≪ 2019 10   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

立山~薬師岳レポの続きです。


”五色ヶ原山荘”を出発して約2時間

越中沢岳の山頂に到着した二人。

gs33.jpg

「いや~30分オーバーですかね、、、」

結構良いペースで歩いて来たはずなのに

この区間は辛めの設定なのかなぁ?

なーんて思いながら地図を眺めてると

あぁぁぁ!
CT見間違えてた!!!


休憩ポイントの予定だった”越中沢乗越”までが

1時間40分なので結果50分の短縮なのでした

「そうだよなぁ、おかしいと思ったんですよね」

っという訳で、のんびり休憩することにしました。


とりあえず1枚撮ってもらいました

gs34.jpg

↑ なーんか俺、顔が怖いなw

っというのも、結構広い山頂エリアなのに

標柱の前に陣取っている感じの悪い男女に

イラついちゃってまして、、、

マナーが悪いのに偉そうに自慢話なんて

されちゃうと、ねぇ。。。

gs35.jpg

ま、気を取りなおして

gs36.jpg

北アルプスの女王”薬師岳”から”雲ノ平”

そして今回の最終目的地”赤牛岳”を望む。

rdtakausi.jpg

「こりゃ、まだまだ先は長いな、、、」

gs38.jpg

「赤牛岳かぁ。。。」

ここで、この先の行程を想像してみました。

今日は、このまま良い天気のまま行けるんだけど

明日の午後には崩れ始めて”薬師峠キャンプ場”

では雨に当たると思います、、、

その先の”高天原温泉”もぬるくて入れず

”赤牛岳”の辺りも雨の中歩く可能性が高い。

そして、一番心配なのは疲れがほとんど取れて

いなくて元気が出ないという事

コレ無理じゃね?

宮入さんの心配してる場合じゃないぞ、、、

俺が無理かもしれん、、、

かと言って五色ヶ原まで引き返すのも嫌だしなぁ

と思いながら地図を見ていると、、、

あ、あった

長野県側ばかりに気を取られてたんだけど

”折立”から帰れるじゃん!

そして、

宮入さんとの話し合いの結果

この先の天気を見ながら、このまま進んで

”薬師峠キャンプ場”で雨が降ってるようなら

”太郎平小屋”で宿泊して考える、という事に

なりました。

まぁ、これで撤退という事になっても

立山~薬師岳の区間は踏破できるので

目的の半分は達成じゃないかな?


そんなこんなで、結構ゆっくりしちゃいました。

そろそろ行きましょう!

9:46 越中沢岳の山頂を後にします。

gs39.jpg

視線の先には、本日の宿泊地”スゴ乗越小屋”

が見えています。

「意外と近くに見えますよね~」

なんて言いながら下りに突入!

gs40.jpg

こりゃ、結構な下りだな・・・

gs41.jpg

ガッツンガッツン標高を下げていきます

sugnogara.jpg

気の抜けない急坂を下り切り

振り返ると、こんな感じ。

gs43.jpg

「あそこから来たのか~」

約1時間もの下りでした。

この鞍部からピークを一つ越えて、今度は

なかなかな急登となり樹林帯を抜けると

「あれ?もう着いたの???」

10:56 スゴの頭に到着!

gs44.jpg

CTで50分位短縮しちゃった

この手の下りはCTより速いんだよねぇ。

さっき休んだばっかりだけど、

休みたい気分だなぁ。。。

休憩しときますか!

gs45.jpg

それにしてもイイ天気だなぁ

ホントにこれから崩れちゃうのかな?

gs46.jpg

スゴの頭のス!

gs47.jpg

結局、すぐに出発するつもりが30分も休んで

しまいました、、、

やっぱり疲れてるんだよなぁ。。。

山行の前に仕事で無理するのは

もうやめておこう、と心から思うのでした・・・。


さて、あとちょっと頑張りますか

11:30 スゴの頭を出発!

まずは岩ゴロ地帯から。

gs48.jpg

その最中にも綺麗に見える今回の歩くルート。

っというか歩くはずだったルート・・・

gs49.jpg

まだ撤退は決まってないのに頑張ろう!という

気持ちにはなれないな、、、

gs50.jpg

さらにグングン下って行くと

12:00 スゴ乗越に到着!

gs51.jpg

ここは”立山連峰”の中では最低鞍部になるそうです。

ちょっとした広場が休めと言っているようだw

ここはひとつ、

「宮入さーん、一生のお願い!休みませんか?」

「イイですよ~デュフデュフ」

さすが宮入さん!

