≪ 2019 10   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


妙高&火打レポ二日目です。

2014年9月28日(日) 

昨夜は、9月も終わるというのに寒くもなく

綺麗に整地されたテン場でグッスリ眠れました。

「あぁぁ良く寝た」

4:00 起床。

宮入さんのテントを見てみると

起きてるようだ。

とりあえずコーヒーを淹れて外に

出てみると満天の星空が

「おぉー、凄いな」

山で見る星空は見事だよなぁ。

この分だと今日も天気は良さそうです

コーヒー飲みながら、しばらく眺めてました。


さて、メシでも食べよ。

mhh1.jpg

僕は”中華丼”からの”お茶漬け”

お茶漬けがマイブームですw


mhh2.jpg

宮入さんは”フカヒレ”かな?

無印良品のレトルトなんだけど

このシリーズは美味いらしい。


ご飯を食べ終わったらテントの撤収です。

mhh3.jpg

起きてから出発までで、大体2時間

くらいかかっちゃうんだよなぁ。

目標の6時出発の時間が近づきます


ようやくパッキング完了!

mhh4.jpg

いや~、しかし良い所でした

最初は、テン場代一人1000円は高くない?

と思ったけど満足度からすると全然高く

感じなかったなぁ。

またいつか、テント張るためだけにでも

来たいくらいですw


出発前のトイレを済ませて、

mhh5.jpg

予定より、ちょっと押しちゃったな、、、

そんじゃー、行きますか

6:15  黒沢池ヒュッテを出発!

まずは”高谷池ヒュッテ”を目指します。

mhh6.jpg

遊歩道みたいな道から始まり

ちょっと登った所で振り返ると

mhh7.jpg

ポツンと建ってる山小屋が可愛いw


しばらく、なだらかな登りが続きます。

mhh8.jpg

ぽっちらぽっちら歩いていると

mhh9.jpg

お日様キターーー!

うん、うんイイぞ~


そして、

登りが落ち着いた所で向う側の

景色が見えてきました。

mhh10.jpg

「おおー!あれ火打ですかね?」

なかなか立派な山容ですな。

火打山は、周りの仕事関係の人達が

口を揃えて「イイ山だよ~」と言います。

苗場山もそうだったので、きっと何かある

んだろうなぁ。。。

この先が楽しみだ


そこから、ちょっと行くと

mhh11.jpg

茶臼山の山頂に。


そして、ここでアクシデント

僕のカメラが、、、

壊れた、、、

昨日テン場で落っことしたのが原因

だと思うんだけどレンズが認識されなく

なってしまいました。

あぅ・・・なんてこった・・・

この晴天の山行にカメラ無しとは

っという訳で、この先宮入さんの写真が

極端に減ってしまいます。ゴメンなさい。


気を取り直して先に進みます!

登山道は下り始め景色が開けてきました。

mhh12.jpg

「うわー北アルプスだー」

やっぱり北アルプスってアガるよなぁ


やがて岩ゴロゴロ地帯になり

mhh13.jpg

それが終わると、火打山と笹ヶ峰の分岐に。

ここを左に行きます。

mhh14.jpg

木道をちょっと進むと

「お!山小屋だ!」

mhh15.jpg

7:22 高谷池ヒュッテに到着!

黒沢池ヒュッテも味があったけど、

こちらも負けてませんね。

完全予約制となってるので人気が

あるのかな?

mhh16.jpg

ザックは、ここでデポさせてもらって

軽装備で火打アタックします。


その前に、ベンチで休憩を。

mhh17.jpg

正面の”火打山”を眺めながら

のんびり一服~

しかし、昨日の湿原といい、ここからの

景色といい、今まで登った”北信五岳”とは

一味違いますねぇ。


宮入さんは一人で散策に

mhh18.jpg

テン場は小屋から近くて

mh水場

水場もあるし(要煮沸)

申し分のない景色。。。

うーん、なるほどね~

ここもテント張ってみたいな

トイレも綺麗ですよー(宮入さん談)

↑コレが大事らしいw


ちょっと、のんびりし過ぎたかな。

さてさて、

行ってみますか、火打アタック

8:00 高谷池ヒュッテを出発!

さっき来た木道を戻り、ちょっと進んだ

所で振り返ると

mhh19.jpg

ほほー

湿原の池塘に山小屋がイイ感じ


さらに進むと開けた所に出ます。

mhh20.jpg

火打山に向かって伸びていく

木道が絵になるんですよね~


やがて、木道が下りになると

”天狗の庭”に。

mhh21.jpg

うーん、どこの事を指してるのかな?

何となく眺めながら歩いていくと


こ・これは!

mhh22.jpg

池に映る”逆さ火打”が、まぁ見事

「風も無いから綺麗に映ってますね~」

いやいや、良いもの見れました


そして、

長い木道が終わると

mhh24.jpg

いよいよ登山道は登りに。


しばらくすると

mhh23.jpg

険しい岩壁が見えてきます。

「なんかJバンドみたいっすね」

あっちは通らなそうだな。


そして、

歩き始めて45分、丁度半分くらいかな?

8:46 雷鳥平に到着。

mhh25.jpg

雷鳥平と言うからには生息してるんだろうなぁ。

そういえば今年は一度も遭遇しませんでした。

今まで運が良すぎだったようです。


ここはそのまま通過して

mhh26.jpg

山頂も段々、大きくなってきた頃

「ちょいと休憩しますか!」

と、

少し広くなってる道端で休憩です。

mhh27.jpg

「しかし、今日もイイ天気ですよね~」

「最高の登山日和っすね」

行動食をかじりながら、まったり~

この先、木道になったら山頂も近い

ようです。

mhh28.jpg

あとチョット!

がんばりましょう


そして、

登山道はやがて、ハイマツ帯となり

mhh29.jpg

そこを抜けると

mhh30.jpg

おっ!木道だ!


つづく・・・。






関連記事


【年内には・・・】
お疲れ様です。

テン場は最高!でしたね(^^)
マイベットルームにダイニングテーブル付!! BGMまで・・・これで家賃¥1.000は安い!
残念な事に大家さんが・・・

まあ2日目の晴天に免じて許しましょう(^^)

次回の遠征も含めブログ溜まっちゃいそうですが気長に待ちます。
楽しみにしています。


【すみませんねぇ・・・】
気が向いた時にしかやってないので
なかなか進みません・・・
気長にお待ちくださいw

テン場は過去最高でしたね!
BGMのちあきなおみ”喝采”には
シビれました(笑)
【もう少しで火打ですね】
楽しそうで何よりです。
行った行程ではないのに、しっかりと楽しさが想像出来、こちらも
楽しくなってきますよ!
写真からは、紅葉の綺麗さが伝わってきます。
『まっかちんクラブ』の名誉顧問が、『火打は秋が最高だぞ、オメ~~』と言っていたのを思い出します。
さて、次は晴天の中、火打登頂ですな!
忙しいけど、頑張って下さい!
【なんて懐が深いんだ】
カチョー、ありがとうございます。
早いところ、これを終わらせて
次に取り掛からければ。。。

頑張りまーすi-86
【まったくだ!!】
ホント! カチョーは懐が深い・・・ 溺れそう・・・ウプッ

『まっかちんクラブ』の名誉顧問の言うとおり
紅葉は最高でした。
いつかまた まっかちんクラブと合同でフルメンバーで行ってみたいものです。

今シーズン最後と思われる遠征山行も楽しみにしています。
低体温症には気を付けましょう。
温かい格好で・・・
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<10 | 2019/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30