≪ 2020 07   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2020 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

笠ヶ岳レポの続きです。

二日目の朝を迎え、笠ヶ岳小屋から

秩父平まで来た二人。


なかなかの絶景を前に休憩です。

titibswkyukei.jpg

テン場を出発して2時間ちょっと。

コースタイムより30分遅れています。。。

このペースで行くと”双六小屋”に着くのは

1時は確実に回るでしょう・・・。

本日の予定にあった”双六岳”でしたが

登るとなると本来の目的である

”のんびりテン場生活”はできません。

「宮入さん、どうしますか?」

一応聞いてみると

「今回はやめておきましょうか」

まぁ”双六岳”ならば、また通る事も

あるでしょう。

そんな訳で今回はパスとなりました。


さーて残り3時間弱、頑張りますか

15分くらいの休憩を終えて出発です。

kss35.jpg
乳父平っというポーズなのでしょう、、、


”秩父平”から登山道は登りになり

kss36.jpg

槍穂方面はガスに包まれ、この辺り

にもチョロっと上がってきました。

そんな中、

宮入さんが遅れだします・・・。

「やっぱ昨日の疲れかなぁ。。。」

そう言う僕も結構キツイです

sgrkunknktkni.jpg

アップダウンを繰り返すこの区間、

「大ノマ岳はまだなの?」

そればかり考えて歩いていきます。


やがて、

”秩父平”から1時間半が経過しました。

「そろそろ休みたいなぁ。。。」

そんな事を考えていたら

丁度、登山者が大勢休んでいる広場が

あったので、休憩することに。

「あぁぁ、疲れた、、、」

こーんな時はコレだ!

kss40.jpg

イチゴスペシャルーーー!

僕にとっては最強の行動食なのです。


それにしても、

ウチら一体どこまで来てるんだろう?

時間だけ見ると”大ノマ岳”に着いてる

はずなんだけど・・・。

もしかして今通ってきたピークなのかなぁ?

そこで弓折岳方面から来た人に

「ソレが大ノマ岳ですかね?」

と聞いてみると

「もうちょっと先だと思いますけど」

えぇぇぇ、、、ホントにぃぃぃ???

「ありがとうございました」

親切に教えてもらったにも関わらず

イマイチ信用しきってない我々w

「まぁ、でもまだ先なんでしょうねぇ・・・」

20分ほど休んで重い腰を上げます。


そして、

割と大き目のピークを越えて

下りの先に見える低い場所

kss37.jpg

「あれは、もしや弓折乗越???」

「っという事は、今のが弓折岳じゃない?」

その弓折乗越は一昨年、一度通っている

ので見覚えがあるのです。

「きっとそうだ。。。」

そう思いながら少し足早に下ると

kss38.jpg

「あれ・・・コレ違くねえっすか、、、」

そう、ここが大ノマ乗越のようです。

「まだここだったのか、、、」

参ったな、こりゃ効いたぞ

これで二人のメンタルは鮮やかに崩壊(T_T)

そもそも今日の行程を完全に舐めていました。

「ま、そんな甘くないっすよね、、、」

なんて言いながら進むと

kss39.jpg

「あーっ!アレが弓折岳じゃないっすか?」

視線の先の、まだ奥にそれらしいピークが。

そこそこ遠いじゃないか(゚д゚)

ここからは昨日に引き続き

我慢の時間帯に突入です。

宮入さんは更に遅れはじめ

一足先に、さっき見えたピークに到着!

kss41.jpg

ところが標識が無い?

もしかしてココも違うのか???

kss42.jpg

辺りを見回しながら、なんとなく通過。

「うーーーん、わからん、、、」


そして、

登山道はクネクネと下りはじめ

一番下った所に大勢の登山者が。

「あぁぁ、ここだ、、、」

12:30 弓折乗越に到着!

kss43.jpg

ふ~

疲れたなぁ、、、

kss44.jpg

昨日の疲れと勘違いも手伝ってか

ここまで遠かったぁ・・・。

グッタリしながら休んでいると

宮入さんも到着です!

kss45.jpg

「お疲れ様でした!」

「やっと着いたよぉぉぉ」

っといっても”双六小屋”までは、まだまだ

まぁ、とにかく休憩しましょう。。。


つづく・・・。




関連記事


【おいらは、、、】
こう叫びたかった!
大ノマ乗越...!?『なんで弓折乗越じゃないんだあああああ💢このペテン師があああああ』

いやいや山は悪くありません💦
あそこを越えたら弓折乗越と思いこんでいたおいらがいけないのです。
完全に舐めてました...
あの時点で確実に何かがポキッと折れました💧
弓ではなく おいらの心が、、、
【過酷な山行き!】
お疲れ様です。
今回の山行きは、凄い過酷さが伝わります。笠ヶ岳は承知してましたが、次の日も大変そうですね、前日の疲れが残っているのでしょうね?もうすぐ双六!ガンバレ!
【宮さん!メンタルっす!】
油断してたのが原因でしょうね・・・
もっと地図を解読する力も必要かもしれません。
自分が居る場所が分からないのは辛いっすw
【カチョーへ】
全ては初日でしょうかね。
大概は二日目には回復しちゃうんですが
この山行はダメでしたe-263

それでもカチョーが行くと言うなら
喜んで付き合いますよ!!!
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【非公開様へ】
訪問いただきありがとうございます^^

クリヤ谷は整備がイマイチ行き届いてないので
歩きにくかった印象が残っています。
あの時は、仕事の疲れと寝不足が影響して
辛かったのかもしれません、、、
天気が良くて体調も万全だったら、もう少し
楽だったかなぁ。。。
そして、渡渉ですがうちらが行った時は
靴がちょっと濡れる程度で全然問題なかった
けど増水時は厳しいと思います。

なかなか長いルートですが、良い思い出に
なると思いますw
是非行ってみてください!




この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<07 | 2020/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -