≪ 2020 07   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2020 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

白峰三山縦走レポの続きです。


”間ノ岳”の山頂に到着した一行。

間ノ岳さんちょ

山頂は混み合ってるし、雲も出てきたので

記念撮影は後にしてランチタイムにする事に。

間ノ岳ランチ

少し下った所に移動です。

srrn56.jpg

「あぁぁ、腹減った、、、」

お腹ペコペコでちょっとグッタリ


さて、調理にかかりますか!

srrn57.jpg

っと思ったら


えぇぇぇー!w

srrn58.jpg

もうラーメン食べてました、、、

カチョー早いって


宮入さんは、

srrn59.jpg

親子丼かな?

お味噌汁をお供にガッツリと。


僕はパスタです。

srrn60.jpg

HEINZの”大人むけのパスタソース”

がメチャクチャ美味い!

それに”ミートボール”を添えて。

このミートボールは要冷蔵なんだけど

常温でもお腹痛くなったりしなかったから

大丈夫なようです。

しばらくクセになりそう


食後しばらくマッタリして

青空が出てきた所で山頂に移動。

イエイ

srrn61.jpg

三人揃って四番目のポーズ

この時は気が付いてなかったんだけど

2014年に標高の改定があって三番目に

昇格してたんですよね

っという訳で、

これで標高一位二位三位をゲット

こうなると同率三位の”奥穂高岳”に

登りたくなりますねぇ。

奥穂は来年になっちゃうかな?


ちょこっと景色を楽しんでから


さーて、本日の宿泊地

”農鳥小屋”まで行きますか

1:09 間ノ岳の山頂を出発!

srrn62.jpg

眼下に小屋が確認できます。

srrn63.jpg

コースタイムで一時間と、

そんな遠くはないですな。


味のある”ノウトリ”の文字

srrn64.jpg

いたる所にペンキマークがあり

そこをガツガツ下っていきます。

噂では、

”農鳥小屋”のご主人は、この下って来る

登山者をドラムカンの上から見ているそうです。

「あぁぁ、あんなんじゃダメだな」

とか言ってるみたいですね。

ネットなんかでは、すこぶる評判悪い

通称”農鳥おやじ”ですが

さて、一体どんな人でしょう?

ちょっと楽しみですね~


急な下りが終わると

三国平の分岐があって

srrn65.jpg

10分ほど進むと

2:09 農鳥小屋に到着!

srrn66.jpg

「ふ~~~着きましたね!」

歩行時間としては、4時間30分位だったけど

それなりに疲れました、、、

「まぁ、テント張ってからゆっくりしますかね」

って事で早速ウケツケへ!

srrn67.jpg

行ってみると、登山者たちがやたら気を使って話を

している渋いオヤジさんを発見!

あー、絶対この人だ

うちらの前に受付していた登山者は

下山先の記入に戸惑ってしまい

「おい!お前は下山する場所も知らねーで

              山登ってるのか!!!」

と怒鳴りつけられてました・・・

なるほど~

「こういうのが評判を悪くしてるんだろうな」

と思いましたがウチラは建設業なので

口の悪い人には慣れっこなんです。

そして、

ウチラの番になりました。

カチョー「テント三人分お願いします」

オヤジ「あ?何人だって聞いてんだ!」

カチョー「だから三人だっていってるでしょ?」

オヤジ ニヤリ

         「そうだったな」

うーーーん、スゴイなカチョーは

その後は、すっかり打ち解けてしまって

うちらにとっては”気のいいオヤジさん”でした。

多分、多分ですよ?

「こっちは客だぞ!」

みたいな態度や、権利ばかり主張する人

とかが文句を言ってるんじゃないかな?

って思いました。

この”農鳥小屋”はオヤジさんの家みたい

に考えて、泊めてもらうとか水を分けてもらう

って思えば良いかと思います。


これが売店。

でも基本ココには誰も居ません・・・

srrn68.jpg

色々書いてあったけど、要するに

俺がルールブックだ!

ですwww


そして、

テン場へGO!

srrn69.jpg

小屋から少し下がった所にありました。

ひとまず一服してから


チャチャッと

srrn70.jpg

設営完了

「なんか、さっき撤収したばっかりのような、、、」

山で縦走してると、そう思う事あるよなぁ。。。


寝床の準備も整ったので、お酒の

買い出しに


明日の水も買っておきます。

srrn71.jpg

ここでも、オヤジさんとのやりとりがあった

んだけどウチらには、どういう訳か優しい。

水も随分オマケしてもらいましたよ。


そしてテン場に戻って、

srrn72.jpg

かんぱーーーい

srrn73.jpg

あんまり冷えてなかったけど、まぁ

そこは仕方ないですな。


しかし、まぁ、、、

srrn74.jpg

一体、何を話してたんだか分からないけど

宴会はあっという間に3時間経過


買ってきたお酒も終わっちゃったので

ちょいと散策に。

srrn75.jpg

このトイレには驚きました

いわゆる、垂れ流しです。

最近は”バイオトイレ”とかヘリで回収とか

が主流みたいですが某有名山小屋は、

シーズン終わりに、山にぶちまけてるそうです。

それに比べて、こちらの堂々とした垂れ流し

「なんて潔いんだ・・・」

妙な関心をするのでした


今日登ってきた”間ノ岳”

srrn76.jpg


明日登る”農鳥岳”

srrn77.jpg

今回の縦走中に何度か話たんだけど

「南アルプスの山はデカイっすね」

ホントこう見ると、どっしりとして大きい。

ゆったりとした行程だったから、そんなに

疲れないで歩けたけどね


そして、

テン場に戻ろうかと”ウケツケ”の前を

通り何気に中を覗くと、、、

???

ちょこんと・・・

srrn78.jpg

犬がいる!?

そういえば、さっき鳴き声が聞こえてたっけ。

「なんか、可愛いな」

そこへ、さらに2匹を連れたオヤジさんが

散歩から帰ってきました。

「おい!手だすなよ!指取れちゃうぞ!」

どうやら、可愛く見えても凶暴なようですね。

危ない危ない


テン場に戻って

srrn79.jpg

カチョーはテントで晩酌。

ワインを飲んでました。

まだ飲むのか!w


僕と宮入さんは外で夕飯を。

パスタ御馳走さまでした!


そんな感じで、明日の時間だけ決めて

7:00頃なんとなく解散。


空は雷雲が出始めて、荒れそうな予感。

srrn80.jpg

大雨にならなきゃ良いなぁ。。。

なんて寝っ転がってたら

いつのまにか眠っていました・・・。



白峰三山縦走レポその➆につづく・・・。
関連記事


【】
>と思いましたがウチラは建設業なので
>口の悪い人には慣れっこなんです

ここの件に爆笑w
カチョーかっこいい!

僕は間ノ岳でピストンだったので今回の回からは知らない登山道なので次回も楽しみ!
【zelさんへ】
カチョーの話術というか、人柄というか
まぁスゴイですわw
農鳥オヤジは、騒がれてるほど悪い人とは
思わなかったね。
たまたま機嫌が良かっただけかもしれないけど。

ブログもあとちょっとです。
しかし長いw
【キャット&ドック】
小屋の周りにあった卵の殻が意味不明だったけど・・・
濃鳥小屋のオヤジさんいい人だったよね!
甲斐犬も可愛いかった(^^)
しかし、他のスタッフは居ないのかなあ~~
【土砂降り】
キャット&ドッグ
良く覚えてましたね~
僕は忘れてたw

オヤジさんの天気予報は外れましたね。
スタッフはどうなんでしょう?
居なそうだったけど、、、
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<07 | 2020/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -