≪ 2019 10   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

白馬三山レポの続きです。


”杓子岳”に登頂した二人。

のんびり景色を楽しみながら休憩しました。

杓子しし

気持ち良かぁ。。。

hhkb43.jpg

おっと!30分も経ってる

そろそろ行きましょう!

9:20 杓子山頂を出発!

杓子出発!

登りと同じで、ザレた道を下っていきます。

hhkb45.jpg

やがて、巻き道と合流して

もうちょっと下ります。


正面が次のピーク”白馬鑓ヶ岳”ですね。

hhkb46.jpg

振り返ると、

hhkb47.jpg

20分くらいしか経ってないのに

結構下ってきたなぁ。。。


ここから登りになります。

hhkb48.jpg

険しそうに見えた登りも危険個所は

無くて小高いピークまで来ました。

hhkb49.jpg

先に見えるご夫婦とは杓子の登りから

抜きつ抜かれつのデットヒートをw


そして、

登り切った所を左へ。

hhkb50.jpg

ちょっと進んだら

10:23 白馬鑓ヶ岳に到着!

hhkb51.jpg

一枚撮ってもらいました。

hhkb52.jpg

イエイ

本日三つ目のピーク!

そして”白馬三山”完遂です!

やっぱり朝に”白馬岳”登っておいて良かった~

達成感がありますからね

hhkb53.jpg

ここでデットヒートを繰り広げていたご夫婦

のご主人とお話ししたんだけど

「やっぱり、北アルプスは別格だね」

「こんな景色は他には無い」

としみじみ語っていました。

全くその通りですよね。


これから向かう方面を見ると、

hhkb54.jpg

”天狗山荘”方面ですね。

ガスって良く見えないけど、その先には

”不帰の嶮”が待ち構えています。

いつかは繫げてみたいルートです。

怖い名前が付いた登山道だけど

どうなんですかね?行ってみたいわぁ。。。


山頂では軽く休憩をして出発です。

hkbyrshuppa

下りは白い小石のザレた道。

ちょっと滑るけど快調に進みます。

hhkb55.jpg

色々な表情を見せてくれる、このルート。

素晴らしいです


下りきった頃

hhkb56.jpg

”天狗山荘”が見えました。

「おおー、あそこにあったのか」

”天狗鍋”で有名な山小屋ですが、テン場も

あるので泊まってみたいですな。

”天狗鍋”は宿泊しないと食べれないのかな?


そして、

hhkb57.jpg

”鑓温泉”との分岐まで来ました。

これで稜線歩きは終了になります。

ホント気持ちの良い稜線歩きを満喫できました。

何だか寂しい気もするんだけど、ここまで来ると

楽しみは、そう!温泉です!!!

「山で温泉って、どんなですかね?」

その”鑓温泉”までは2時間半。

さて、行ってみましょう!

hhkb58.jpg

ダタの下りかと思いきや

hhkb59.jpg

なかなか見応えのある景色が!

「この雰囲気も良いっすね~」

hhkb60.jpg

順調に高度を下げて

11:22 大出原を通過。

大体半分くらいまで来たかな。

hhkb61.jpg

さらに進むと、

hhkb62.jpg

のマークが!

気の利いたペンキマークだことw

気分が上がります


このちょっと先で休憩を。

hhkb63.jpg

前にも言ったような気がするけど

宮入さんと二人だと休憩が多いな・・・

「ちょっと休憩します?」

と聞くと

「イイですね~、断る理由が見当たらない」

とノッってくれるのでついついw

hhkb64.jpg

15分くらい休んで出発です。


開放的な登山道も終わり樹林帯に。

hkbyr樹林

そして、この看板

hhkb65.jpg

「そんなに険しいの?」

ここは素直にストックをしまって進むと

5分もしないうちに

hhkb66.jpg

鎖場の始まり始まり~

hhkb67.jpg

落ちたら死んじゃうよ!って感じじゃない

んだけど鎖を持たないと降りられません、、、

hhkb68.jpg

しかも、石が滑る滑る

唐松や栂池なんかでも同じ石があるけど

ビムラムソールが全く効きません、、、

何度かズルっとやっちゃいました。

hhkb69.jpg

危険個所も何とかクリアして雪渓が登場!

その先には、

hhkb70.jpg

小屋だー!!!

「もうちょっとですね」

なんて言いなが何故か休憩タイムw

これが”まっかちんスタイル”です。

でも、ここからの小屋が見えてからの事故

が非常に多いらしいので、意外とナイスな

判断だったのかも。。。

hhkb71.jpg

歩いてみると、言ってる意味が分かりました。

小屋が見えた安心感と滑る足元が危ない、と。

そして、

12:37 白馬鑓温泉小屋に到着!

hhkb72.jpg

早速、受付を済ませ

hhkb73.jpg

下にあるテン場へ降りていきます。


向かって右側が”女湯”

hhkb74.jpg

その向かいが”混浴”です。

hhkb75.jpg

”のれん”がなんともイイ味だしてるなぁ。

温泉エリアを過ぎるとテン場が。

hhkb76.jpg

まだガラガラで選び放題です。

意外と傾斜したところが多くて、探してる

うちに一番下まで来ちゃいました。

hhkb77.jpg

テン場から露天風呂を見ると、こんな感じ。

裸が見えてますケド・・・


そして、

チャチャっと設営をしたら、まずは

コレでしょう

hhkb78.jpg

かんぱーい

hhkb79.jpg

「お疲れ様でした~」

絶景を見ながらの縦走だったのに会話は

これからの温泉の事ばかり・・・

まぁ、そんなもんかw


ビールを飲んで、一息ついたら

お待ちかねの温泉ターイム

hhkb800000.jpg

通路からも丸見えです。。。

これは女性にはハードルが高いでしょう。


そして、

いよいよ中に入り、お湯に浸かると

「気持ちイイーーー!」

熱めのお湯がじんわり効きます。

山で温泉とは、なんて贅沢なんだ


そして、

やっぱりコレも忘れちゃいかんでしょw

hhkb8111111.jpg

かんぱーい

hhkb82.jpg

うーーーん、幸せ

お湯に入ったり、出たりを繰り返し

ひたすたマッタリ~~~

時間が経つにつれ羞恥心はドコへやらw

人目が気にならなくなるから不思議なもんです。


明日も”朝風呂”に入るので、今日は

このへんにしときますか。

hhkb83.jpg

って事で宴会用のお酒を買い込んで

テントに戻ります。


おつまみ作り開始~

hhkb84.jpg

今回は”アスパラ”と”マッシュルーム”

と”スパム”の炒め物を作りました。


じゃぁ、改めまして

hhkb85.jpg

かんぱーーーい

hhkb86.jpg

宮入さんの定番”パスタ”もつまみに

グビグビっと。


「今回、山で会った人ってみんな

        フレンドリーでしたよね」

なんて会話をしたんだけど、やっぱり初日の

悪天候を共有した的なのもあるのかな?

いつになく誰もがニコニコしてたように思います。


そして、宴会も3時間を過ぎたころ

お酒も無くなったし、そろそろお開きに。

hhkb87.jpg

それにしても、このテン場は雰囲気が良いなぁ。

温泉があるせいなのか、何だかユッタリとした

空気が流れています。。。


テントに入って夕食を食べ終わるころ

すっかり陽がおちて、星も出てました。

hhkb88.jpg

ぬくぬくでシュラフに包まれて横になってたら

いつの間にか就寝。。。

あぁぁ、良い一日だったなぁ。。。


つづく・・・。
関連記事


【野久保君は何処へやら?】
2日目の大縦走!!
天気にも恵まれ、素晴らしい絶景!そして、
まったり温泉~(^^) なんて贅沢な山旅なんだろう・・・

ビールもつまみも最高に旨かったあ~!! 
でも、ここのテン場 ステルス性の虫には
『要注意!!』でしたね。
【羞恥心ねw】
今回も難しかった・・・
ギブアップ寸前でしたが何とか分かりました!
ふぅ、良かった^^

ホント贅沢な山旅でしたよね~

おつまみを美味しいとか言ってもらうと
作り甲斐があります。
やはり野菜は美味いっすよね。

虫はヤバイ奴ですよ、あいつは。。。
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<10 | 2019/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30