≪ 2019 09   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2019 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

  雨飾山 (百名山 標高1963m)

     2010年11月13日(土) 時々 


冬装備を持っていない僕等には、もう時間が無い、、、

北アルプスはもう冬山に突入しちゃって、行こうと

思っていた雨飾山も少しだけど雪が降ったようです。

「やばい!急がねば!!」

小谷村の登山情報では「北側は先日の雪が残っています。」

だって 「気をつけて登ってください」

みたいな事が書かれているので、まだ間に合うかな?

ま、とりあえず行ってみますか!


って事で、今回のメンバーは4人。

スケジュール調整で宮入さんが危なかったけど

何とか今回は参加です


そして当日。

4:30 いつもの所に集合

帰りの温泉に明るいうちに浸かりたいので早めの集合です。

途中でコンビニで買出し&朝食をして小谷温泉に向かいます。

空は雲ってるけど、今日の予報は

よしよし(*^m^*)

6:30頃 登山口の駐車場に到着!

雨1

トイレやら準備を済ませて

6:53 登山口より出発!

雨2

山頂までのルートが書かれています。

今日は標準コースタイム3時間45分ですな。

さてさて、行ってみますか!

雨3

歩き始めてすぐに木道になります。

この辺りの景色も里山っていうのかな?

なんか雰囲気があって歩いてて気持ちイイです(*^-^*)

雨4

すっかり葉っぱも落ちちゃってますね。

雨・・・

2-11.jpg

2/11 標識通過

このコースは山頂まで4.4kmあるそうで、この標識は

400mごとに設置されていました。

目安になって良いのかもしれないけど、個人的

には無いほうがいいなぁ。。。かえって疲れます


そして、ここからは急登が始まります。

DSC_0203.jpg

落ち葉に霜が付いていて滑るのと

木の根がむき出しになっていて歩きにくいです

ゼェゼェしながら、急登を登りきると

7:53 ブナ平に到着。

CIMG1992.jpg

ここで小休止です。広場になっているので

「休んでください」と言わんばかりです(・∀・)

5分ほど休んで、先に進みます。


ブナ平からも根っこの道が延々と続くんですが

個人的には「キツイのは登り始めの30分だけ」ですね。

この辺りでは、どんだけでも歩けそうな気がしました( ゚∀゚)


そして30分程進むと平坦な道になり、北側に回りこむ

ようになって、今度は下るようです。。。

なんか行きで下るのって損した気分になるんだよなぁ。。。

そして、下り始めてチョットすると沢が見えてきました。

雨7

8:40 荒菅沢に到着!

ここでザックをおろして休憩です。

ここも休憩にはもってこいな場所ですね。

雨8

後ろに見えてるのが山頂のようですね。

ここからだと険しく見えますね

雨10

◆ハードボイルド宮入◆  絵になる男ですね~(笑)


15分くらい休憩して出発です

雨11

沢を渡ると、またしても急登です

雨12

足場の悪いところにはロープがあったり

土嚢袋が置いてあったりと良く整備されてますね。

雨9

それにしても晴れないなぁ。。。

秋晴れの行楽日和じゃなかったっけ???


ここが「頑張り所」だったなぁ。。。

頻繁に休憩をとって足を休ませつつ

ぐんぐん高度を稼いで登ると丸太で作った

梯子が現れます。

雨13

僕の愛してやまない「アサヒ スーパードライ」

こんな所で役にたっているとは(笑)

雨14

この梯子を登りきると視界は開けて平坦な道になります。

そして、なんと!遥か遠くにですが

も見えました!!!

雨15

この写真じゃ分かりにくいかな・・・

どうしても槍が見えると嬉しくなっちゃいますね

雨19

ちょっと前から見えていた高妻山も何気に

目を引きますねぇ。

来年あたりに登ろうかな


そして、北の方を見ると

DSC_0243.jpg

これも分かりにくいかな、、、

日本海も確認できました。

スカッと晴れた訳じゃないんだけど

こんな景色が見れるとは大満足です

10:16 笹平を通過!

雨18

この辺りから山頂が見え始めました。

ふむぅ、、、まだ先だな。。。

雨17

う~ん、しかし宮入さんって何か絵になるなぁ

雨20

段々と近づいてきました。

山頂の登山者も確認できます。

雨21

足元もすっかり雪に。

雨23

最後の登りを前に軽アイゼンを取り付けます。

持ってきていたのはカチョーだけです。。。

持って来れば良かった


そして雪山のような登りに取り付くんですが

遠めで見ていたよりも登りやすいですね。


その途中で振り返ると

雨22

なんか人の顔に見えません?

とりあえず今回は「外国の女性」の顔って事にして・・・

雨16

隊長GOちゃんが召し上がりました(爆)

雨24

本当に思ったほど危険箇所もなく

10:57 雨飾山頂上に到着!

雨25

ちょっと時間はオーバーしちゃったけど

楽しみながら来たから良しとしますか


タイトル「山頂でマラドーナ」
雨26

最近ブーム?のポーズです。

ちなみに本人はなにをやらされてるのか

分かっていません(笑)

雨27

山頂からは、白馬三山もくっきり見えます。

雨28

なるほどね~、人気があるのもわかるなぁ(・0・。)


しばらく景色を堪能して、お昼ご飯としますか!

山頂で邪魔にならそうな場所を確保して

雨29

寒いけどカンパ~イ

雨30

温かく調理した食事は、何ともいえず

美味いですね~(≧∀≦)

雨31

GOちゃんの鍋料理。

この手があったか!  今度マネしよっと


またまたゆっくりし過ぎちゃったかな・・・


12:50 下山開始!

最初の下りは要注意です(*゚д゚*)

慎重に、とにかく慎重に、、、

雨32

この下りで結構な時間を費やしつつ

その後は快調におりていきます。


途中で「荒菅沢」で大休止して、後はほとんど

ノンストップで下っていって

雨33

ようやく最初の湿原まで戻ってきました。

そして、

15:28 登山口に到着!

雨34

こうして降りきてからコースを確認する

のもなかなか楽しいものですね(ゝω・)


そして、この後は小谷温泉の無料露天風呂で汗を

流して帰路につきました。



雨飾山は、程よい時間で登れて景色も申し分ないし

オススメな山だなって思いました。

もし今度来る時があったら、花の時期に来てみたいかなぁ。

笹平から先は「お花畑」になるらしいですよ


今回も無事に終れて良い山旅になりました(^0^ゞ


関連記事


【いいな~】
でもその程度の雪でもアイゼンいるんやね~
これからしばらくは銀世界やね
そういや北アルプスで雪崩で3人亡くなってたね
きをつけなよ

靴はシリオあきらめるかも^^;
コロンビアで手を打つ予定w
【】
山頂付近は結構急だったから
アイゼンあれば安心かな?って感じ。

靴は、無理強いはしないけど俺は
コロンビアで失敗してるよ・・・
【お久しぶりです】
落ち着いてきたのでBlog再開
とりあえず登山関係記事を再UPしたのでお知らせカキコです
今年のテーマは厳冬期テント泊です
1/15に八ヶ岳連峰天狗岳をテント泊で行ってきます
【zelさんへ】
おひさですね^^
再開しましたか~
 
15日、お気をつけて~
レポ楽しみにしてます。
【】
いや~久しぶりっす<(_ _)>
いや、カチョーとしては初めてかも…
ブログ同様、ながぁ~い冬から目覚めいよいよ★活動の時期ですな★今年も登山ガンガン行っちゃいましょう!
一昨日は本格登山に向けてのアップ、北信五岳の制覇達成、自然が
遊び場etcなど…楽しい経験をありがとうございました。
北さんプレゼンツinブログのUPを楽しみにしています。
⇒何が楽しい経験かって?詳しくはこのブログを(しばらく経ってから)見よ!!

【カチョーへ】
いや~、ようやくコメントくれましたね(汗

先日はお疲れ様でした。
ブログは今日から書き始めますよー
しばし、お待ちを!
【】
お久しぶりです。
昨年、とある会社を辞めたキラです。。
北さんがこんなに登山にハマルとは思っていなかったな…
私も今、前の会社辞めた事をすごく後悔しています。。。
なんか毎日つまらないな。。。
私も登山出来ますかね??

【】
今日は北アルプスの地、松本の会議出席ありがとうございました。
やはり、会議より山に向かってナンボデスネ!また、年間スケジュール企画お願いします。ミヤさんちの焼き肉パーティーもお忘れなく!
【しめじキラさんへ】
まぁ、、、なんと言うか、、、
頑張って生きてください、、、


【カチョーへ】
会議中に年間計画を練ってました(笑)
後日、お知らせしますね~

そして、、、
ブログはまだまだ時間かかりそうです。。。
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<09 | 2019/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -