≪ 2019 10   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

笠ヶ岳レポ二日目になります。

2016年8月14日(日) のち


昨夜は8時半には寝たはずなんだけど

一度もおきる事なく朝を迎えました。

丁寧な整地は安眠につながりますな。


そして、

3:00 起床。

外は満天の星空だろうな~

と思ってフライをめくって覗いてみると

ガスガスなうえに小雨が・・・。

「そ、そんなぁ、、、」

ショックなのと悔しいのが入り交じった

なんというか怒りまでこみ上げてきました。

クソッ

おまけに昨日の疲れもほとんど取れてなくて

「もうイイヤ、どうにでもなれ!」

っと思って二度寝に突入。


ふて寝に入ってから、更に2時間

気持ちとは裏腹にグッスリと熟睡しました。

5:00頃 二度目の起床。

「あ~あ、今日はどうしようかなぁ。。。」

どうせ外は雨だろうし、気が重いな・・・。

と思いながらガサガサと動いていたら

「kitaさん!スゴイ景色ですよ!」

と宮入さん。

またまた~、そういう冗談はダメっすよ!

と思いながら外に出てみると

kss1.jpg

ウソでしょう!!!

さっきの天気と全然違うじゃん!!!

イヤッホーーー

kss2.jpg

槍もクッキリ

kss3.jpg

穂高もクッキリ

kss4.jpg

こんな事もあるんだなぁ。。。

と喜んでいたら、

ん?

待てよ?

って事は、山頂アタックは?

今日の予定は?

kss5.jpg

うーーーーーん、、、、、、、

痛恨のミスジャッジ

あらら、こんな事なら起きていれば良かった


そんな気持ちをよそに、ご来光

kss6.jpg

もう、ほとんどダイヤモンド槍!


笠ヶ岳山頂も

kss7.jpg

赤く焼けてきました。

本当ならあそこに居たのになぁ。。。


まぁ、こうなってしまった物は仕方無い!

「コレはコレで良いんじゃないですか~」

開き直って、のんびりする事にしましたw


って事で、まずは朝食を。

kss8.jpg

僕はラーメンにしました。


宮入さんは、

kss9.jpg

親子丼かな?

味噌汁の具が気になるな~w


食後のコーヒーもしっかり頂きます。

kss10.jpg

まぁ、考えようによっては

コレはコレで贅沢な時間にも感じてきました。


すっかりガラガラになったテン場です。

さてと、

まずはトイレと水補給に山小屋へ行きましょう!

kss11.jpg

一晩寝たというのに重い足取り、、、

「やっぱ山小屋まで遠いっすねぇ」

kss12.jpg

そして、

やっぱり朝はコレでしょう!

kss13.jpg

牛乳ウマッ

そんなウチらの目の前には山頂が。

kss14.jpg

山小屋から山頂までは近いんです。

近いんですが、どうにも登る気になれない

「また今度来た時に登りましょう」

なんのこっちゃw

kss15.jpg

そして、

トイレと水補給を済ませてテン場に戻り

撤収開始!

kss16.jpg

「良く眠れた良いテン場でしたね~」

ksftkmteshu.jpg

なんて言いながら

kasaftkmpakng.jpg

パッキング完了!


それにしても、

kss17.jpg

素晴らしい景色だなぁ。。。


雲海もスゴイ。

kss18.jpg

雲海と言えば、

ほとんどの人は雲海が大好きなんだと

思いますが、僕はあまり良さが分かりません。

この雲がこれから上にあがってきたら・・・

と思うと不吉なイメージしか沸かないんですよ

一方、宮入さんは雲海が大好きで、最近は

よく口論になっているのですw


さて、

今日の目的地は”双六小屋”です。

コースタイムは4時間35分と短めなので

まぁ、今日は苦行にはならんでしょw

「ヨッシャー!行ってみよう!」

8:00 テン場を出発!

kss19.jpg

今回の最終目的地”槍ヶ岳”を眺めながらの

最高のスタートを切ります。

kss20.jpg

左側に目を移すと、

去年歩いた雲ノ平周辺がまるまる見えます。

今更ながら豪華な縦走したんだなぁ。。。


さてさて、

まずは抜戸岳に向かいます。

kss21.jpg

鼻歌まじりで20分

来た道を振り返ると、

kss22.jpg

”笠ヶ岳”が綺麗じゃないか!

しかし、今回登ってみて”笠ヶ岳”って意外と

なだらかな山なんだな、と思いました。

遠目だと文字通り”笠”のように、割と

とんがったイメージだったんだけどなぁ。


そして、

前を向けばこの景色。

kss23.jpg

なんて気持ちの良い稜線歩きなんだ

昨日とは大違いだ!


そうこうしてると

9:03 笠新道との分岐に到着。

kss24.jpg

この分岐辺りから”抜戸岳”へ登れます。

が、今日は早出を失敗したのでスルー


そのまま進んで10分すると、

見晴らしの良い広場があったので休憩に。

kss25.jpg

「いやー今日は気持ちイイっすね~」

kagakmoukyu.jpg

笠ヶ岳も大分”笠”っぽくなってきましたね。

しかし、

昨日は夢にまで見た

”絶景を眺めながらの稜線歩き”

のはずなのに、なんだか辛い・・・。

昨日の疲れが抜けていないんだよなぁ


ここでは短めに切り上げて

先に進みます。

「宮入さーん、出発の写真いきまーす」

「こんな感じ?」

kss27.jpg

うーーーん、まだ固いな。

でも大分自然になってきたかなw

kss28.jpg

やがて、

小さなアップダウンが終わり

kss29.jpg

この看板を過ぎると

kss30.jpg

下りになります。

「あらら、結構下るんですね・・・」

っという事は大きく登るのも待ってるな、、、

なんて思いながらジグザグに歩いていると

おっ!

kss31.jpg

「なんかスゴイな」

今歩いて来た稜線に目を奪われます。

さっきは気が付かなかったけど

あれが”抜戸岩”かな?

さらに下って行くと

kss32.jpg

うっほー!

こりゃ見事だ!

kss33.jpg

「こりゃーJバンドみたいっすね!!!」

やっぱり出てくるJバンド

いやーなかなかの景色です。

「これは休憩しない理由が見当たらない」

kss34.jpg

っという事で休憩です。


つづく・・・。






関連記事


【天晴れッ!!】
やはり青は映えますな~(^^)
前日の景色とは大違い!!
ミスジャッジは否めないものの朝のまったりテン場、、、
嫌いじゃありません。
イヤ! むしろ好きかも、、、
いつかそんな山行もしてみたいかな^^
【いいね~】
悔しがるより切り替えて、開き直りも大事やね^^
しかし、ホントいいな~
【宮入さんへ】
完全に雨だと思ってたからビックリしましたよ。
どんな行動食より青空が効きますね。

自分も朝寝坊のテン場、結構好きです(笑)
【yajiさんへ】
もう開き直るしかなかったwww

景色はアルプス特有な感じだよね。
来年は一緒に見ましょう!
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<10 | 2019/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30