

yake5.jpg

そ、そんなぁぁぁぁ(>□<;)

予想もしてなかった事態に動揺するメンバー。。。

「とりあえず安房峠を反対から行ってみよう」

と安房トンネルを抜けて反対から行ってみるも

やっぱりコチラも通行止め・・・

もう選択は、上高地へバスで向かうか中止にするか・・・

どんより暗~~~くなる車内

「とりあえず、もう一度さっきの所に行って見ますか」

と戻ってみると、なんとゲートが開いてるじゃないですかい!!!

多分、誰かが開けちゃったような感じですが、、、

でも、、、開いてるので

GO!GO!GO!


うちらの後から来た人に聞いたところ、国土交通省?の人が

来て正式にゲートは開けたそうです。

yake6.jpg

ふぃ~~~

一時はどうなるかと思ったけど、良かったぁ(*´ω`*)

yake7.jpg

準備も済んだし、さ~て行きますか!

yake8.jpg

7:35 中の湯登山口より出発!

yake9.jpg

まずは緩めな登りから始まります。

yake10.jpg

やった!!!お日様だぁぁぁ

でも一瞬で曇り空に変わっちゃいました


緩い登りはすぐ終って急坂になりました。

今日の天気予報を信じると、遅いほど晴れるんじゃないか?

と思い道草を食いながらのんびり登ることにしました。

yake11.jpg

どうもこのコースは倒木が多いですね。

yaketouboku.jpg

それと湿地帯なのかな?ぬかるんでますねぇ。。。

「うわ!またトヤズボだ、、、」

などと、沼に意味不明?な名前をつけてゲラゲラ

笑いながら、ユル~い感じで進んでいくと

9:21 中の湯コースとの合流点を通過

yake12.jpg

最近多めな "わざとらしい" 写真(笑)

yakegoryu[1]

ここから少し進むと

9:23 下堀沢出合いに到着。

yake14.jpg

ここでザックをおろして大休止です。

相変わらずの曇り空でガスまで巻いてきてます。

きっと晴れてれば、この辺りでなかなかな絶景

がのぞめるはずなんだけどねぇ。。。

yake15.jpg

ガッツリ30分程休んじゃいました

さて行ってみますか。

yake16.jpg

ここから丸太の梯子や階段の整備された道になります。

割と急な感じ。

そして、笹の道が終ると雪渓が現れました。

yake17.jpg

やや慎重に横切るとガレ場がはじまります。

yakegare.jpg

このガレ場を少し登った所で、雪渓の方で

「ドーン、ドーン、ドーン」と凄い音が、、、

な、なんだ???

カチョーだけが見れたんだけど、1m以上の大きさの

落石 だったようです

怖えぇぇぇぇぇ(((( ;゚Д゚)))

あと数分遅かったら、と思うとヒヤ~っとしました。

yake18.jpg

標高2300m地点。

この辺りから硫黄の匂いがほんのりしはじめます。

景色も何もあったもんじゃないので妙に長く感じる

ガレ場だったけど、ようやく稜線のようです。

yake19.jpg

何気に登りきると・・・

yakeryosen.jpg

吹っ飛ばされそうな強風でした(汗             宮入さん!演技いらないから!

yake20.jpg

左に目をやると、焼岳南峰が!

「お~~~そこに居たのか」

そして左手に、ガスが切れると

yake21.jpg

火山湖が見えました。

ガスガスなのが悔やまれますな。

yake22.jpg

ペンキマークに従って噴煙口を左に見ながら

巻くように進みます。

yake23.jpg

こんな天気なんだけど、見慣れない景色に

なんだか楽しくなってきました

yake24.jpg

そして、この噴煙口を越えると

キタ━(゚∀゚)━?????

ガスガスの、というか雲の中っすよね、これ?

11:15 焼岳山頂に到着!

yake26.jpg

山頂は、とにかく風が強くて凄い寒さでした。

なんとか風を凌げる場所を見つけて、半ば無理やり

ですが、かんぱ~い

yake27.jpg

いやぁ、、、

なんというか、、、

美味いっす

yake28.jpg

時折、一瞬だけどこんな青空も。

へへへへへ、ちんたらゆっくり登ってきて正解だったようですな

yake29.jpg

さてさて、ご飯でも作りますか。

最近のカチョーの料理には脱帽です。

yake30.jpg

戸隠では"坦々麺"そして今回は"麻婆豆腐"です。

ひき肉を炒める懲りよう。

これは勉強になりました。肉を炒めたりすると、ただ温めたり

するだけの物とは味が全然違います!

yake31.jpg

コレ、僕の作ったパンです・・・

一見美味そうに見えるんですが、ちっとも美味く

ありませんでした(x_x;)

そして、

ご飯も食べ終わって、天候の回復を祈って粘っていると

キタ━ヽ(゚∀゚)ノ━!!

yake32.jpg

「また、山においでよ!?」

yake33.jpg

上高地も見えました!

もうちょっと粘りたかったんだけど、時間も時間なので

1:00 下山開始。

上高地に下りるので、4時に"帝国ホテル前"でタクシーを予約しておきました。

コースタイム2時間50分だから、「まぁ間に合うでしょ」と思ってたんだけど

下り始めのガレ場には少々手こずりましたね。。。

yake34.jpg

浮石の多かったガレ場が終って、笹の道を下ります。

yake35.jpg

下りきった所が中尾コースの分岐でした。

yake36.jpg

ここから少し登り返ししなります。

yake37.jpg

うれしいような、悲しいような、、、

どんどん天気が回復していきます

yake38.jpg

登りきった所に"焼岳展望台"がありました。

まだ山頂は雲の中ですが

そして、展望台を下るとすぐに焼岳小屋に到着です。

yake39.jpg

ちょっと休みたいなぁ。。。

って思ったんだけど、タクシーの時間が心配でそのまま通過です。

yake40.jpg

山頂の雲、取れてきてるし・・・

yake41.jpg

ここからは笹の中をしばらく下ります。

しかし、今回のコースは歩いていて気持ち良いですなぁ。

ピストンにしなくて大正解でした(*^_^*)

yake42.jpg

そして現れた名物の梯子です。

何個かのアルミの梯子をつないで作ってありました。

yake43.jpg

離れて見るとこんな感じ。

凄い所に架かってますよね?

そして、

短い梯子を過ぎると

yake44.jpg

バリバリ人工物の橋です(笑)

なんだか多いな、こういうのw

yake45.jpg

丸太とのハイブリッドw


登山道はどんどん高度を下げていって、防砂ダムかな?

過ぎた辺りから傾斜はほとんどなくなります。

空もすっかり青くなって、この辺は気持ち良かったなぁ。。。

yake46.jpg

そして林道に突き当たった所が登山口です。

yake47.jpg

3:17 登山口に到着!

やった!タクシーの時間に間に合いました

yake48.jpg

登山口から田代橋までは、梓川沿いの林道が続きます。

yake49.jpg

右手に六百山や露沢岳を眺めながらの気持ちの良い林道歩き。

しばらく歩くと田代橋に着きました。

yake50.jpg

橋の上からは、こんな素敵な景色でした

yake51.jpg

う~~~ん、たまらんねぇv(≧∇≦)v


yake52.jpg

帝国ホテルの前を見るとタクシーが待っていてくれました。

中の湯の駐車場までの間、運転手さんと山の話で

盛り上がりながらの楽しいひとときでした(*^-^*)

yake53.jpg

最後に"中の湯温泉"で汗を流して、焼岳登山は無事終了となりました。


今回は梅雨という事もあって山頂からの展望は望めなかったんだけど

登りも下りも、何というか好きな雰囲気で気持ち良かったですね。

さすがは北アルプスってところだと思います。

しかも最後の上高地での景色で、道中の曇りなんて吹き飛んでしまいましたから(笑)

今度は確実に晴れを狙って、また焼岳に登りたいなぁ。。。


そして、いよいよ次回は初のテント泊です!

楽しみだなぁv(*^U^*)v

関連記事


【すごくいいな】
なんか見てて楽しくなるコースやね
来年はここに決まりかな?w
【】
おはようございます
焼岳行かれたんですね。
私は数年前に焼岳から西穂へ縦走しました。
さわんどに車を置いて、バスを "卜伝の湯" で下りて、
その近くの登山口から入りました。
上の方で中の湯からのルートと合流しました。
快晴の下、青空を切り取る草原が気持ち良かったです。
稜線に上がると、反対側にエメラルドグリーンの山上湖が見えましたが、
kitaさんは見れましたか?
あの土砂崩れの後だけに、上高地は人がいなかったんじゃないですか?
次回のテント泊楽しみにしてます。(^^)
【じっくり読ませて頂きました】
お疲れ様です
焼岳まだ未踏です
Blog拝見して近い内に行くことに決めました(^^
【yajiさんへ】
来年、行っちゃう?
ただし相当早起きしないと無理だよ。
【TONOさんへ】
焼岳は晴れてたら相当良いでしょうね^^

湖は見えたんですが、ガスの中でエメラルドグリーン
は確認できませんでした、、、

上高地は平日というのもあったんですが、空いてましたね。
西穂まで縦走ですか、それもやってみたいです^^
【Zelさんへ】
近いうちに行っちゃってくださいw
オススメです^^

あ、そうそう8月6日はyajiさんと待ってますからね~
【さてさて…】
台風の影響でテント泊が延期になり残念!
予定日を過ぎれば、後はワクワクドキドキです。
来週は晴れればいいですね!!
何か焼け岳が遠い過去に思えるゾ~
お互い、仕事の段取りをケリつけて来週楽しみましょう!!!!
【カチョーへ】
なにやら仕事がアリエナイ位忙しくて
山に行きにくい空気をヒリヒリ感じます。

最近思うんですけど、"釣りバカの浜ちゃん"みたいに
なりたいですよね?(笑)
【お互い頑張りましょう!】
私も営業の若造達がお客様にアチキを会わせようと色々相談してきます。
本日の会話 営:このお客様休みは水木日です。
      アチキ:水木??あぁ27日か28日…おいっ!!
          日曜なら31日…おおオオっい!!!
これって…とやヅボ(内輪ネタ)(ーー;)※実話です。
まっ、優先順位は登山!次に家族!!仕事は…
しっかし、晴れませんネエ~。宮入さんはいい買い物しましたネ。来年早々、私達も85L~75Lを購入しましょう(^O^)/
【カチョーへ】
しっかし、雨男は誰なんでしょう?(笑)
7/31,8/1ってのも考えておいたほうが良いですかね?
こうなったら意地になりますからね(笑)
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<11 | 2019/12 | 01>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -