≪ 2019 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2020 01 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

奥穂高岳(百名山 標高3190m)
北穂高岳(標高 3106m)
涸沢岳(標高 3110m)
前穂高岳(標高 3090m)


2016年10月14日(金) 

北アルプスといえば穂高!ってくらい象徴的

な山ですが、どういう訳か行きそびれていました。

「え?穂高登ってないの???」

そんな空気に肩身の狭い思いをしてたんだけど

ようやく登る時がやってきました!

そして、メンバーは宮入さんと僕の二人。

カチョーは、、、

うーーーん、、、

今年は色々と厳しいようです、、、

標高第3位の穂高岳は3人で登りたかった

のでホント残念です


そんな訳で二人の山行になります。

まずは前夜から。

今回もまたまた前泊にしました。

9:30頃 宮入さんと合流。

「お疲れ様でーす」

日中も一緒に仕事してましたw

そして、

早速、荷物を積み込んで上高地に

向けて出発です

ht1.jpg

途中、コンビニで買い出しをすませ

道の駅”風穴の里”で車中泊する事に。

その駐車場に着いてみると、

「結構停まってますねぇ。。。」

大型トラックは分かるんだけど、車中泊してる

人がこんなに多いのか?と驚きました。

起こしちゃ悪いので、端っこの方に駐車して

恒例の前夜祭のはじまりでーす

ht2.jpg

充実のおつまみを肴に

カンパーイ

ht3.jpg

「いよいよ穂高ですね~」

僕としては楽しみ半分、怖さ半分

なのですが、宮入さんはシンプルに

楽しみなようです。

うーーーん、スゴイな。。。

だって落ちたら死んじゃうんですよ?

なら行かなきゃイイのに、とも思うんだけど

やっぱり行きたい!っという

「ま、とにかく生きて帰りましょう!」

そんな話をしながら、前夜祭は意外と

早めに終了して就寝しました。


そして当日。

4:00 起床。

起きたらすぐに”沢渡駐車場”に移動します。

何処の駐車場に入ったらよいのか分からず

とりあえずバスターミナルに近いところに

駐車しました。

バスの始発は5:30と意外と忙しい、、、

急いで朝食を摂ってパッキングを。

htkpakng.jpg

ハイドレーションに水を補給したり

行動食を詰め込んだりして完了!

かと思ったら・・・



ん?




んん???




なんだ?なんだ???




あわわわ、、、





こりゃ大惨事だ、、、 (;゚д゚)

ht4.jpg

ハイドレーションの蓋に異物が挟まっていて

中の水がほぼ全部、ザックの中に漏れて

しまいました

これから出発って時になんてこった!

中の水気を全て取って、どうにか元に

戻りましたがエライ目に遭いましたよ


そんな事もあってか、時刻は始発ギリギリ

急いでターミナルに行くと、時間的には

間に合ったんだけど券売機の前で

「乗り合いタクシー如何ですかー?」

とタク屋の運ちゃんに勧誘されて

「それもアリですな」

っとなり、タクシーで行く事にしました。

ht5.jpg

料金は4人集まればバスと同じなので

意外とタクシーの方が良いのかも。

ht6.jpg

初めて通る”新釜トンネル”や

ht7.jpg

大正池に映る穂高を見たりしながら

6:08 上高地に到着!

ht8.jpg

ふ~

慌ただしかったけど、まずは

予定通りに到着できました!

ht9.jpg

義務化になった登山届の提出所。

ht10.jpg

今回は特に危険な部類の山行なので

忘れずに提出を。

ht11.jpg

天気予報は、この三日間は晴れ

この様子だと大丈夫かな?


そして、

トイレやら一服やら済ませて

「さて、行きましょうか!」

6:42 バスターミナルを出発!

ht12.jpg

ちょっ、宮入さん

足!

手も!!!

自然にお願いしますよwww


気を取り直して、、、

まずは、静かな遊歩道を進みます。

ht13.jpg

ほどなく、

河童橋に到着!

ht14.jpg

ここに来るのも久しぶりだなぁ。。。

表銀座の時以来ですね。

ht15.jpg

もうちょっと青空だと映えるんだけなぁ。。。

何枚か写真を撮って次に進みます。

ht16.jpg

相変わらずの遊歩道をテクテク、テクテク

ht17.jpg

河童橋から約40分

7:41 明神館に到着。

ht18.jpg

ここは、そのまま通過です。

それにしても、ここを歩く人たちの

速いこと速いこと、、、

うちらもチンタラ歩いてる訳じゃないのに

全員に抜かれました

ht19.jpg

こんな所もあったりして、段々と

ソレっぽくなってきましたね。


見える山々も徐々に深くなってる感じ。

岩稜の山肌が目立ってきました。


途中で河原に出てみると

ht20.jpg

うおーーー!

何か盛り上がってきたぞー!

ht21.jpg

更に進んで行くと

奥のほうに”前穂”の姿が!

ht22.jpg

前穂は最終日に登る予定なんだけど

一体どんな所なんだろうか?

やっぱり、楽しみより怖い方が先だなぁ。。。


そして、

芝生の景色が見え始めると

ht23.jpg

「あれ?早いなぁ」

8:22 徳澤ロッヂに到着!

ht24.jpg

なんか面白い画像だったので採用w


さてさて、

ここでザックをおろして休憩とします。

ht25.jpg

「あー腹減った、、、、」

2人とも”おにぎり”を食べて

腹ごしらえを。


「なんだかんだ順調っすね~」

ここまででコースタイムだと20分短縮です。

この遊歩道も残るは1時間ちょっと

「さーて行きますか!」

ht26.jpg

15分の休憩を終えて徳澤園を後に。


歩き始めると、再び川沿いの道になり

進行方向は青空に変わってきました。

ht27.jpg

ホント青空は気持ちイイ

気分も上がるってもんです


道中、

ht28.jpg

「なんだコレは???」

雷でも落ちたのかな?

ダイナミックな倒木でした


「うーーーん、しかし腹減ったなぁ。。。」

さっき”おにぎり”食べたばかりなのに・・・。

「あ、そうだ横尾でラーメン食べませんか?」

「イイですね~~~」

絶対断らない宮入さん、素敵です

横尾でゆっくりしても、結構早い時間に

涸沢に着けるんじゃないかな?

そんな訳で、ラーメンを楽しみに歩きます


さらに進むと、

「あー横尾だー!」

ht29.jpg

ヨシヨシ!

思ったより早く着いたぞ!

ht30.jpg

9:40 横尾山荘に到着!

「いや~~~来ちゃいましたね~」

一度来てるにも関わらず、やっぱり行きで

来るのと帰りで来るのは全然違いますね


さてさて、

ザックを降ろして休憩です。

ht31.jpg

軽く一服してから売店へ。

すると、、、、

なにやら怪しい雰囲気、、、

「あの~食事はできますか?」

と聞いてみると

「食事は10寺からになります」

えぇぇぇぇー、、、

カップ麺は大丈夫だったんですが

それは違う!

って思っていたので、ここは諦めて

行動食で凌ぐ事にしました。。。


人懐っこいハトと戯れつつ

ht32.jpg

20分くらい休憩して出発です。


と、その前に。

せっかくの絵になる”横尾大橋”で1枚

撮ってもらいました。

イエイ

ht33.jpg

あ、、、あれれ、、、

もうちょっと、、、

あの、、、

お願いして撮ってもらったので

文句言っちゃいけませんね、、、


でも、意外と頼まれるとプレッシャーですよね?

構図のセンスが問われるのが、何とも怖い、、、

ht34.jpg

その後も撮影会は続き

ht35.jpg

いつものパターンです。。。

なかなか進みませんw

ht36.jpg

そして、

橋を渡った先は未踏のエリア

どんな景色が待っているのか楽しみですね~


橋を渡ると、また遊歩道っぽくなり

ht37.jpg

すぐに樹林帯に。


ちょろっと河原に出るけど

ht38.jpg

徐々に山道になって行きます。

ht39.jpg

とは言え、ほとんど水平移動。


鼻歌まじりに進んでいくと

ht40.jpg

左手に迫力の”屏風岩”が姿を現します。

ht41.jpg

「おー、カッコイイ!!!」

これが”屏風岩”かぁ。。。

パノラマコースへ行けば、もっと違った

表情を見れるのでしょう。。。

今度来るときは、そっちだな

ht42.jpg

小さなアップダウンはあるものの

まだ登山って感じじゃないかな。


そんな視線の先には

「なんですかね、アレは?」

な、高そうな山が目に入ってきました!

ht43.jpg

この時は、確定できなかったけど

帰って調べたら”北穂高岳”でしたね。

そうじゃないかな~、とは思ってたけどw

ht44.jpg

やがて、

”屏風岩”も大分、形が変わって見えてきた頃

10:58 本谷橋に到着!

ht45.jpg

うーーーん、

コレ何て読むんだろう?



つづく・・・。

















関連記事


【世界を敵に廻せ!!】
いや〜 始まりましたね♪
楽しみしていました\(^o^)/
上高地に着いてタクシー料金を支払う時の 運転手さんの「何か ない?」の言葉が非常に印象的でしたか、、、
ブログを見て思い出しました。
Kitaさんの大惨事!!
申し訳ないけど笑っちゃいました♪

この後のブログ
Kitaさんの地味に凄い作業に期待していますね(^^)v
【みんな味方だった?】
そういえば強引に行ったんでしたね、、、
忘れてました。
忘れてた、という事はサボって山に行っても
全く問題ないのかもしれませんねw

さーて、年内アップに向けて頑張ろっと!
【いよいよですね!】
穂高登山スタートしましたね!
二人の雰囲気が手にとるように解り
私も歩いている気がします!
これからの道中楽しみです。
私もいつかはいくぞ〜!!
【カチョーへ】
先に穂高登っちゃってスンマセン、、、
いつでもお供しますので、今度は
一緒に行きましょう!!!
っというか、来年はジャンですよ!

この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<11 | 2019/12 | 01>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -