≪ 2019 10   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

”八峰キレット”レポの続きになります。


”キレット小屋”から”北尾根の頭”まで来た二人。

htm72.jpg

ガッツリ30分の休憩を終えて

11:29 北尾根の頭を出発!

htm73.jpg

”五竜岳”が大分大きく見えてきました。

地図によると、この先に危険な箇所があるようだ。

htm74.jpg

あの辺りかなぁ?

htm62.jpg

尖った岩場が、なにやら怪しいぞ。

ヨシ!気を引き締めて行ってみよう


まずは、梯子を下ります。

htm76.jpg

そして、

小さなピークを越えていくと

htm77.jpg

ザレ場に取り付きます。

htm78.jpg

「これは宮入さんの嫌いな道じゃないですか!」

「あぁぁ、自分苦手なんだよなぁデュフデュフ」

踏み出す度に、靴がズルっと下がるのが

どうにも心が折れるそうなのです。

htm79.jpg

その斜面を登って行きます

そこそこの勾配があるので頑張りどころかも

htm80.jpg

やはり宮入さんはキツそうでした・・・。


ザレ場を登りきると、今度はクサリ場が!

htm81.jpg

徐々に雰囲気が変わってきましたね。

htm82.jpg

いよいよ危険地帯に入ったようだ。。。

htm83.jpg

急な岩場があったり

htm84.jpg

そこそこの高度感があったりで

htm85.jpg

なんだか変なテンションになってきたw

これは面白い


登山道は、

一旦なだらかになった後ちょろっと下ったら、

htm86.jpg

急勾配のクサリ場に。

htm87.jpg

鎖を持つ手に力が入ります。


そして、

クサリ場から続く岩場を登りきると

htm88.jpg

「あれ~、ここがG5みたいですよ?」

htm89.jpg

「っという事は、危険個所は終わりですかね?」

何だか、思ったよりアッサリと通過できちゃったな。


G5から下ってきて振り返ると、こんな感じ。

htm90.jpg

ここで少しだけ普通の登山道になるが

すぐにクサリ場の登場です。

htm91.jpg

「まだあったのか、、、」

しかし、今日は岩場の連続なので

さすがに慣れちゃいましたけどね。

サラッとクリアして、ガレ場を進みます。

grytmegrb.jpg

それにしても、疲れたなぁ

G5の辺りからガスってきたので

先が見えないのが辛いところ。

そろそろ着くはずなんだけどな、、、

そんな事を考えつつ長いガレ場を登って行くと

rytemaep.jpg

1:54 山頂への分岐に到着!

htm92.jpg

「ようやく先が見えましたね、、、」

「もうかれこれ9時間を超えてますよ」

いや~ホント長いコースだこと

でも、ここまで来れば着いたも同然!

htm93.jpg

ザックをデポして山頂アタックへ

山頂までは約10分。

2:12 五竜岳の山頂に到着!

htm95.jpg

山頂には、たくさんの登山者で大盛況

そんな中で1枚撮ってもらいました。

htm96.jpg

五竜の


4年ぶりの”五竜岳”になりますが、前回は

絶景を楽しめたんですが、、、

htm94.jpg

青空もあるものの、展望はありません・・・。

休憩がてら少し粘ってみたけど、

諦めて戻る事にしました。

htm97.jpg

さてさて、

「あとは山小屋まで下るだけですね」

なーんて余裕こいてたんだけど

htm98.jpg

「こんな所ありましたっけ???」

結構スリリングな、

というか今回で1番緊張を強いられる

下山となりました

うーーーん、侮れんな、、、

htm99.jpg

岩場が終わると安全な道になり

やっとこさ、

3:00 五竜山荘に到着!

もう二人ともヘトヘトです

そんな二人に追い打ちをかけるように

テン場はギッチギチの満席状態・・・。

「コレ張る所あるんですかねぇ?」

とりあえず売店に行って相談に行くも、

htm100.jpg

「張れたらもう一度来てください」

という冷たいおねーちゃんの塩対応

「参りましたねぇ、、、」

ヘリの荷上場とかも埋まっていて、

色々と見て回り、何とか2張分見つけました!

htm101.jpg

宮入さんの場所は、まぁまぁかな。

一方、僕の所は酷かった

htm102.jpg

写真で見ると普通に見えるんだけど

近くに張っていた人から

「そこで寝れるの?」

と聞かれるほどの傾斜した場所でした。

「まぁ、小屋で寝るよりマシじゃないですかね」

なんて談笑しましたが、どうなる事やら、、、


そんなこんなで、どうにか今夜の寝床は

確保できたので一安心です。

さてさて、落ち着いたら次はやっぱコレでしょw

ベンチが満席なので小屋の前にて

htm103.jpg

カンパーイ

「しかし、今回も歩きましたねぇ」

「またまた10時間超えですもんねデュフデュフ」

CTでは1時間半以上のオーバーだったけど

まぁ、楽しく歩けたしヨシとしましょう!

それに、この長い時間歩いたのは自信に

なるんじゃないでしょうか


しばらくすると、

小屋の夕食の時間になったのかな?

ベンチが空いたので移動しました。

htm104.jpg

そんで調理開始!

htm105.jpg

まずはウインナー炒めから。

前は油を使わずに炒めてたんだけど

最近使うようになりました。

味は雲泥の差がありますね。

美味いです!

htm106.jpg

宮入さんは、パスタを。

htm107.jpg

途中から”野菜炒め”も加えて

なかなか豪華なおつまみとなりました

htm108.jpg

今日は風が強くて、稜線上にあるこのベンチ

はホント寒い

2時間ほど宴会をしていると日が落ちてきました。。。

htm109.jpg

「そろそろお開きにしますか」

明日は、遠見尾根で下山するだけなので

ゆっくりしようと思ってたんだけど、早朝に

荷揚げがあるそうで6時半には撤去しないと

いけません、、、

「まぁ仕方ないっすね。。。4時半起きで!」

こうして6時に解散して、超傾斜地のテントに

入ると何故かマッハで就寝

よっぽど疲れてたんだろうなぁ。。。




つづく・・・。





関連記事


【なぜ巻かない‼】
八峰さんを過ぎてからが長かった💦
五竜の手前にあったピークも全部踏まされた気がする( >Д<;)
ここら辺はだいぶ心が折れていました。
ならは巻いてくれないかと、、、

しかし、kitaさん‼
よく眠れましたね😪 あの傾斜地で、、、
まっ 幕営できただけでも奇跡かも❗
おいらは、、、TOKYOドームが邪魔でした。
【何故折れる!】
うーーーん、今年は調子が出ませんねぇ。。。
その原因が僕にあるとか、無いとかw
もう足は強くなってるはずなのでやはり
メンタル???

テン場はホント幕営できただけでも
良かったですよね。あの日の小屋は
相当混んでいたので眠れなかった
でしょうね・・・。
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<10 | 2019/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30