≪ 2019 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2020 01 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

北岳(百名山・3193m)
間ノ岳(百名山・3189m)
農鳥岳(二百名山・3026m)


2015年7月31日(金) 時々


”白峰三山”の計画は、もう何年越しになるかなぁ。。。

いよいよ本気で狙ってみようと梅雨明け10日

ギリ引っかかる7月31日~8月2日に計画しました。

いや~、ついに”北岳”に登れるのかぁ。。。

言わずと知れた標高日本第二位の”北岳”です!

大体は”間ノ岳”とセットで登るんだろうけど

せっかくなら”農鳥岳”も合わせた”白峰三山”で

登りたいと前々から決めていました。

そこで気になるのが天気です、、、

コロコロ変わる天気予報に一喜一憂しながら

その当日を迎えます。

2:30 宮入さんの事務所に集合。

srn1.jpg

今日の予定を話しながら、しばし一服

「今回はアプローチが大変っすよねぇ」

そうなんです、いつもは駐車場から歩いて

登山口って感じなんだけど今回はバスでの

移動があります。

ふむぅ。。。

ゆっくりもしてられんな

「さて、んじゃ行きますかね」

荷物を車に積み込んで

3:00 事務所を出発!

駐車場のある”芦安”を目指して車を

走らせます。

が!

出発して間もなく、カチョーがスマホでバスの

時刻表を調べていると・・・

「あれ???マズいっすよ!!!」

なんと!

バスの始発が5:15 で次が5:30

うわぁ、、、痛恨のリサーチ不足、、、

ナビの到着時間は5:45・・・

ヤバい・・・

間に合わん

その次のバスは7:55とかなり遅い・・・

ここは、宮入さんに頑張ってもらうしかない。

視力に不安のある宮入さんに無理を言って

とにかく急いでもらいました。


現地でのんびりコンビニでも寄ればイイか、

と思ってたけど地元で買い出しを済ませ

srn2.jpg

ここからは時間との戦いです!

うーーーん、なんか波乱のスタートだな、、、


車内で朝食を摂りながら、飛ばす飛ばす


車を走らせること約2時間、

5:15 芦安駐車場に到着!

駐車場に居た係りの人に

「間に合いますか?」

と聞くと

「大丈夫ですよ~」

との返答

ふぃ~~~

「何とかなったぁ。。。」

しかし、油断はできません!

srn3.jpg

大急ぎで準備をして

srn4.jpg

チケットを購入して

srn5.jpg

満席のバスに滑り込みセーーーフ

srn6.jpg

「あぁぁぁ良かった、、、」

ここで初めてホッとしました

もしも、コレに乗れなかったら、、、

と思うとゾッとしました。

バスは約1時間、立ったままの乗車だったけど

そんなの全然気になりません(キッパリ)

乗れただけで十分なのです


バスに揺られて約1時間、

6:30 広河原に到着!

srn7.jpg

ふぅ

どうなる事かと思ったけど

今、ここに居れる事に満足しつつ

トイレに寄ったりしながら準備をします。

srn8.jpg

「さて~、ちょいと行ってみますかね」

バスターミナルを出て、登山口へ。

srnスタート

山並みの先に”北岳”が見えました!

天気も良いし、こりゃ登山日和だぞ

srn9.jpg

小屋の脇を抜けて

srn10.jpg

今日のルートを確認しつつ、進むと

吊り橋があります。

srn11.jpg

”北岳登山”のブログとかで、必ず

目にする吊り橋ですね。

srn12.jpg

「んじゃ一枚いきますよー」

もちろん、写真ばかり撮っていて

なかなか進みませんw


吊り橋を渡ると”広河原山荘”があります。

テン場もあって、良さそうな所ですね~。

srn13.jpg

そして、

この先に登山口があります。

よっしゃー!

行ってみますか白峰三山大縦走

7:24 登山口を出発!

srn14.jpg

今日の目的地は"肩の小屋”です。

標高差は約1500mと、なかなかハード

気を引き締めてのスタートです。


いや~、しかし

もし、バスに乗り遅れてたら

まだウチらは”芦安”に居たんだろうなぁ。。。

「宮入さんの頑張りに感謝っすね!」

srn15.jpg

そんな話をしながら20分くらいすると

大樺沢と白根御池の分岐に。

srn16.jpg

今回は、広河原~大樺沢~肩の小屋

というコースを選びました。

srn17.jpg

しばらくは、沢を横目に歩きます。

そのせいか、なんだか涼しい

srn18.jpg

樹林帯を抜けると正面に”北岳”が。

srn19.jpg

「おぉぉ~エエやないかい」

スタートして約30分、元気なカチョー

今は、、、そう今は・・・。


srn20.jpg

登山道は、何度も沢を横切り

srn21.jpg

登山口から約1時間半

『休憩してください』、な河原に出ました。

srn22.jpg

ここは休むしかないでしょう!

8:45 河原で休憩。

srn24.jpg

おやつを食べたり

srn25.jpg

地図を確認したりしていると

srn23.jpg

降りてきた登山者たちが口々に

「クマ見ましたー?」

なんて会話しています。

どうやら、この先にクマの親子が木の実

を食べたりしているようです。

これは気を付けなければ

ここでは20分くらい休憩して出発!

srn26.jpg

クマになんか遭遇したら一大事です。

周囲を気にしながら進みます。

「でも遠目なら見てみたいよね~」

うん、確かに。


結局、クマを見ることもなく怪しい

区間を通過して

srn27.jpg

開けた所にでました。

”北岳”には雲がかかっちゃったな。。。


実は、この時にミスを犯します。

srn28.jpg

後に見える大きな岩から登山道は

二つに分かれるんだけど、ウチらは

迷わず直進していきます。

ここを右に向かっていればなぁ。。。


そして、

ここも左に曲がってしまいます。

srn29.jpg

消えかけてるペンキの文字も

良く確認もせずに・・・

srn30.jpg

ここをちょっと過ぎた頃に、下りの若者に

「バイオトイレは、もう近いですかね?」

すると

「え?トイレはこの下じゃないですか?」

な・なんだって???

ずーっと目標にしてたポイントだったのに

見落としたのかな?


まぁ、今後の事も決めなくちゃいけないので

「ここらで休憩しちゃいますか」

って事で、ザックを降ろして休憩です。

srn31.jpg

早速、地図を確認してみると間違えてる

ことが分かりました。

このまま八本歯に進んで行くっていうのも

アリなんだけど、そうすると”肩の小屋”で

幕営するのはロスがあるんだよなぁ、、、

色々考えた結果、ちょっと戻るけど予定通り

右俣コースで行く事になりました。


短めの休憩を終えて、分岐まで下ります。

srn34.jpg

せっかく登ったのを戻るのはイヤな

もんですなぁ。。。

srn40.jpg

道端に咲くお花に慰まされつつ

srn41.jpg

テクテク歩いていくと

意外とすぐに分岐に到着!

srn35.jpg

「あぁぁ、なるほど」

大きな岩の分かれ道を上に進んでいれば

この標識に来た訳ですね。

srnバイオトイレdayo

バイオトイレもこれなら見落とさない

でしょうねぇ。。。


さて、

ここから”肩の小屋”まではコースタイムで

3時間となっています。

そんじゃ気を取り直して行きますかー

srn36.jpg

スタートしてから、割となだらかな登山道

だったんだけど徐々に急になってきました。


そして、、、

この辺りからカチョーの様子が怪しい感じに・・・

「なんかヤバいかも・・・」

足に異変が出始めたのかな?

というか、さっきから覇気が無い

「うーーーん、、、」


「マズいな、、、」


カ、カチョー???


大丈夫っすか???


あっ、、、


キター・・・





え?




足に限界がぁ、、、




キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!


srnキター

ちょっ、、、


またですか!?

どうしたんでしょう?

「北さん達、先に小屋まで行ってください」

必ず小屋まで行くから先に行ってくれ、って

ことなんだけど大丈夫かな?

とりあえずカチョーの荷物を少しづつ僕と

宮入さんとで分けて背負っていく事にしました。


しかし、

雲取山の時も同じ事になったんだけど

対策を全くとっていないカチョー

srn38.jpg

とりあえず行動食を見直しましょう!って

言ったのに

登山時のカロリー計算でいくと朝食べたお弁当

は、とっくに空っぽになっています。

それが原因とは言い切れないけど

体は”シャリバテ”の状態だったと思いますよ。


さて、

ここからカチョーは辛い登りになると

思いますが、頑張ってください!

srn39.jpg

健闘を祈る!




白峰三山縦走その②につづく・・・。









関連記事


【】
キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!

の画像、ずいぶん手を掛けてて爆笑www
ネタ扱いになってるけどご本人さんはキツイんだよね
頑張ってください!
【つらかった、、、】
いよいよアップ開始ですね!
第一話の主役は、やはり、この私⁈
しかし、今回は短期で来てしまった、、、
さて、つづきはどうなる事やら❓
【zelさんへ】
あの画像はiPhoneの集中線ってアプリで
加工しましたw
確かに本人はキツいよね〜
でも、やれる事をやってないので
同情はできません!w
【カチョーへ】
主役といえば主役ですかね(笑)

でもカチョー、あれが穂高の稜線とかで
なったら危険だと思いません?
ホントに原因は突き詰めたほうが良いです。
荷物を軽くするとか。。。

因みに、主観で思うのは
ちぎりぱんは、オヤツであって行動食には
向いてないと思います。
【コースタイム】
ブッチギリのコースタイム短縮!!
ホントバスに乗れて良かった・・・ホッ!

しかしカチョーには申し訳ないが大爆笑のブログ(^^)
続きが楽しみです。
因みにおいらは今日のPMから白馬山荘へ向かいます。

んッ! PM…

無事帰れたら続きを拝読させて頂きます。
では、行ってきま~す!!
【ぴ〜えむ】
この縦走のMVPは宮入さんですよ。
あのバスに乗れたのはデカい!

白馬山荘の工事、頑張って下さい。
そして帰ってきたら僕の現場に来て
下さいませ(^o^)/
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<11 | 2019/12 | 01>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -