≪ 2020 07   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2020 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

穂高縦走レポ二日目になります。

2016年10月15日(土) 


昨夜は、今回デビューの

モンベルダウンハガー#2

の暖かさに包まれて快眠できました。

3:00 起床。

「いよいよだな!」

初めて踏み入れる穂高の主稜線

にアタックする日を迎えました。

5時の出発に向けて準備を始めます。

まずは朝食を。

htt1.jpg

ラーメンに宮入さんオススメの”かっぱえびせん”

を入れてみました。

うーん、塩ラーメンとは相性が良くないのかな?

特に美味しいとは思いませんでしたw


宮入さんは、、、

htt2.jpg

ん???

デジャブ?

昨日と一緒のような・・・


真っ暗な中、びしょ濡れのテントを撤収

htt3.jpg

そして、

テントの札を返したりしていたら

予定をオーバーして準備完了!

「まぁ、遅いほうが明るい道を

     歩けるのでヨシとしましょう!」

ヘルメットとヘッ電を装備して

5:12 テン場を出発!

htt4.jpg

出発前の一服ができなかったので

涸沢小屋に寄って行く事にしました。

htt5.jpg

テン場を10分くらい歩くと

涸沢小屋に到着しました。

htt6.jpg

外のベンチをお借りして一服~

htt7.jpg

今日の行程はトータル6時間と

そんなに長くはありません。

が、ほとんどが岩稜地帯になるので

緊張の連続が予想されます。

「とにかく生きて穂高岳山荘まで行きましょう!」

と安全登山を誓いつつ

5:36 涸沢小屋を出発!

htt8.jpg

すっかり明るくなって、ヘッ電は必要

なくなりましたね。

「ヨッシャー!行ってみますか!」

htt9.jpg

良く整備された石組みの道から始まります。

htt10.jpg

あれれ?

なんか思ってたのと違うな、、、

htt11.jpg

ペンキマークもしっかりあるし、これなら

ヘッ電でも全然歩けたなぁ。。。


やがて、

辺りが赤く染まり始め

htt13.jpg

奥穂も見えてきました。

htt1222222222222.jpg

その中で、ひと際目を引く”前穂”

htt14.jpg

ギザギザの”穂高北尾根”の迫力もスゴイ

「こう見ると前穂も険しそうですね」

その前穂も、ウチらが出発する前日に

滑落事故があったのです、、、

幸い死亡事故ではなかったようですが

なんとも不安になりますな・・・

htt15.jpg

涸沢小屋を出発して約1時間

最初の岩場が現れます。

htt16.jpg

いよいよ始まったかな?

htt17.jpg

しかし、こういう岩場は好きだなぁ。。。

では、何にそんなに不安を持っているか

というと以前ヘルニアを患ってから、左足

が少し痺れてる感じで接地感があんまり

無くなってしまいました。

岩登りやボルダリングなんかは平気なんだけど

自分の足が信用できないので、高所の岩場を

歩くのは怖くて仕方無いのです。。。

しかも、ここぞ!って時にドジ踏む人って

いますよね?僕はそのタイプです

さて、

話を戻しますw


岩場を登り切った辺りで

景色に目をやると、

htt18.jpg

「おー!今日もイイ天気だ


眼下には小さくなった涸沢ヒュッテが。

htt19.jpg

「まだ朝陽が当たらないんですね、、、」

きっと、まだ寒いんだろうなぁ


登山道は、一旦ザレた道になり

更に進むと”鎖場”の登場です!

htt20.jpg

ここは楽しむ為にクサリは使わずに

htt21.jpg

スラブ状の鎖場を登りきると

htt22.jpg

鉄の梯子が待っています。

htt23.jpg

「こういうのが意外と嫌いなんだよなぁ」

なんて思いながら登って行くと

htt24.jpg

ワオ!ワンダホー!!!

htt25.jpg

さっきまでも見えていた景色なんだけど

目線が同じくらいになってくると見え方も

違うもんですな。

「これが穂高かぁ。。。」

そんな気持ちにさせてくれます。


その穂高連峰の最高峰”奥穂高岳”

htt26.jpg

山頂にズーム!

htt27.jpg

山頂にある祠も確認できます。


うーーーん、素晴らしい

この景色を眺めながら広場で休憩です。

htt28.jpg

「今日は最高の山日和ですね!」

htt29.jpg

これだけ晴れ渡った景色を見るのは

ホント久しぶりなので嬉しくて仕方ありません。

絶景を見ながらおやつを食べたりしながら

マッタリしました。

「うーーーん、よかんべよかんべ」

そんな時、ふと時計を見ると

「げっ!休み過ぎた、、、」

なんと、30分近く経過していました、、、

そそくさと出発するのでした

htt30.jpg

この辺りからが地図でいうところの

南陵になるのかな?

htt31.jpg

ガツガツと高度を稼いでいきます。

htt32.jpg

鎖場もあったけど、

まぁ危険度は0に近いかな。


やがて急登が終わり

htt33.jpg

しばらくすると、

「え!ここってテン場なの???」

htt34.jpg

まだ稜線にも出てないので、ここから

山小屋までは20分以上かかると思います。

「ここは幕営したいと思わないなぁ。。。」

うん、遠すぎだって


そして、

なんか視線を感じるな・・・

と思って振り返ると奴が居ました

htt35.jpg

「宮入さん!ジャンですよ!!!」

「おージャンダルムだー!」


その坊主頭にズーム!

htt36.jpg

山頂に立ってる人まで見える

来年はウチらもあそこに立ってるのかな?

日本の一般ルートで一番難しいと言われる

あのルート、行ってみたいなぁ。。。

怖いケドw


そして、

テン場からチョロっと進むと

8:44 北穂分岐に到着!

htt37.jpg

さっきの休憩が効いちゃったかな、

ちょっとオーバーしてます。

ここでザックはデポしていきます。

htt38.jpg

分岐からもザレた道で危険な箇所は

ありません。

kthnryou.jpg

”北穂南峰”は尖ってますなぁ。。。


そして、

分岐から10分弱で

9:10 北穂高岳の山頂に到着!

htt39.jpg

まずは穂高コンプリートまでの

1座目をゲット!

htt40.jpg

イエイ



つづく・・・。



関連記事


【ご安全に~♪】
今回のUpは頑張りましたね👍
お疲れ様です。

この日の朝食は確か、、、 牛すき丼🍜???
前日の晩飯は 例の無印良品のあれです。
商品名が思い出せない、、、Σ(´Д` )

北ホはあっち!来たほうはこっち!!とうとう着きましたね♪
まずは一座目
想像してたより安全な山でしたね(^_^)v
天気にも恵まれ素晴らしい景色!!これだから山はやめられない\(^_^)/
Kitaさんは楽しみがまた一つ増えましたよね👍

【はい、ご安全に。】
涸沢側からだと危険度はゼロに等しいって感じでしたね。
今度は南峰に登ってください。
僕は下から応援してます!

お楽しみは増えましたね〜i-185
今から来シーズンが楽しみです。
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<07 | 2020/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -