≪ 2020 07   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2020 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

黒部源流域の縦走レポ五日目になります。

2015年9月23日(水)のち


今日は、いよいよ”薬師岳”に登ります!

最後の最後にメインとも言える女王様

特にカチョーは思い入れがあるようです。

そして、

シルバーウイーク大縦走も

最終日の朝を迎えます。。。



ピピッピピッピピッ!

3:00 起床。

さてー、今日の天気はどうかな?

この瞬間が結構好きですw

どれどれ?

kkmmn1.jpg

ヨッシャー!!!

見事な星空が広がっています

これなら大丈夫でしょう


さて、朝飯にすっかな!

kkmmn3.jpg

今朝は”麻婆ナス”にゆで卵&野菜スープ。

しかし卵って万能な食材ですな。

焼いても茹でても、ラーメンに入れても


カチョーは、

kkmmn4.jpg

ペペロンチーノですね。

ベーコンがとても美味しかったそうです。


宮入さんは、

kkmmn5.jpg

親子丼かな?味噌汁と共に。。。


今日の行程は、テントを張ったまま”薬師岳”

にアタックしてからの下山となります。

食後は、サブザックに荷物を入れたり

帰り支度も進めておきます。

kkmmn6.jpg

しかし昨日ほどじゃないけど、なかなか寒いな、、、

キッチリと防寒して、ヘッ電装着!

「さてー、ぼちぼち行きますか」

4:40 テン場を出発!

kkmmn7.jpg

登山道は、真っ暗なうえに石がゴロゴロ

しかも濡れているのでちょっと怖い、、、

慎重に進んで行きます。


途中、ペンキマークが見つけ難い箇所も

あったりして迷いそうになったけど

「こういうのも面白いですねぇ」

なんて話しながら楽しめました。


そして、

開けた所に出た辺りで、明るくなってきました。

「おー!槍が見える♪」

kkmmn8.jpg

更に進むと、

kkmmn9.jpg

稜線が見えてきました!


やがて稜線に出ると

yksrysen.jpg

視線の先のピークに何かを発見!

「祠かな?」

「ってことはアレが山頂ですかね?」

なんて話をしてたら、下山してきた人に

「あれは違いますよー」

と教えてもらいました。

でも、あそこからは遠くないらしい。


そして、

さらに進んで行くと陰になって見えなかった

山小屋が突然ドーーーン!

kkmmn10.jpg

実は、稜線に出る辺りからトイレを

我慢していた僕は景色なんてほとんど

見る余裕がありませんでした。

「あぁぁ、、、良かったぁ、、、」

正直、かなりヤバかった

5:40 薬師岳山荘に到着!

kkmmn11.jpg

「綺麗な山小屋だなぁ」

五色の旗が”エベレストBC”を連想させますね。

到着すると、真っ先にトイレへ! (協力金300円也)

ホント助かりました。

これで落ち着いて景色を見れますw


それにしてもピカピカだなぁ。

kkmmn12.jpg

2010年にリニューアルしたようです。


とりあえず、

kkmmn14.jpg

一枚撮ってもらいました。


小屋の前からは”白山”が見えます。

kkmmn13.jpg

ふむー、白山も登りたいなぁ。

行くとしたら多分、旅行と兼ねる事になるから

来年か再来年になっちゃうかな?

ふむぅ、北陸の旅かぁ。。。

悪くないな


さーて、そろそろ行きますか!

kkmmn15.jpg

山頂までは50分と書いてあります。

山地図だと1時間だけど、まぁ50分なんでしょう。

6:05 薬師岳山荘を出発!

kkmmn16.jpg

出発したと思ったら、すぐに

「おおーー!景色イイな!」

kkmmn17.jpg

撮影大会開幕

今日もクリアな景色が楽しめそうだ


そして再び歩き始めると

yksgrikou.jpg

太陽が昇ってきました!

いいぞいいぞ


登山道は、この縦走中ずーっと眺めてきた

白い部分を登って行きます。

kkmmn18.jpg

もっと歩きにくいのかと思ってたんだけど

意外と歩きやすいんだなぁ。

kkmmn19.jpg

それよりも、標高が上がるにつれとにかく寒い

フードを被って何とか凌ぎます。


遠くから見えてた祠らしき物も

大分近くなったなぁ。

kkmmn20.jpg

そして、

山小屋から約30分、ここまで来ました!

kkmmn22.jpg

うーーーん、コレは何だろう?

何か炊いたような跡があるけど・・・


そして近くには大きなケルンもあります。

kkmmn21.jpg

愛知大学遭難事故の慰霊碑でした。

「遭難が二度とおこらないよう祈りと願いを込めて」

建てられたそうです。。。

手を合わせて、先に進みます。


ここからは、聞いた通りで山頂までは

そう遠くなさそうです。

kkmmn23.jpg

登山道は左側をトラバースして行き

ykssnchou.jpg

稜線に戻ると、山頂はもう目の前!

最後はなだらかーな道を進むと

着いたーーー!!!

kkmmn24.jpg

6:50 薬師岳山頂に到着!

いやー来たね来たね~

またしても大物GET!


山頂には立派な祠があります。

kkmmn28.jpg

中には色々な物が並んでいました。


しばらくすると、

途中、一緒になったご家族が到着したので

撮ってもらいました。ありがとー

kkmmn25.jpg

イエイ


そして、もう一枚!

kkmmn26.jpg

レインメーカー\(゚∀゚)/

撮ってくれたご家族が

「ポーズがおもしろーいw」

と妙に感心してくれました。

ウチらもコレ楽しかったなぁ


さてと、とりあえず一服しますかw

kkmmn27.jpg

ものすごい強風なので

岩陰にて、ぷかぁー

しかし、じっとしてると寒いな、、、


「さて、そんじゃ景色を見てみましょう!」

と、反対側に回ってみると、

kkmmn29999.jpg

わお!!!

こりゃまた絶景じゃないですか!

こうやって山並みを見ていると、あっち側から

「薬師岳は綺麗ですね~」

なんて言いながら憧れていたのを思い出します。


そんな憧れた山も、登ってみると次の

ターゲットが現れるのですw

ykssnchugosiki1.jpg

”北薬師岳”から延びる稜線を眺めてると

「今度は、室堂から歩いてみたいですね~」

立山から五色が原を通って薬師岳まで、、、

うーーーん、その後が悩むなぁw

結局は、長い休みが取れないと無理なんだけど

こういう妄想は実に楽しい


そして、その稜線の先には

kkmmn30.jpg

”剱岳”が見えます。

ここからだと、近いせいか大きく見えるな。


東側に目を移すと、

kkmmn31.jpg

だーいぶ遠くだけど”富士山”も見えました!


最終日、この天気でこの景色

「もう最高ですよね!」

この幸運に感謝しつつ、景色を楽しみました。。。

ykssnchoaimnk.jpg


つづく・・・。







関連記事


【おいらは撃ち落しました^^】
いよいよ大詰めになってきましたね~!
年内には下山できますかね?

驚いたのはカチョーが薬師岳アタックの時に
行動食はおろか水すら持たずに行ったこと・・・

常に、遭難を前提のおいらにはとても真似できません^^
さすが!? カチョー 
北岳での実績はまんざらでもなさそうな。。。
【そうでしたね、、、】
あの時点で済ませておくべきでしたw

手ぶらのカチョーでしたが、結果的には
水も行動食も必要なかったですよね。。。
でも自分にもできない・・・
さすがカチョーです(笑)
【女王様】
お疲れ様です!
女王様とやっと、デートできました!!
長いような短いような山旅もクライマックス
ですね?しかし、流石女王❣️
とても良い山頂でした。
【カチョーへ】
三人の中で、一番楽しみにしてましたもんね!
さすがは百名山!って感じでしたね。

この後も楽しかったですよね~(笑)
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<07 | 2020/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -