≪ 2019 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2020 01 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

霊仙寺山(標高1875m)

飯綱山 (標高1917m)


2016年5月3日(火) のち


例年だと、そろそろシーズン開幕だ!!!

なんて盛り上がっている頃なんだけど

どうもこの時期って登る山が見つからなくて

計画も連絡すらも疎かになってます・・・。

そんな中、GWちょっと前にカチョーから

「5月3日にアップでドコか登りましょう!」

とお誘いがありました。

早速、宮入さんとGOちゃんに連絡してみた

んだけど二人とも予定があって無理だそうで、、、

「また別の日かな?」

なーんて話にもなったんだけど

一度登ろうと思っちゃったら、もう止められませんw

という訳で、久々にカチョーと二人での山行です。

「さて、んじゃドコに登りましょうか?」

群馬か埼玉の百名山も良いかなぁ、と思って調べて

いたけど天気がいまいちパッとしません・・・。

うーーーん、参ったな、、、

いろいろ考えた結果、

「今回はアップなんだ」

と割り切って”飯綱山”に決まりました!

rs0長野市内から飯綱山

これは、自宅付近から見た”飯綱山”です。

過去4回は向かって左側から登ったんだけど

いい加減飽きたので、今回は反対側から

”霊仙寺山”を経由して登る事にしました。

コースタイムもこちらの方が長いので鈍った

体にはピッタリかもしれないなw


そして当日。

6:30 某駐車場で合流。

僕の車に荷物を乗せ換えコンビニに寄りつつ

山地図にある登山口を目指して車を走らせます

ところが、霊仙寺湖を過ぎて看板を探すも

見当たらず、「コッチですかねぇ?」

なんて迷いながらもなんとか発見!

8:00 霊仙寺奥ノ院跡の駐車場に到着。

rs1.jpg

「いや~着きましたね」

こりゃ、なかなか分かり難いです

”霊仙寺山登山口”じゃなく”霊仙寺奥ノ院跡”を

目指せば一発でしたね。


早速準備を進めて

さてさてー、行ってみますかっ

rs2.jpg

8:10 登山口を出発!

rs3.jpg

林道歩きから始まります。


空を見上げると、

rs4.jpg

あんまり良い予報じゃなかったけど

なかなかの晴天です

ただ、ものスゴイ風の強さですが・・・。


短い林道が終わると石段が現れて

登りきると神社の境内みたいな所に出ます。

れいせんじあと

「あぁぁ、ここが霊仙寺跡ってことね」

ちなみに、山と湖は”れいせんじ”で

遺跡とかは”りょうせんじ”と呼ぶそうです。


そして、ここから登山道になります。

rs5.jpg

ブナの樹林帯で、最初はグッと登って

その後はしばらく平坦に近い道が続きます。

長くて、なだらかな感じは”雲取山”を

思い出すなぁ。。。

rs6.jpg

やがて、

登山道は急登に変わりチラっと展望が!

歩き始めて1時間20分

「そろそろ休憩しますか」

って事で、大きい石の所で

9:32 最初の休憩♪

rs7.jpg

ここから下を見ると”飯綱リゾート”のリフトが

近くまで来ているのが分かります。

「多分、すぐソコまでリフト来てますよ」

なんて冗談を言ってたんだけど

帰ってから調べたら、そっちからのルートも

あったようです


そして、

短めの休憩を終えて、ちょこっと進むと

あと1時間の看板が。

rs8.jpg

ヨシヨシ、ここまで順調かな

地図を見ると、急登はまだまだ続きそう

なのでこの辺が頑張り所です。


それにしても物凄い風が吹いてるなぁ、、、

風に揺られた木々の音がうるさくて落ち着きません。

もはや暴風と言ってよいでしょう。。。


そんな中、もくもくと登っていくと

「お!あれは何でしょう?」

rs9.jpg

最初は、”霊仙寺山”かと思ったんだけど

あれが”飯綱山”でした。


振り返ると、

rs10.jpg

眺望はきかないけど、まずまずの景色。

「こう見ると大分登ってきましたね~」


更に進むと

rs12.jpg

「うぉーーー!北アルプスだ!!」

霞んではいるものの、槍まで確認できます。

やっぱり気分があがるわぁ


途中、こんなのもありました。

rs11.jpg

「あれ、どうやって積んだんですかね?」

自然にできたとも思えないし・・・

rs13.jpg

この石碑の集まった所を過ぎて

もうひと登りすると、

rs14.jpg

やっと着いた~~~

10:54 霊仙寺山頂に到着!

rs15.jpg

コースタイムを10分だけ短縮ですね。

もっと早く着くと思っちゃってたので

「あれぇ、なかなか着かないなぁ。。。」

という印象でした。


景色に目をやると

[妙高方面]
rs16.jpg

奥に見える妙高山&火打山。

「しかし妙高は独特な山容ですよね~」

手前の山が当初登る予定だった”黒姫山”です。

宮入さんの”北信五岳コンプリート”は

来年以降に持ち越しになりました(笑)

[高妻山]
rs17.jpg

木が邪魔してて見えにくいけど

山頂からひと際目立つのが”高妻山”。

どこから見ても綺麗な三角錐ですな。

[おまけ]
rs18.jpg

眼下には”斑尾山”と野尻湖が。

この山頂からの景色は、山地図に

『展望良い』と載せるだけあって

なかなかのモンだと思います。

これでスカッと晴れ渡っていればなぁ。。。


そして、

ウチらの少し後にきた単独女性に

一枚撮ってもらいました。

イエイ

rs19.jpg

まずは一座目ゲット!

なんだけど、それにしてもマイナーなんだなぁ。

多分この日はウチら含めて五人だけ

この後、そのマイナーっぷりを

味わう事になります。。。



つづく・・・。

関連記事


【ミッション・イン・コンプリートならず】
お疲れ様です。

お誘いいただいたのに申し訳ありませんでした。
3日は、親方にこき使われてました。(TT)

いよいよシーズン到来!!
楽しくなってきましたね^^

ひょっとして、黒姫はとっておいてくれたのですか?

【そろそろ派菜に来てー!】
お待ちしております。

怪物《黒姫》は宮入さん抜きでは
絶対行きませんよ(笑)
あれは、また来年ですね。

まずは岳方針説明会ですね。
っていうかスマホにして下さいi-182
連絡が楽になりますよ!
僕が!(笑)
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<11 | 2019/12 | 01>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -