≪ 2019 09   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2019 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

槍ヶ岳(3180m) 南岳(3032m)
北穂(3106m)涸沢岳(3110m)

2018年10月8日~11日

今年は登山を始めて10年目になるんですが

北アルプスにも随分通ったと思います。

今回は、その中でもぽっかりと抜けているエリア

”西鎌尾根”と”大キレット”を歩いてきました。

メンバーは、またまた宮入さんと僕の二人。

本当はカチョーも含めた3人で行きたくて

温めてきた計画だったんだけど、我慢できずに

行ってしまいました。

カチョー申し訳ない

さて、その”大キレット”は”ジャンダルム”と並ぶ

危険地帯で有名ですが一体どんな所なんだろう?

ドキドキしながら当日を迎えます。

2018年10月8日(月) 

まずは前夜から。

仕事を終えて6時ごろに合流して

”新穂高”まで車を走らせます。

途中、買い出しを済ませて

8:20 中尾入口の駐車場に到着!

di1.jpg

明日の登山口はロープウェイ駅の辺りなので

ホントは駅の近くに停めたかったんだけど

満車だったので、ここまで下って来てしまいました。。。

なので明日は徒歩で向かわなくてはいけません

ま、仕方ないですな。

気を取り直して前夜祭と行きましょうか

一晩中電気が点いてるバス停の中をお借りして

di2.jpg

カンパーーーイ

di3.jpg

この駐車場は以前”笠ヶ岳”の時も利用したけど

空いてるし色々と環境も良くて気に入りました

宴会は2時間くらいでお開きにして就寝。


そして当日。

4:00 起床。

この駐車場から重いザックを背負って歩くのは

大変なので一旦車で上まで行ってデポする作戦に!

「コレ頭イイですよね~」

ホント名案だと思います


そして、

駐車場に戻って出発!

「車で走ってもそこそこありましたよね~」

「まぁ空身なのがせめてもの救いっすね」

と真っ暗な道をテクテク進んで行って

長ーーーいトンネルを抜けると

5:22 登山指導センターに到着!

di4.jpg

うっすらと明るくなってきました。

ここを左に曲がり、さらに進んで行き

林道に入る所でザックを回収!

di5.jpg

荷物を整えたりしつつ

軽く一服してから再び出発

di6.jpg

さて、

本日の行程は、わさび平小屋を経由して

小池新道で双六小屋でテン泊する予定です。

di7.jpg

まずは林道歩きから始まります。

di8.jpg

そういえば前から思っていたんだけど

「宮入さんって林道歩くの速いですよね?」

「そうですかねぇ?」

毎回、僕は置いてかれないように速足で歩く

んだけど宮入さんは楽そうにしてるんですよね。

「でも登りになるとダメなんですよぉデュフデュフ」

う~ん、なるほど。。。


そして、

ザックを背負ってから約1時間

笠新道の登山口まで来ました!

di9.jpg

さらに12~3分進むと

di10.jpg

6:51 わさび平小屋に到着!

di11.jpg

いやいや着きましたね~

「宮入さん!ありますよ!アレ!」

somen.jpg

わさび平小屋といえば”そうめん”ですよね!

雨の中、めっちゃ寒いのに”そうめん”を食べてる

宮入さんを思い出しますw

「いや、今日はいらないかなぁデュフデュフ」

という事で、軽く休憩をして先に進みます。


”わさび平小屋”を過ぎれば林道もあと少し。

di12.jpg

ずーっと日陰だったけど朝日が当たってきました。

今日はイイ天気になりそうだぞ


そして、

林道が終わって、ここからが”小池新道”です。

di13.jpg

ようやく登山って感じになってきたぞー!

di14.jpg

岩ゴロの道を登って行きます


ちょこっと標高が上がった所で

景色に目をやると、

di15.jpg

うーーーん、良い景色

アレはもしかして槍???


さらに進んで行くと、

di16.jpg

何だこの絶景は

di17.jpg

「ここって、こんな景色だったんですね~」

過去2回、小池新道は雨に当たっているので

景色なんて見た事無かったのです。

di18.jpg

いや~ホント今日は登山日和だなぁ。

他の登山者もみんなニコニコです


足取りも軽く順調に進むと

di19.jpg

8:11 秩父沢に到着!

di20.jpg

ここは良く覚えている所だけど

印象が全然違う!

やはり晴れはイイですね~~~

di21.jpg

正面に見えるのは”大ノマ岳”だろうか?

岩ゴロの道を進んで行きます。


やがて、

黒っぽい岩に変わって

di22.jpg

チボ岩に到着!

di23.jpg

「そういえばチボ岩って何なんですかね?」

なんて話してたら、近くに居た全身青色のオジさんが

「チボっていうのはスリの事だよ」

と教えてくれました。

スリができるほどすれ違いするのに狭いとか

なんとか、そんな事のようです。

いや~勉強になりました

この青いオジさん、この後も度々顔を合わせ

うちらの間では

ブルーのおじさんと呼んでいて、最終的には

burnsnmrtino.jpg

ブルーノ・サンマルチノになるのでしたw

”人間発電所”の異名を持つプロレスラーだけど

知ってる人は少ないのかなぁ。。。


さてさて、話を戻してw

休憩しようかなぁ、とも思ったけど

もうちょっと行く事に。

di24.jpg

「しかしイイ天気ですね~」

「景色も良いし最高ですね~」

今日だけで何回こんな会話しただろうw

di25.jpg

何度も足を止めては景色を楽しみます。


そして、

しばらくすると、岩ゴロ開けた場所に出ました。

ちょうど時間的にも休憩には持って来いだ!

di26.jpg

ザックを降ろして休憩です。

di27.jpg

日向ぼっこしながらマッタリ~~~

kiksindkykei.jpg

見上げた先は”抜戸岳”とかかな?

「しかし小池新道がこんなに良いとはね~」

「雨の時しか歩いてないですもんね~」

ホント期待してなかったので嬉しい誤算でした


20分ほどの休憩を終えて

歩き出すと、すぐに”イタドリヶ原”の看板が。

di28.jpg

まぁ、ここはそのまま通過なんですが

この辺りから次の目的地”鏡平”が気になり出します。

「今回こそは池に映る槍が見れそうですね?」

「今日は大丈夫じゃないですかー!」

過去2回とも全く見れなかったので

これは楽しみだぞー


さらに30分ほど進むと

9:35 シシウドヶ原に到着!

di30.jpg

この看板のちょっと下にベンチがありました。

休憩している登山者が何人も居ましたが

さっき休んだばかりなのでスルーします。


この辺りから割と急な道になり

di31.jpg

それが終わると木道に。

di32.jpg

お!何だか近い予感だ


さらに進むと

あと500mのお知らせ!

di33.jpg

あと5分!!!

di34.jpg

またまた木道になり

kgmdir.jpg

紅葉の木々を抜けると

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

di35.jpg

10:23 鏡平池に到着!

di36.jpg

こりゃスゲー





つづく・・・。



関連記事


【お気に入り♪】
ここの駐車場はなんてったって あの水洗トイレが良いですよね🎵

しかし、この日は快晴☀でまさかまさかの絶景でしたね(^_^)v
やはり天候に恵まれるとテンションも上がりますね👍

ブルーノ サンマルチノは時代を感じますね~
やっと家に黒電話☎が通じた頃のような気が、、、
【宮入さんへ】
トイレの件は濁して書いたのにーw
まぁ、あれは最高ですがね!

天気は説明不要ですね!
もう最高でした👍

ブルーノサンマルチノで通用するのって
結構な高齢者ですよね?w
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<09 | 2019/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -