≪ 2019 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2020 01 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

両神山(百名山 標高1723m)

                    2017年6月7日(水) 

年が明けて気が付けばもう6月、、、

2月に”飯綱”には登ったものの、これは

ちょいとよろしくない状態ですな。。。

まぁ、カチョーにあんな事件が起きなければ

何処かには登っていたのかな?w(ドンマイ!)

そうこうしていると宮入さんは”白馬山荘”に

仕事に行ってしまうので、とりあえずアップで

一発登っておこう!となりました。

そこで今回は埼玉県にある”両神山”にしました。

数あるルートから、一番メジャーと言われる

”日向大谷ルート”を選択。

結構険しい山、という印象ですが

どんな感じでしょう?


まずは、前夜。

9:00に某駐車場で待ち合わせして出発!

長野道から関越道へと車を走らせます。

途中で買い出しを済ませ、最後の山道に入ると

シカやら狸、さらにテンまで現れ

「なんかスゴイ所に来ちゃったなぁ、、、」

なんて言いながら12:00頃に

登山口の駐車場に到着しました。

真っ暗で人気の全くない駐車場は

「何か出そうっすね、、、」

って雰囲気がして結構怖い

そんな中、お決まりの前夜祭を2時間ほど

楽しんでから就寝。。。


そんなこんなで当日。

目覚ましは6:00にセットしておいたのに

5:00頃、馬鹿でかい声のマダム軍団の声で

起こされてしまいました

何となく車から出てみると

rkm1.jpg

「こんな感じだったのかぁ。。。」

車中泊した駐車場の上に”両神山荘”が見えます。

rkm2.jpg

なるほどなるほど。


それにしても眠い、、、

あんな宴会した結果なんだけど

ヤメラレナイんだから仕方ないw

「こんなに眠いの無かったですよねぇ、、、」

なんて言いながらダラダラしている僕とカチョー

をよそにモリモリ朝食を摂る宮入さん、、、

rkmmiya_20170618222016367.jpg

やっぱり強いなぁ

うーーーん、参った、、、

全く食欲が無いんだけど

rkm3.jpg

そこは義務で、なんとか完食!


そして、

ここで市営バスの運転手さんと少し話をした

んだけど、その中に衝撃的な事実が、、、

「八丁尾根コースのほうが面白いのに

        なんでコッチに来たんだい?」

な、何だって???

どうやら、両神山が険しいと言われてるのは

”八丁尾根”の事で、”日向大谷”は

危険個所はほとんど無いらしいのです。

やべぇ、、、

やっちまった、、、

今年は”ジャンダルム”に向けて岩を中心に

登りたいと思っていたのに

日々の生活に追われて雑な下調べが

露呈してしまいました。

「まぁ、良いんじゃないですか?」

とみんなに励まされつつ

準備を進めるのでした。。。

rkm4.jpg

車を上の駐車場に移動して”両神山荘”へ。

コチラで駐車料金を支払います。

rkm5.jpg

そして、

全ての準備が整ったところで

rkm6.jpg

7:45 両神山荘を出発!

rkm7.jpg

さてさて~、今年シーズン開幕の

一発目です。張り切って行きましょう

rkm8.jpg

山頂までは距離で5.6km、コースタイムは

3時間30分と、まぁアップには持って来い

な設定ですな。

標高差が1050mっていうのが、ちょいと

気になるが。。。


入山すると、すぐに鳥居があります。

rkm9.jpg

安全を祈願してお参りを。

rkm10.jpg

そして、

登山道は杉の中を進んで行きます。

rkm11.jpg

途中、

rkm12.jpg

こんな所もあったけど基本

なだらかな道が続きます。

が!

rkm13.jpg

そのなだらかな道の左側は、よく見ると

スッパリと切れ落ちていて、うっかり落ちたら

大怪我は免れないでしょう、、、

rkm14.jpg

足元に注意しながら進み

”七滝沢コース”の分岐を直進します。

rkm15.jpg

植生がブナ林に変わり

なんだか良い雰囲気になってきました。

rkm16.jpg

今日はいまいちパッとしない天気だけど

久しぶりの山はやっぱり良いんだよなぁ。


何度か沢を渡りつつ進んでいくと

rkm17.jpg

存在感アリアリの仏像が。

rkm18.jpg

ちょっと面白い写真になれば良いなぁ。。。

と思って撮ってもらったんですがイマイチ

そこで真打登場!

rkm19.jpg

さすがッス!!!


さらに行くと、

9:13 八海山に到着。

rkm20.jpg

登山口から1時間半経ちました。

休憩したいタイミングなんだけど”清滝小屋”

までは残り約30分。

「もうちょい頑張りますか!」


そして、

登山道は地図に書いてある通り

”八海山”から急登に。。。

rkm21.jpg

汗が噴き出してくるんだけど

それがまた気持ちイイ


そんな感じで30分、

この頃から頻繁に時計を見だします。

「そろそろ着く頃なんだけどなぁ。。。」

「タイム設定は辛めなんですかねぇ?」

そんな会話してたら

9:47 弘法之井戸に到着。

rkm22.jpg

ここが地図でいうところの水場かな?

という事は、もうちょっとだな。


そして、

さらに10分くらいすると

10:00 清滝小屋に到着!

rkm23.jpg

いや~着いた着いた

結局コースタイムより10分オーバー。

うーん、確かにユックリ歩いて来たけど

休憩無しで来たのになぁ。。。

「こりゃ、少し辛めですね」

この先もきっとコースタイム通りだな、きっと。


さてさて、

まぁとりあえず休憩としましょう!

小屋の脇を進むと、屋根付きの立派な

宴会場?がw!

rkm24.jpg

わお!こりゃスゴイな

rkm25.jpg

水もあるし雨が降っても大丈夫、という

なんとも親切なベンチでゆっくりします。

rkm26.jpg

ココは気に入ったぞ。

そこで、みんなに提案してみました

「荷物をココにデポして空身で山頂行きませんか?」

すると、

「おぉぉぉ~イイですね!」

満場一致で決定しました!

御昼ご飯はちょっと遅くなりそうだけど

山頂は狭いらしいし、なかなかの名案かもw

rkm27.jpg

そんな訳で、30分ほど休憩をして

10:38 清滝小屋を出発!

ここからは空身だから楽勝だぜ!

なーんて思ってたけど意外とキツイ、、、

rkm28.jpg

危険な箇所は全くと言っていいほど

無いけど鎖場はちらほら。

rkm29.jpg

こんな人工物もありました。

rkm30.jpg

「これは過保護でしょう、、、」

最初に見た時はそう思ったけど、上に登ってみると

「こりゃ足場が無いと厳しいっすな、、、」

と思いました。。。


そして、

清滝小屋から約50分。

11:28 両神神社に到着。

rkm31.jpg

一枚撮っておきましょうか!

いきますよー!パシャ

rkm32.jpg

こんな写真だらけですw


両神山は信仰の山だったようで、道中も石像

がいくつもありましたね。

rkm33.jpg

「このキツネ可愛い顔してますね~」

なんとも愛嬌のあるキツネだこと。

と思っていたんだけど、後で調べたら

これは狛犬で、しかも日本狼なんだそうです。

日本狼っていうのは珍しいようです。


さて、

ここまで来ればあとちょっと

rkm34.jpg

しばらくなだらかな道が続き

rkm35.jpg

この鎖場を登って行くと・・・

あれれ?

rkm36.jpg

まさか!カチョー!?

みたいな写真が撮れたので掲載w

そういえば今日は調子が良さそうですね

rkm37.jpg

さきほどのロープを登りきると

見晴らしの良さそうな所に出ます。

今日は曇っているのでイマイチですが。


そこからのトラバースがねぇ、、、

rkm38.jpg

なかなか、、、

rkm39.jpg

どうでしょうか?

全くホントに危険個所じゃないけど

高度感みたいなの出てるかな?


そして、

rkm40.jpg

木道を進み

rkm41.jpg

鎖場が終わると

rkm42.jpg

着いたー!!!

12:00 両神山の山頂に到着!

rkm43.jpg

うーーーん、なるほど、、、

「今回は展望が無くても、そんなに

        ショックじゃないでしょうね」

登る前はそんな会話もあったけど

実際来てみると、物足りないなぁ。。。

やっぱり晴れに勝るものは無いな


とは言え、ここは百名山!

記念撮影いっときましょう!!!

rkm47.jpg

イエイ

rkm48.jpg

やったね!また一つ百名山ゲットです

rkm45.jpg

お腹も空いてきてたんだけど

せっかくココまで来たので休憩を。

rkm46.jpg

この山頂エリアですが、噂通り狭いです。

が、平日だったら手前にあったベンチとか

ちょっとしたスペースがあったのでお昼ご飯は

食べられたかなぁ?と思いました。


一服したりしながら約30分

さて、そろそろいきましょう

rkm49.jpg

12:33 山頂を出発!

rkm50.jpg

来た道をガシガシ下っていきます

rkm51.jpg

「これって時間短縮できないパターンですね」

そうなんです、

もうちょっと岩っぽいとペースが上がる

んだけど、こういうのはダメなんだよねぇ。。。


そして、

コースタイム通りに50分

1:23 清滝小屋に到着! 

rkm52.jpg

まぁ、とりあえず恒例の

カンパーーーイ

rkm53.jpg

やっぱ美味い

軽くおつまみ作りながらプチ宴会を

楽しんでいるとポツリポツリ

「うわー当たってきたぁ、、、」

結構粘ってみたけど、降りが強くなってきて

屋根の下に移動を

rkm54.jpg

おかしいなぁ。。。

今日は雨は無いはずだったのに。。。

でも、この屋根付きのベンチには救われましたね。

P6070256.jpg

期限切れの岳食とスープで昼食を。


この時、ちょっと面白い事が起きます。

鍋をコンロに乗せた宮入さん

次の瞬間、”ヨーグリーナ”をトクトクトクと・・・

「宮入さん!それヨーグリーナですよ!」

「え?、、、でもイイよ」

「いやいやいや、それジュースですよ!」

ペロッとすると

「甘い・・・」

どうやら水と間違えて買ってしまったようです。

透明なので紛らわしいんだけど、それでも使おう

とした宮入さんが笑えましたwww


食後ものんびりと過ごして

雨も小雨になってきたところで

2:50 下山開始!

rkm55.jpg

「遅くても4:30には着くでしょう~」

ノンストップで行ってみよう

rkm56.jpg

濡れた登山道は歩きにくく

ペースはボチボチって感じ・・・

rkm57.jpg

標高が下がってくると、道が濡れた形跡

がありませんでした。

降ったのは上だけなのかな?


とにかく、ひたすら下って下って

「お!着いたーーー!」

rkm58.jpg

4:16 両神山荘に到着!

rkm59.jpg

カッパ着用のまま、ここまで来たので

もう汗だくのゴールでした

rkm60.jpg

そして、  

帰りは雨の中、長ーい道のりを長野まで走らせ

”両神山”の遠征登山は無事終了しました。


今回は、せっかくの遠征だったのに目的と違う

内容になってしまってチョット残念だったけど

準備運動としては最適な山でした。

なかなか遠いので、また今度っていうのも

難しいんだけどいつかは”八丁尾根”からも

登ってみたいですね。


さて、次はテント泊ですかね。

今年も山>仕事で登るぞー!



関連記事


【45年前の、、、 あの事件!!】
ブログUpお疲れ様でしたm(__)m
白馬山荘で缶詰め生活をしているおいらには一時の癒しになりました\(^o^)/
ブログを見返すと色々と勉強になります。
狐が日本狼だったとは、、、
改めてKitaさんの調査力には感心させられました。。。脱帽!!
【白馬山荘でのお勤め】
ご苦労様です。
毎年ですが、羨ましく思っています。

狛犬の件はたまたま目についちゃった
って感じですよ。
しかし、完全に狐だと思ってましたよねw
【無事、刑期を終えて、、、】
皆様には、色々とご迷惑をお掛けしましたが
無事、出所しまして普通の生活に戻れました!
久しぶりの岳、中々楽しかったですね。
少し遠いと思いましたが、贅沢なのでしょうね?
さて、次は来週!ピーカンを祈りつつ楽しみましょう❗️
【中々楽しかった(笑)】
ホントそんな感じでしたね。
ゆるーいアップより、あれくらいの方が
良いと思いました。

さて、来週ですね!
晴れてくれませんかね〜
【ら・来週???】
間に合っちゃうかも知れませんねぇ〜
ひょっとしたら来週早々下れるかも?
因みにヨーグリーナは水です 水!!
【火、水曜ですよ!ハリアップ!】
何か宮入さん、意地になって
ヨーグリーナ3L担いで行きそうですね(笑)
黒部五郎の時のように…
【アップお疲れ】
ガッツリ、1日がかりの登山やね
登り始めとかは愛宕山に雰囲気が似てる
岩場はないけどねw
俺は何もしてないから、夏のテン泊大丈夫か心配ですw
荷物を軽くするため、俺だけ小屋に泊まってもいい?(えw
【yajiさんへ】
まぁ、ガッツリ登山だよね。
愛宕山と似てるんだ〜
秩父山域は、こういう雰囲気あるかな。

そんで、夏の登山はテント限定です!
重い荷物は宮入さんが持ってくれるから
心配無用だよ!
【ひひ】
まあ自分の荷物は自分で持ちますよ^^b
【どすこい!】
Yajiさん!!
おいらの荷物はカチョーが引き受けてくれるはずだから・・・
安心して任せておくれ(^^)v
【結局】
それは1周するって事ですよねw
【ハッ💦】
やはり、、、
お気付きなられましたか💡
【ドスコイ!】
おいらの荷物は宮さん持ちで!
一周ではなく、残念でした?
これで、荷物は解決⁉️
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<11 | 2019/12 | 01>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -