≪ 2019 10   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

笠ヶ岳レポの続きです。


秩父沢から弓折乗越に到着した二人。

笠ヶ岳からすでに4時間半も経っています。

いつものペースなら着いていてもおかしくない

んだけど、足が前に出ません・・・。

kss43.jpg

まぁ、それは置いておいてw

前回ここに来たのは、裏銀座縦走中

雨で撤退をした時になります。

あの時は景色など全く見えなかったので

そのままスルーしたんだよなぁ。。。

今日もガスってはいるものの

眼下には”鏡平山荘”が確認できます。

kss46.jpg

鏡平山荘といえばカキ氷です。

kss47.jpg

「チョロっと食べに行きますか!」

「いいですね~~~」

っという訳で鏡平山荘へ








「・・・・・。」








んな訳ないか

ここでは約30分、じっくりと休み

体力回復に努めました。。。

「さてラスト1時間、頑張りましょう!!!」

kss48.jpg

この休憩が効いたのか、はたまた

一度歩いた事がある安心感なのか、

ちょっとだけ元気を取り戻しました。


そして、

しばらくすると白砂の広い所にでました。

脇の方にあるハイマツには人だかりが。

もしや?!

物音をたてないように、静かに近寄ると

kss49.jpg

居ました居ましたー!

ライチョウ君です

kss50.jpg

しかも子連れで!

大人の雷鳥は何度も見てきたけど

子供は初めてなので大興奮です

無邪気に虫を追いかける姿には

癒されたなぁ。。。


ヨシッ!

ライチョウに元気をもらい先に進みます。

kss51.jpg

休んでいる人が多いなぁ、と思ったら

kss52.jpg

「あ、ここが花見平だったんだ」

チョビっと誘惑に負けそうになったけど

ここは通過する事に。


「あ~、この道は覚えてるなぁ」

なんて話しながら歩いていくと

kss53.jpg

正面に薬師岳が!

その麓には目的地の”双六小屋”も!!!

kss54.jpg

さらに手前には”鷲羽岳”がどっしりと。

「うおーーー!スゴイ!!!」

いよいよ近い感じがしてきたぞ。

kss55.jpg

足取りもだいぶ軽くなってきたのに、、、

それなのに、、、

ここにきて、、、

休憩っというw

kss56.jpg

「こんな所にベンチがあったら、、、ねぇ」

「休まない理由が見当たらないっす」

なにかと言い訳を付けては休むのです。


この休憩はザックも降ろさずに

サラーっと切り上げました。


それにしても、

この辺りの道はホント体にやさしいw

kss57.jpg

みるみる近づく”双六小屋”を見ながら

ずんずん進みます。


白砂の高台を下り始めると

「あとちょっと!」

kss58.jpg

ほどなく、

「おおおおーテン場だー!」

kss59.jpg

そして、

やっとこさ着きましたー。

2:10 双六小屋のテン場に到着!

kss60.jpg

ふぃ~~~ホント疲れた

SGRKTNBCHAK.jpg

すぐにテントを張る気になれずに

しばし休憩です。

SGRKMIY.jpg

しかし、遠かった・・・。

結局コースタイムを1時間半もオーバー

してしまいました。

ここまで来て、やっぱり思うのは初日の

”クリヤ谷”でこてんぱんにヤラれたのが

今日まで引きずってしまった事です。

登る前は、「長い行程も経験したいですね」

なんて言っていたのに、この体たらく・・・。

なにが「経験したいですね」だ、、、

聞いて呆れる、とはこの事です。

まぁ、それでも今日は二人とも頑張りましたよ。

この辛さは経験値に足されるでしょう。。。


しばし、マッタリした後

チャチャッっと幕営をして

kss62.jpg

買い出しも兼ねて山小屋へ

kss63.jpg

小屋の前のベンチは混み合ってましたが

相席をお願いして、席をキープ。

そしたら、やっぱコレでしょう!

kss64.jpg

生ビール一杯1000円也~~~

なかなかお高いですが仕方無いw


そして、

待ちに待ったカンパーイ

kss65.jpg

本当に、本当にお疲れ様でした!

kss66.jpg

ボロボロに疲れ切った二人だったのに

グビ~っと一杯はじめると驚きの回復力w

すっかり元気を取り戻し、いつもの調子に

「う~ん、よかんべよかんべ」

二杯目の生ビールを飲んだり、おつまみを

作ったりしながら楽しんでいると

相席のお隣さんから

「どちらから来たんですか?」

と声をかけてもらいました。

tkcsn.jpg

東京からお越しのtake-4さんとcharu-3さんです。

楽しそうに話すtake-4さんにニコニコ聞いている

churu-3さんを見ていると恋人同士なのかな?

と思ったんだけどご夫婦でした。

始めは、今日のお互いの行程とかの話

でしたが次第に登山ウエアやギア、はたまた

車の運転の話にまで膨らんでホント楽しい時間

が流れるのでした。

特に”えむしゃ”では意気投合でしたね(笑)

kss67777.jpg

せっかく知り合えたので、このままサヨナラ

では寂しいな、と思い記念撮影とこちらの

ブログ、take-4さんのヤマレコのHNを交換して

お別れしました。

楽しい時間をありがとうございました


そして、

kss68.jpg

売店にてお酒を買い込んでテン場へ。

kss69.jpg

改めましてカンパーイ


kss70.jpg

軽いおつまみでの2次会でしたが、しばらく

すると雨がパラついてきて慌てて撤収

さっき山小屋で確認した天気予報では

明日から下り坂です。。。

どうなっちゃうのかなぁ・・・。


雨はすぐに止んだんだけど、暗くなってきた

ので7時頃解散してテントで夕食を。

kss71.jpg

今回はチルドのハンバーグとクリームシチュー

にしてみました。最近チルド食品がマイブーム

要冷蔵って書いてあるけど問題無いです!


そして宮入さんの夕食。

kappamiso.jpg

さて、この味噌汁の具はなんでしょう?


食後は、やっぱり疲れてたのかなぁ。。。

あっという間に爆睡でした

雲行きが怪しくなってきた今山行。

どうなっちゃうんだろう。。。


つづく・・・。





関連記事


【黒い人達】
ふ~
やっと着きました双六小屋(^o^;)
念願の双六テン泊♪
以前に山雑誌で見たこのテン場にいつか泊まりたいと
ずっと思ってました。

しかし改めてブログで二人を見るとホント黒いですね(^o^)
よくぞ話しかけてくれました♪
Take -4さん Charu-3さん この場をお借りして改めてお礼を言わせていただきます。
素敵な出逢いと楽しい一時をありがとうございました。
また何処かの山でお会いしたら一緒に盛り上りましょうp(^-^)q
【また雷鳥見れたんや】
うらやましいな
しかし夜のテン場、綺麗やろうな~
ところでカキ氷は?w
【ホントに真っ黒】
念願叶って良かったですね^^
確かに良いテン場でした。

しかし、この山行はtake-4さんcharu-3さんとの
出会いが無ければ寂しいものになってたかも
しれませんね。
【また雷鳥見れちゃいましたw】
この日のテン場の夜はイマイチかなw
満天の星空の時は最高だけどね!

カキ氷は食べてないっす・・・。
【楽しかったなぁ〜!】
kitaさん、ウッキーさん
こちらこそお二人との出逢いで、忘れられない
楽しい山行になりました!
ありがとうございました。

ほんとに黒過ぎちゃんなお二人w
ステキな笑顔と楽しいトーク、“えむしゃ”'や“えふしゃ”の話まで
今でも思い出しますよw

あれからもブログ楽しく拝見してます。
また何処かの山で是非お会いしたいなぁ〜!
【charu-3さん へ】
コメントありがとうございます。

あの時は本当に楽しかったなぁ。。。
take-4さんとcharu-3さんの仲睦まじい
様子を見ていると幸せな気持ちになりましたw

また何処かでお会いしたら
楽しんじゃいましょうねi-87
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<10 | 2019/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30