≪ 2019 10   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

穂高縦走レポの最終回になります。

ちょっと長くなりますが、勘弁を


hht49.jpg

紀美子平から前穂の山頂に到着した二人。


まずは、記念撮影を

hht50.jpg

イエイ

「いやいや、ついにやっちゃいましたね!」

これで穂高はコンプリートしました!

うーーーん、スゴイ達成感だ

mehsncho.jpg

余韻に浸りながら景色を眺めていると、

え?

hht51111.jpg

えええ???

hht52.jpg

「あんな所に人が居るー!」

コレは北尾根ってヤツじゃないですか?

丁度、最後の2峰を降りるところでした。

うーーーん、スゴイな、、、

とてもじゃないけど真似できません


それはそうと、

山頂からの景色は、やっぱり最高でした

hht53333.jpg

でも、昨日から絶景ばかり見ていたせいで

「なんだか見慣れちゃいましたね、、、」

なんて話してましたw

人間というのは、ホント困った生き物だなぁ


そして、

広い山頂エリアを、あっちに行ったり

こっちに行ったりと散策したりして

hht54.jpg

なんだかんだで40分くらい経っていました。

「これで後は下るだけかぁ、、、」

何だか名残惜しい感じだけど

10:36 山頂を後にします。

hht55.jpg

ウチらが出発すると、すぐ後ろに先程の

クライマーのツアーの方々が降りてきて

カップル→ウチら→クライマーの順に。

そのガイドさんが後から、やたら煽ってきて

イヤな感じです、、、

「なんだよ、詰まってるの見えるでしょ?」

と、思っていたらカップルさんが譲ってくれたので、

こっからは、少し飛ばしました

空身の僕たちを舐めてもらっちゃ困ります!

あっという間に置き去りにして差し上げました

hht56.jpg

「絶対抜かせたくなかったんですよねぇ」

と、珍しく宮入さんもご立腹だったようですw

しかし、感じの悪いツアーガイドだったなぁ。。。


そして、

10:48 紀美子平に到着!

ここでも、のんびり一服したりして

hht57.jpg

11:05 紀美子平を出発!

もう危険な場所は無いんじゃないか?

と思っていたのにトンデモナイ

hht58.jpg

岩場を回り込むように降りていくと、

『スリップ注意』と書かれた鎖場が!

hht59.jpg

このスラブ状の岩が滑る滑る

「こりゃ曲者ですねぇ、、、」

どんなに注意してても滑るんです、、、


その後も、

まだまだ岩場が続いていきます。

hht60.jpg

「しかし、重太郎新道は手強いな・・・」

岩場自体はどうって事ないんです。

だけど、ここまでの行程で神経をすり減らして

いる上に滑る岩が脳裏にしっかり刷り込まれ

「これも滑るんじゃないの?」

と、もう岩が信用できないのです。

そんな訳で、さっぱりペースが上がらない、、、

でも、ここまで来てケガなんてしたくない

のでとにかく慎重に、慎重に。。。


こんな所もありました。

hht61.jpg

見た目はヤバそうだけど、実際は

全然余裕でしたけどね


さらに、まだまだ下っていきます

hht62.jpg

”雷鳥広場”を過ぎて

hht63.jpg

鎖場やら

hht64.jpg

梯子やら、、、

はぁ、こりゃキツイ、、、

「もう足がガクガクですよ・・・」

この辺りだったかな?

『下りで事故多し』

の看板を見かけましたが

スゴイ分かるわぁ。。。

集中力が持たないもの、、、

重太郎新道、恐るべし!


そして、

jutaro.jpg

岩場が終わり”岳沢小屋”が見えた頃、

「あぁぁ、、、もう限界、、、」

丁度、休むのに持って来いな場所が

あったので休憩とさせてもらいました。

hht65.jpg

「はぁ、、、ホント疲れた、、、」

ゲンナリしている僕とは対照的に

元気な宮入さんにビックリです

jtrsnd.jpg

この景色も、そろそろ見納めかな?

最終日で、この景色を見れている事に

感謝しつつ20分くらい休みました。


疲れた体にムチ打って、出発!

「山小屋に着いたらメシにしましょう!」

コレを楽しみに、もうひと頑張りだ

hht66.jpg

”カモシカの立場”を過ぎると

hht67.jpg

草付きの道となり、ジグザグに下ると

『キャンプ地ここまで』の看板まで来ました。

hht68.jpg

「ここってテン場って事じゃないっすか?」

っという事は山小屋は近い!

hht69.jpg

次々に現れるテントサイトを通り過ぎ

「見えたーーー!」

hht70.jpg

足はガクガク、お腹はペコペコの状態で

やっとこさ着きました、、、

hht71.jpg

12:42 岳沢小屋に到着!

hht72.jpg

「いや~疲れた、、、」

ザックを降ろして、速攻で売店にGO

そして、何故か、、、

カンパーイ

hht73.jpg

美味し


しばらくすると、

一緒に注文したカレーも来たので

「んじゃ、一枚いきますよー」

チーズパシャッ

hht74.jpg

ドロッ、、、?

hht75.jpg

カレー垂れてるがな

ズボンにまで垂れてしまって

プチ大惨事

こんなハプニングもありつつ

お腹は満たされました。

hht76.jpg

さて、

上高地までは約2時間となります。

元気も取り戻したところで、

「よーし!ラスト頑張りましょう!!!」

1:42 岳沢小屋を出発!

hht77.jpg

樹林帯から始って

やがて、岩ゴロの道になります。

徐々に走っているかのような感じになり

hht78.jpg

どんどんペースが上がって行きます

hht79.jpg

河原に出たり

hht80.jpg

眼下に上高地が見えたりと、

まぁ、無心に下って行きました。


そして、

岳沢小屋から約1時間。

2:39 登山口に到着!

hht81.jpg

「早かったっすね~」

ホント、あっという間でした


ここで軽く休憩を入れて

hht82.jpg

観光客に紛れつつ遊歩道を歩きます。

hht83.jpg

池に寄り道して写真を撮ったり

hht84.jpg

「さっきまで、あの辺に居たんですね~」

なんて言いながら景色を眺めたり

hht85.jpg

プチ観光気分を味わいながら

河童橋を通過して

3:22 上高地バスターミナルに到着!

hht86.jpg

ここではお土産を買ったりしてから

最後はタクシーにお世話になりました。

バスでも良かったんだけど並ぶのも

もう嫌になっていたのでw

hht87.jpg

そして、

ようやく車まで帰って来れました。

あぁぁぁ、疲れた、、、

もう精魂尽き果てたって感じ、、、

hht88.jpg

車に荷物を積んだ時は、いつも思うんだけど

「あぁ、もう歩かなくて良いんだ、、、」

とホッとするんだよなぁ。。。


そして、

沢渡からは、どこにも寄らず長野市まで帰り

穂高縦走は無事終了となりました。



ふ~~~、

生きて帰って来れて良かったなぁ。。。

まずは、コレに尽きます。

家族に心配をかけながら遊んでるので

やっぱり無事に帰るのは大事なのです。

それにしても、

初めての穂高だったんだけど、

人気があるのが良く分かりました。

景色は申し分無いし、迫力の岩稜地帯を

歩いた達成感も他の山域とは一味違います。

しかも、今回は三日間を通して晴れだったの

がデカイ! 絶景をお腹いっぱい味わいながら

最高の縦走ができました。

ただ、ちょっと慎重になりすぎて純粋に

楽しめたのか疑問が残りますが、もう勝手

が分かったので大丈夫かと思っています。

そして、

大きな目標だった”穂高”も登っちゃったし

次なるターゲットは”ジャンダルム”ですかね!

西穂~奥穂までは日本の一般ルートで

最難関と言われてますが

是非、来年チャレンジしたいな!






関連記事


【まむー】
Kitaさん!
最終日 素敵なプレゼントありがとう\(^^)/
リビングのテーブルの上に保護していますが、母親が『まむー』と名付けて可愛がっております💧
山には全く興味のない母親ですが、、、
何故かMAMMUtだけは知っております。
おいらが無事帰ってこれたのもまむーのおかげと信じてやまない母親ですが、
これからおいらが山へ行く度に 神棚とまむーに手を合わせる事になると思います(^o^;)

今回ホントに無事に帰ってこれて良かった(^^)b
3日間天気にも恵めれ、憧れの涸沢にも泊まれたしサイコーに楽しい山行でした\(^^)/
いよいよ来年はジャンですね(^_^)v

それでは良い年をお迎え下さい。
【象さん】
すっかり忘れてましたよw
新しいご主人に可愛がられて
幸せに暮らしているんですね(*^ω^*)

今回は怖いけど楽しい、なんとも中身の
濃い山旅ができましたね。
来年は、いよいよジャンダルムですね!
もし3泊できるなら、大キレットも
行っちゃいますか?!

それでは良いお年を〜\(^^)/

【下山お疲れ様です。】
穂高連峰登山、無事の帰還良かったです。
天気も最高で、楽しそうな山行きで羨ましいです(くう〜)!結局今年はあまり行けませんでしたが、来年は、しっかり岳行きますよ〜。まっかちんくらぶの皆さん、今年もお世話になりました。来年もヨロシク!良いお年をお迎え下さい❗️
【カチョーへ】
晴天の山行で最高の縦走だったんですが
やはり、カチョーが居ないと寂しいですi-241
来年はバンバン行きましょう!

鬼怒川で良いお年をお迎えして下さい(๑˃̵ᴗ˂̵)
【幕開け☀】
新年 明けましておめでとうございます\(^o^)/

まっかちん倶楽部の皆様
ブログをご覧下さっている皆様
今年も輝ける一年であり 楽しい山旅が沢山できることを心よりお祈り申し上げます。

年明け一発目はやはり丹沢ですかね??
昨年計画できなかったから、、、
【賀正】
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年のカチョーは期待できますよ!
丹沢、行きましょう\(^ω^)/
【謹賀新年】
明けましておめでとうございます。新たな挑戦の年が始まりましたね!
今年は行きますよ!!
まっかちんくらぶの皆様、今年もヨロシク。因みに仕事の挑戦じゃないよ〜山行きよ、山行き❗️
【待ってましたー!】
明けましておめでとうございます⛩
今年は行きまくりましょう!
目玉は、 鳳凰三山とジャンダルムっすね。
楽しい一年にして、年末には美味しい
お酒で乾杯しましょう!

っというわけで、
今年もヨロシクお願いします\(^ω^)/
【新人をヨロシク】
今年もよろしくお願いします!新人ですので、お手柔らかに❗️
リベンジイヤーを楽しみましょう❣️
【大大大歓迎\(^o^)/】
こちらこそ本年も宜しくお願いしますm(__)m

それでは歓迎会しなければいけませんねエ〜🍺🎉
金沢あたりで、、、!!
それから 一発目は何処へいきましょう?
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<10 | 2019/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30