≪ 2019 10   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

仙丈ケ岳&甲斐駒ケ岳レポ二日目になります。


1日目は、無事に”仙丈ケ岳”を登頂した一行。

ところが夜に確認した2日目の天気予報は

最悪の90%の雨というものでした。。。

そんな訳で目覚ましは使わずに朝を迎えます。


5:00頃 起床。

もっと寝ていたかったんだけど、そこはテン場。

早出の人もいるのでしょう、それなりに

ガヤガヤとしてきて目を覚ましてしまいました。。。

時計を見て、まだ早いかな?

なーんて思っていたら

「今日仙丈ケ岳登ったら最高だろうね」

という声が聞こえた・・・。

え?

またまた~、何を言ってるんだか、、、

そんな訳ないじゃん!

と思いつつもフライをめくってみると、、、

ssek1.jpg

激快晴

なんで???

ビックリして、大急ぎで売店に向かってみると

天気予報は晴れに変わっているのでした。

正確に言うと3時までは大丈夫な感じですが。

コレはどうしたもんか?

正直、気持ちは”ソースかつ丼”に傾いて

いたので何故か悩む

とりあえずテン場に戻り、みんなを起こし

「なんか晴れるみたいですが、どうしましょう?」

と聞いてみると

「それならサクッと登っちゃいましょう!」

との返答が。

ヨッシャー!そんなら登ろうじゃないか

ここからは大急ぎで準備開始!

ssek2.jpg

他の人達も、同じことを考えていたみたいで

テン場は慌ただしい雰囲気になってきました。

ssek3.jpg

チャチャッと朝食を。

ssek4.jpg

↑昨日ナス料理になるはずだった味噌汁(笑)


そして、

なんとか目標の7時前に準備完了!

ssek5.jpg

しかし、問題は北沢峠のバスの最終は4時。

今日の行程はCTで5時間。

一見余裕がありそうだけど、意外ときわどい。

「今日は時間との闘いですね」

ホント、のんびりしてたら帰れないゼ!

今日はとにかく巻きで行きまっしょい

ssek6.jpg

小屋でトイレを済まして

ssek7.jpg

ヨーシ行ってみよう

7:00 山小屋を出発!

ssek8.jpg

”甲斐駒ケ岳”までは”仙水峠”のルートを選択。

ssek9.jpg

慌ただしい朝だったけど、歩き始めると

なんだか落ち着いてきました。

ssek10.jpg

静かな森の中を進んで行きます。

ssek11.jpg

やがて、

ssek12.jpg

7:24 仙水小屋に到着!

ほぼCT通りですね。

ssek13.jpg

ここは、そのまま通り過ぎ先へ進みます。


そして、

”仙水小屋”から10分もしないうちに

ssek14.jpg

開けた所に出ました。

ssek15.jpg

うおぉーーー!

なんかスゴイな


ssek16.jpg

青空も出ちゃってるし

振り返れば”仙丈ケ岳”だし

ssek17.jpg

まさか天気予報が、ここまで変わるとはなぁ。。。

そんな事を思いながら、ここの景色を

楽しみながら歩きていきます。


やがて登山道は谷筋に入り

ssek18.jpg

登りつめると

7:56 仙水峠に到着!

ssek19.jpg

CTを10分くらい短縮で来れました!

まだ休憩には早いんだけど、登山者で賑わう

この休憩スポットにつられて休む事に。

ssek20.jpg

空の大半は曇ってるんだけど、

こんなの見れると思ってなかったから充分です

ssek21.jpg

おやつ食べたりしながら約15分。

残り3時間の行程に向けて出発!

ssek22.jpg

”仙水峠”からは、ちょいと勾配がキツくなります。

それにしても、昨日の”仙丈ケ岳”といい

ここの樹林帯の雰囲気といい、とても

イイ感じの山だなぁ。。。と思います。


そんな中、

カチョーの様子が怪しくなってきました・・・。

kaikomakach.jpg

昨日の下りから痛み出した膝が

段々きつくなってきたようです

ssek23.jpg

少しペースを落としながらも

ぽっちら~ぽっちら~

標高を稼いでいきます。


やがて、

ちらほらと展望がきくようになってきました。

ssek24.jpg

さらに進むと

ssek25.jpg

コレは、もしや甲斐駒?

この時は確信が持てずにいたんだけど

ただならぬ迫力の山容に心躍ります。


そして、

登山道の勾配はさらに急となり

ssek26.jpg

森林限界を超えると

9:42 駒津峰に到着!

ssek27.jpg

仙水峠からぴったりCT!

カチョー、頑張りましたね

ssek28.jpg

ここからは”甲斐駒ケ岳”がバッチリ見えます。

何だか近そうだけど1時間半かかるようです。

さて、ここで休憩入れときましょうか!

ssek29.jpg

休んでる間にも、一面ガスに覆われて視界が

無くなったり、また晴れ渡ったりと

目まぐるしく空模様は変わっていきます。

どうやらスカッと晴れた!という訳には

いかないようだ・・・。

ssek30.jpg

短めの休憩を終え、いよいよ山頂へ向かいます


登山道は、さっきまでと打って変わって

岩々した道に変わります。

ssek31.jpg

どんどん大きくなる”甲斐駒”

ssek32.jpg

アガルな

ssek33.jpg

ちょっとした鎖場があったりしつつ

ssek34.jpg

進んで行くと”六方石”があり

ssek35.jpg

通り過ぎた辺りで

巻き道コースと直登コースの分岐に。

ssek36.jpg

さて、

どっちに行きましょう?




つづく・・・。





関連記事


【ソースカツ丼🍜】
ガシガシupされてきますね~\(^^)/
お疲れ様です!

おいらは、仙水小屋を過ぎてから仙水峠の手前にあった、
岩ゴロゴロゾーンの小さな日本庭園風の景色がとても印象的でした。
甲斐駒ヶ岳>ソースカツ丼で良かったとつくづく思います。

ところで、どっちに行ったのか?続きが楽しみです🎵
【まだまだ〜】
この山行のアップが終わっても
あと三回分あるんです、、、
急がねば!

日本庭園みたいなの、ありましたね〜
すっかり忘れてましたi-230
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<10 | 2019/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30