≪ 2019 10   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

立山~薬師岳レポの続きです。


室堂を出発して約2時間”富山大学立山研究所”

まで来た二人。

っというか更に調べたら、ここは

”浄土山南峰”らしいですね。

g40.jpg

さて、んじゃ行ってみましょう

”龍王岳”の存在には気が付かず

g41.jpg

ガレ場を下って行きます

g42.jpg

進行方向はガスってきましたが

振り返れば、この青空

g43.jpg

「宮入さーん、さっきの雲海がこれから

   こっちまでやってくるんですよー!」

「そうなのかなぁデュフデュフ」

多分、時間の問題だろうなぁ。。。


そして、

登山道はさらに下っていきます。

g44.jpg

「結構ガッツリ下るんだなぁ。。。」

でもこういう風景は嫌いじゃない

g45.jpg

ハシゴもあったりしつつ

ガツガツ下って行くと鞍部に到着!

g46.jpg

次のピーク”鬼岳”へと続く道が延びています。

「ヨシ!あのピークまで頑張るか!」

g47.jpg

と木道を歩いていくんだけど、、、

g48.jpg

気が付いたら”鬼岳”は巻いてしまったようだ

これも後で知ったんだけど”鬼岳”にも

登る道があったようですね。。。

この時は気にも留めませんでしたが。。。


そんな時、単独の外国人がやってきました。

「室堂ハ、チカイデスカ?」

「もうちょっとですよー」

「コノルートハUPDOWNが激シイデスネ」

「どっから来たんですか?」

「タロウゴヤカラ来マシタ!」

えぇぇぇー!!!

「スゴイですねー!」

と言うと、ハニカミながら颯爽と消えていきました。

この時はピンと来てなかったけど、後々この

凄さを実感するのでした


そして、

”鬼岳”を過ぎて、しばらく進んだ頃

「あ!もう1時間半経ちましたね~」

っという事で休憩にしましょう!

g51.jpg

おやつを食べながら景色を楽しむ。

g49.jpg

去年から今年にかけて、集中して歩いて来た

”船窪”方面を見ていると感慨深いなぁ。。。

「見えてる稜線が全て歩いた事あるなんて

    頑張って歩いた甲斐がありましたね~」

まぁ正確には”餓鬼岳”周辺は未踏ですが

g52.jpg

「そうですね~結構行きましたね~デュフデュフ」

北アルプスの中ではマイナーな山域だけに

山慣れた人しか居ないという印象かな。

g50.jpg

休憩してる、この辺りはちょうど”鬼岳”と”獅子岳”

の真ん中くらいだと思います。

「残り約2時間行ってみますか!」

g53.jpg

振り返って”鬼岳”を見ると

結構カッコイイ山なんだなぁ、と思いました。

g54.jpg

登山道は、歩きやすい登りになり

g55.jpg

休憩地点から約20分

1:01 獅子岳の山頂に到着!

g56.jpg

もうちょっと頑張れば山頂で休憩できたなぁ。。。

なんて思いつつ、ここは通過します。

g57.jpg

そして、

ここからが”ザラ峠”となります。

戦国武将”佐々成政”の「さらさら超え」が有名ですね。

真冬にここを超えて家康に援軍を断られ、同じ道を

戻ったという何とも切ないお話です。。。


それにしても、、、

zarakm.jpg

ガスってきちゃったなぁ。。。

「宮入さん!コレが雲海の正体なんですよ!w」

「おかしいなぁ、こっちに来るなって言っておいた

んだけどなぁ。。。」

「しまいには雨降らすんですよ?」

「それは嫌だなぁ。。。」

なんだコノやりとりwww


さてさて、

標高差約400mの下り、行ってみよう

g58.jpg

すぐに現れたクサリ場を下って行きます。

g59.jpg

クサリ場が終わると、今度はハシゴ。

g60.jpg

一気に標高を下げてくパターンのヤツや!


とその時

「あ!あれは五色ヶ原じゃないですか!?」

g61.jpg

さっきまで雲に覆われて、全然見えなかったから

この光景には二人とも

g62.jpg

さらにグングン標高を下げていき

”獅子岳”から約1時間

2:00 ザラ峠に到着!

g63.jpg

ここから”カルデラ”側が見えるはずなんだけど

ガスっててほとんど何も見えず・・・

うーーーん、歴史ロマンの話が無ければ

何でもない登山道かもね

って事で写真だけ撮って通過します。


”ザラ峠”の看板からは登りとなり

しばらくすると木道になりました。

g64.jpg

五色ヶ原も近い予感!

g65.jpg

やがて、

テン場への分岐が!

という事はあと15分だ

g66.jpg

五色ヶ原らしい景色を眺めながら

g67.jpg

えっちらおっちら木道を進みます。

g68.jpg

そして、

室堂から約5時間

2:20 五色ヶ原山荘に到着!

g69.jpg

「いや~疲れました、、、」

1日で歩く距離としては短いほうだというのに

もうヘトヘトになりました

というのも今回の山旅の為に仕事を調整したんだけど

それが響いちゃって出発前からグッタリだったのです

さらに5日分の食料も重かった、、、


まずは、ゆっくりする前にテン場の受付を。

g70.jpg

んで、

ようやくコイツにたどり着いたw

g71.jpg

カンパーーーイ

g72.jpg

ぷっは~~~

美味い!!!

っと言いたいところだけど・・・

寒い~~~

9月といえば、まだ暖かいはずなんだけど

今日は風も強くて、とにかく寒い、、、

g73.jpg

なかなか進まないビールを飲み干して

買い出しを済ませてテン場へ向かいます!

g74.jpg

木道を下って行く感じは”雲ノ平”に似てますね。

ポカポカ陽気なら、もっとキモチ良いんだろうな。。。


そして、

山小屋から約10分でテン場に到着!

g75.jpg

ガラガラなテン場は選び放題!

そんな中、トイレもほど近い優良物件がコチラw

g76.jpg

ちゃちゃっと設営完了!

g77.jpg

そして、

寝床の準備が整ったら宴会です

今日は僕がおつまみ担当を。

g79.jpg

野菜を炒め始めたところで

カンパーーーイ

g78.jpg

ウマーーーイ

寒いけど、さっきとは気分が違うぜ!


そうこうしてると出来上がりました。

本日のおつまみはヤキソバでーす!

g80.jpg

日中は行動食で乗り切ってきたので

炭水化物が美味しい

g81.jpg

気が付くと、

スッキリしなかった空も、雲が取れていました。

g82.jpg

こんな景色を眺めながらのお酒が

コレまた美味いんだなぁ。。。

g83.jpg

ビールから日本酒に変わり

二人とも酔い酔い


そういえば、

出発前の天気予報では明後日から下り坂になります。

予定通り”赤牛岳”まで行くなら、エスケープできるのは

ここ”五色ヶ原”しかありません。

「宮入さん、この先どうしますか?」

「うーーーん、雨は嫌だなぁ。。。」

g84.jpg

雨が嫌いな宮入さんと、なんとか計画を遂行

してしまいたい僕ですが、明確な答えが出ない

まま辺りは暗くなり宴会はお開きとなりました。。。


さてさて、これからどうなっちゃうんだろう?

まぁ、宮入さん次第ってところかな?

なんとか丸め込んで”五色ヶ原”を出発しちゃえば

コッチのもんだ( ^ω^ )

そんな事を考えつつ、いつの間にか眠りにつき

1日目は終了しました。。。



つづく・・・。





関連記事


【あけおめ^^】
5日分の食料はきっついよな~
お金があれば小屋で済ませて、最低限の食料にしたいなw
朝晩小屋で、昼の分と行動食だけとかね^^
でも、上で自炊するのが楽しいんやんね~
ほな今年も気を付けて&よろしゅうね^^
【謹賀新年☀】
明けましておめでとうございます🎍
いよいよ平成最後の年を迎えましたね。
昨シーズンは、一番良い時期に天候やら仕事の都合やらで泣かされた気がします😰 残り少ない平成を、、、そして新しい時代を、、、本年も宜しくお願いしますm(._.)m
それにしても この登山道に佐々成政の歴史ロマンがあった事など知りませんでした。新しい登山の楽しみ方ですね‼
おいらも新しい楽しみ方見つけようかな⁉
【yajiさんへ】
今年もよろしくお願いしまーす!

食料というか、おつまみが重いのかもしれないなぁw
年々豪華になってるので💦
確かにそれが楽しみだから良いんだけどね(^^)
【宮入さんへ】
今年もよろしくお願いしまーす!

ホント7月の取りこぼしが痛かったですね😢
それと宮入さんが白馬に上がってしまうので
中々難しいですね、、、
まー、今年もガシガシ登りましょうぞ✊
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<10 | 2019/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30