ホントもうヘロヘロなのです

gs52.jpg

振り返ると”スゴの頭”がよく見えます。

gs53.jpg

ついさっきまで、あそこに居たんだなぁ。。。

一気に降りてきたのがよく分かるな。

ここでは早めに切り上げて先に進みます。

gs54.jpg

”スゴ乗越”からは、ひたすら登り

gs55.jpg

ロープがあったりしつつ

gs56.jpg

最後の樹林帯を抜けると

1:08 スゴ乗越小屋のテン場に到着!

あぁぁ疲れた、、、

五色ヶ原から約6時間、とまぁ短めの行程だった

のにもうグッタリ

一休みしてからテントを設営。

gs57.jpg

湿った物を干していると

みるみる雲に覆われてしまいました、、、

gs58.jpg

あんなに晴れてたのになぁ。。。

「ホントに下り坂なんですね、、、」

ま、仕方無いか。


寝床の準備も整ったことだし

小屋に行きますか

gs59.jpg

テン場から小屋までは1~2分

なんとも味のある山小屋です。

gs60.jpg

「スゴ乗越小屋のス!」

うーーーん、

よっぽどこのポーズが気に入ったんだなぁw

gs61.jpg

小屋の前には蛇口の水場があって

トイレは仮設の物が三個ありました。

その向かいにある”洋風東屋”みたいな所で

gs63.jpg

カンパーーーイ

gs62.jpg

ぷはーーー

疲れた体に染み渡るぜ!

gs64.jpg

こちらの山小屋は多分二人のスタッフで

切り盛りしているようで、休憩時間なのか

表で民族音楽みたいなのを流して楽器で

セッションしていました。

それが何だか小屋の雰囲気に合っていて

のんびりとビールを味わえました。。。


立て続けに3本くらい飲んだころ、

「なーんか腹へりましたね~」

「テン場に行きますか!」

って事で買い出しをしてテン場へGO

gs65.jpg

今日のおつまみ担当は宮入さんです!

gs66.jpg

たっぷりの野菜とお肉の炒め物。

gs67.jpg

僕は簡単に”チャーシュー”を。

gs68.jpg

野菜炒めはお互い何度も作っているので

安定の美味しさなんだけど、今日1番の

おつまみは”塩キャベツ”でした!

生のキャベツにシーズニングとゴマ油を

和えて揉んだだけなんだけどコレが美味い

この手があったか!

宮入さんヤルな


気が付けばテン場で飲み始めて約2時間。

gs69.jpg

曇りがちだった空だったけど

綺麗な夕焼けが見れました。

「これが最後の晴れですかねぇ、、、」

「せめて明日まで持ってくれれば良いですね」

そんな会話をしつつ宴会はお開きとなりました。。。


そして、

gs70.jpg

テントに入りラーメンを食べて8時頃に就寝。


今日は天気も良くて気持ちの良い山歩きが

できました。

さて、明日からどうなってしまうんだろう?

もう今の時点では”赤牛岳”まで歩く気力は

ほとんど無いな・・・。

宮入さんはどう考えてるんだろう?

まぁ、成り行きに任せるとしよう


つづく・・・。



関連記事


【スローなブギ】
やはりそうだったのか⁉
最初の休憩ポイントが妙に遠く感じたのはおいらだけではなかったんですね。
心がバキバキ折れかかっていました😣
それにしてもスゴ乗越小屋の東屋はいい雰囲気でした👍
あれを参考に東屋 造ろうと思います(^_^)v
【にしておくれ】
しかし、あのスローなおじさん
意外と速かったですよね。
っというかウチらが休み過ぎかなw
まさにうさぎとかめ状態でしたね💦
【やっぱ】
長野の山は良いよな~
【yajiさんへ】
あ~、やっぱそうかな?
他県に行くとそう思う事あるね。

特に北アルプスは色が違うんだよねぇ。。。
【あらら、、、】
お疲れっす。
今まで、天気が良く気持ち良さそうな山行き
だったのに、予想通り天気が崩れてきましたね?
でも、ここまで気持ち良さそうだったから
まだ良かったですね!
【カチョーへ】
前半が良かったから救われましたけど
何しろ木島の手伝いで頑張り過ぎて疲労
が凄くて参りました、、、
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<10 | 2019/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30