≪ 2019 10   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

七倉縦走レポ二日目になります。

2017年8月20日(日) のち


昨夜は強い風が吹き、夜中に空を見たら

厚い雲に覆われていました。。。

そんな中だったけど、

フラットなテン場のおかげでグッスリ眠れました。

3:00起床。

とりあえずコーヒーを飲んでダラダラして

からの朝食です。

僕は、

ffnk1.jpg

”ビバークレーション”のお茶漬け味を。


宮入さんは

ffnk2.jpg

親子丼かな?


ご飯を食べ終わって、外に出てみると

ffnk3.jpg

槍、穂高がクッキリ

昨夜はどうなる事か、と思ったけど

これにはビックリしました。

今日は期待できるんじゃないの~


そして、 

テントを撤収しパッキング完了!

ffnk4.jpg

今日の行程は、船窪岳~不動岳を通って

烏帽子小屋まで歩きます。

CTで7時間50分。

健脚自慢の人でも、なかなかCTを詰められない

なんて話も聞きます。。。

「まぁ笠の時よりはマシでしょう」

ああいう経験は、こういう時に自信になりますね。


さーて、

今日も元気に行ってみよう

5:04 船窪テン場を出発!

ffnk5.jpg

まずは、ちょっと登ります。

ffnk6.jpg

すると、

ffnk8.jpg

昨日は見えなかった”立山”がドーン!

うおーーー!!!


さらに、視線を右に移すと

ffnk9.jpg

”剱岳”がドーン!

いや~朝からイイもの見れたぞー


そこから下りが始まります。

「あぁぁ、もう下るんだ、、、」

ffnk10.jpg

草付きの道は一見安全に見えるけど

良く見ると、落ちたらタダじゃ済まなそう、、、

そんな感じの道を進んで行きます。

ffnk11.jpg

やがて、

蓮華岳のほう明るくなってきました。

ffnk12.jpg

下りから一転、登りに変わり

針ノ木への分岐を通過。

ffnk13.jpg

分岐から20分ほど登ると

5:51 船窪岳に到着!

ffnk14.jpg

ここまで、大体CTで来ました。

ヨシヨシ、順調だ

ここまでは、そうここまでは、、、


「まぁ、ちょろっと一服しときますかね」

景色を眺めながら軽めの休憩を。

ffnk15.jpg

眼下の”高瀬ダム”と槍穂高がイイ感じ

あのダムをグルっと回るわけですな。

こういう周回コースは、なんかワクワクしますね


さて、先に進みましょう。

ffnk16.jpg

船窪岳からは、また下りです。

ffnk17.jpg

なんだか、さっきより危険度が上がってる?

とにかくガッツリと下っていきます


そして、

ffnk18.jpg

うほーーー

ffnk19.jpg

不動沢のほうに落ちたらあの世行きだ・・・

ffnk20.jpg

ロープを頼りに慎重に渡っていきます。

「意外とデンジャーな道が続きますねぇ、、、」

無事通過するも

ffnk21.jpg

気が抜けない場面が次々と現れる、、、

ffnk22.jpg

それでも、梯子やロープで良く整備されています。

ffnk23.jpg

こっちも”船窪小屋”の管轄なのかな?

ffnk24.jpg

アトラクションみたいで楽しい


そして、

下りが終わり、正面に”不動岳”を

見ながら水平な道を進む。

ffnk25.jpg

すると、今度は登り基調に。

fnkbnbrkch.jpg


ロープを使ってえっちらおっちら

ffnk26.jpg

登りきった所に、ちょっとしたスペースが!

丁度、出発して1時間半が経ったので

ここで休憩する事に。

ffnk27.jpg

しかし、ホント人が少ないルートだなぁ。

今日は、まだ二人しか会っていません。

この時期なら人気の山は賑わっているでしょう。

おかげで気兼ねなく何処でも休めちゃうケドw

ffnk28.jpg

20分ほどの休憩を終えて出発!

ffnk29.jpg

景色に目を向けると、

ffnk30.jpg

表銀座が見て取れます。

「あれって燕岳ですかねー?」

「って事は、アレ蛙岩かな?」

こんなに離れていても蛙岩は分かるなw

西岳がどれなのかがイマイチ分からないが・・・。


そして、

登山道は、またロープのエリアに。

ffnk31.jpg

地図にも記載されてるけど

ロープの箇所がホント多いな、、、

ffnk32.jpg

こうして、登り切った所で

7:30 船窪岳の第2ピークに到着!

ffnk33.jpg

うわ、CTを20分くらいオーバーしとる・・・。

ちょっと休み過ぎたかな

まぁ、よかんべ

さっき休んだので、ここは通過して

怒涛の下りに突入します!

ffnk34.jpg

下る下る

ffnk35.jpg

「いつまで下るんでしょう?」

そんな会話がでるほど下って行くと

ffnk36.jpg

”不動岳”が、こんなに大きく見えました!

「おー、大分近くまで来ましたねー」


さらに下って行くと、鞍部らしき所に着きました。

ffnk37.jpg

この辺りから”不動岳”の懐に入ったかな?


そして、

右手に目を移すと”黒部湖”が見えてきました。

ffnk38.jpg

振り返ると、今朝出発した”船窪小屋”方面も。

ffnk39.jpg

「あの崩落してる辺りが水場って事ですよね?」

「あー、多分そうだぁデュフデュフ」

こう見ると、やっぱりスゴイ所にあるんだな、、、

怖い怖いっ


登山道は、朝から続いた気の抜けない感じ

から安全な樹林帯エリアに。

ffnk40.jpg

道端にはお花も。

ffnk41.jpg

写真を撮ったりしつつ

ffnk42.jpg

進んで行くと、開けた所に出ました。

ffnk43.jpg

さっきの休憩から、いつの間にか

1時間半以上経っている。。。

お腹も空いたし、見晴らしも良いので

ここで休憩としますか。

ffnk44.jpg

最近マイブームの”カレーパン”を食す。

ffnk45.jpg

バータイプのお菓子は、口の中が甘々になって

何か飽きてしまったのです。

その点、カレーパンの塩気はたまらん


休憩しながら正面の”七倉岳”方面を見ていると

宮入さんが”船窪小屋”を発見!

ffnk46.jpg

その”船窪小屋”にズーム

ffnk47.jpg

「おー!見える見える!」

さらに宮入さんのミニ双眼鏡で見ると

テーブルまで確認できました。

「うめちゃん出てこないかなぁ。。。」

と思って見てたけど、誰も現れませんでした


さて、

次に目指している”不動岳”へは”船窪小屋”から

4時間と言われてますが、すでに4時間経って

しまいました。

「まぁ、到着できれば良いですよね」

もう何かを諦めたかのようなこの会話w

なんか”笠ヶ岳”に似てきたな・・・。


さぁ、行ってみましょうか

ffnk48.jpg

と歩き始めたものの、このエリアも

アップダウンを何度も繰り返します・・・。

このアップダウンが効いてきちゃったかなぁ、

次第に宮入さんのペースが落ちてきました

ガンバレ宮さん


おまけに雲も出てきて

ffnk49.jpg

”薬師岳”は雲の中か、、、

ffnk50.jpg

”五色が原”は、なんとか持ちこたえてますね。


そして、

アップダウンが終わると、登り一辺倒に。

木の根が、なんとも邪魔なエリアだ・・・。

ffnk51.jpg

そこを登り切ると今度は

岩壁が待ち構えています。

ffnk52.jpg

鎖も付いてるので問題無しかな。

ffnk53.jpg

サラっと岩場をクリアしたら

森林限界を超えたようですね。

ffnk54.jpg

明るい開けた景色になり

ffnk55.jpg

ハイマツの中を進んで行くと

ffnk56.jpg

やっと着いたぁぁぁ

10:30 不動岳に到着!

ffnk57.jpg

ふ~~~

疲れたなぁ、、、

ffnk58.jpg

今朝、歩き出してから5時間半が経ちましたが

いつもの縦走と違って、ウンザリするほどの

アップダウンが効いてきました

ちょっとグッタリ気味

ffnk59.jpg

しかし、昨日は”船窪小屋”から”不動岳”を見ていたんだ

けど今は、こちらから”船窪小屋”のほうを見ている。

「よく歩いて来たもんだなぁ。。。」

そんな会話をしながらマッタリしました。


ここでは30分くらい休んだかな。

「そろそろ行きましょうか」

ffnk60.jpg

さーて、後半戦も頑張るぞー





つづく・・・。






関連記事


【お陰様で寝不足です😪】
ブログupお疲れ様です。

Kitaさん💦
ボンミスですよ😅
我々が向かったのは針ノ木小屋ではなく
烏帽子小屋では⁉
疲れているんですよ! きっと、、、
あちこち行ってブログもたまってしまって、、、
おいらも一応 地図を確認してみました(^o^;)
多分、烏帽子小屋が正解だと思います。

これに懲りずに続きを楽しみにしています\(^_^)/
それにしてもキツかった、、、
【あちゃーーー、、、】
ホントだ、全く気が付かなかったe-263
直しておきます!
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<10 | 2019/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30