≪ 2019 10   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

妙高&火打レポのつづきです。


本日の宿泊地”黒沢池ヒュッテ”に到着しました。

mh30.jpg

何とも特徴的な山小屋ですね~


さて、問題はテン場だな・・・

ここのテン場は地図の表記によると15張と

なっていて、もし満席だとすると”高谷池ヒュッテ”

まで行かなくてはなりません。

それは、何とか避けたい・・・

が、しかし、、、

到着した時には、すでに軽く20個を超える

大型ザックがデポしてありました

まだテントは1幕も張られてないので

「こりゃ急がねば!」

と売店から声をかけてみました。

「すみませーーーん」

返事が無い・・・

「すみませーーーん」

何度か呼んでみると

「何の用だ?」

え???

「テントの受付をし・・・」

「受け付けは3時から!

ピシャッ!!!

受け答えは宮入さんがしていたので

僕からは様子が分からなかったんだけど

こりゃ、唐○山荘と同類なのか???

不安だ・・・

あぁぁ不安だ・・・


まぁ、とにかく妙高アタックして、戻ってきた向き

で考えるとしますか。


とりあえず、、、

mh31.jpg

ダメ元でテン場スペースにザックをデポ

してみました。


アタックザックに荷物を詰め替えて

10:19 黒沢池ヒュッテを出発!

mh32.jpg

まずは登りから。

ここも滑りやすい足元で気を使います。

そして、

30分くらいすると

10:43 大倉乗越に到着。

mh33.jpg

せっかく稼いだ標高なんだけど

ここから大下りが始まります。

mh34.jpg

ロープがついてる所もあったりで

とにかく下る下る

mh35.jpg

途中、妙高市内かな?

ちょっと良い景色も見れました。


下りが終わって、しばらく水平な道になって

mh36.jpg

苔が付いた大きな岩を過ぎると

11:18 黒沢・大倉分岐に到着。

mh37.jpg

ここはベンチがあったりして

休憩ポイントには、もってこいです。

って事で休憩にしますか!

mh38.jpg

「いや~、しかし下りましたね」

ホント帰りを想像したくないほど下った、、、

しかし、本番はこれからです。

地図を見ると、ここからは急登に

なるようです。


20分くらい休んだかな。

山頂まではコースタイムで1時間30分。

よっしゃ!行きますか

mh休憩後

歩き始めは、どうって事なかったけど

次第に・・・

mh39.jpg

勾配がキツくなってきて

mh40.jpg

しかも、岩の一個一個がデカイ

「あぁぁ、そういえばこんなだったなぁ」

と、以前登った記憶が蘇りました。

コースは違うものの妙高山は結構

急なんだなぁ。。。

mh41.jpg

黄緑の幻想的な景色に癒されつつ

もうひと頑張り


森林限界を超えたかな?

って頃に石碑みたいなのがあって

mh42.jpg

ちょこっと進むと

12:38  妙高山の山頂に到着!

mh43.jpg

「妙高は最後、妙に高いんですよ」

今はなき隊長の名言を思いだしつつ

宮入さんと登頂を喜びましたw


一枚お願いして記念撮影を

mh44.jpg

イエイ


しかし、すっかりガスっちゃいましたね。。。

せっかく晴れの妙高山を狙って来たのに

またこの景色か

「ま、しばらく待ってみますか」

と場所を移して休憩です。

mh46.jpg

行動食を食べながらマッタリ~

ホントは、山頂でカップ麺を食べようと思って

たんだけどテン場確保がヤバそうなので

行動食で時間短縮です。

mh45.jpg

たまーーーに青空も覗かせるんだけど

なかなかガスが取れない・・・


散策したりして

mh47.jpg

時間を潰してみたけど

「こりゃ、ダメっすね、、、」

ってことで天気は諦めました


そして、

前回は行かずに帰ってしまった

”南峰”に向かいます。

黒沢池ヒュッテで聞いた話によると

”南峰”までの道は標識が無いので

探り探り行くようです。

mh48.jpg

この”日本岩”を過ぎた辺りから道は

不明瞭になり、ちょっと迷ったけど

あった!

mh50.jpg

近づいていくと方位版があって

mh49.jpg

ここが山頂ですかね。

mh51.jpg

お地蔵さんが祀られてます。

うーーーん、なんだかなぁ。。。

こちらより低い”北峰”の方に三角点や

標柱があったりするのに”南峰”は

何とも地味だよなぁ。。。

しかも狭いので写真だけ撮って

戻る事にしました。


来た道を戻って”北峰”に着くと

「あ!青だ!!!」

雲の切れ間に、わずかな青空が!

mh52.jpg

すかさず記念撮影w

mh53.jpg

ガスガスの山頂タイムだったけど

これで少しは救われたかな。


さて、そんじゃ下りますかー

1:35 下山開始!

mh54.jpg

急勾配をガシガシ下ります

mh55.jpg

面白いように標高を下げていって

山頂から45分、

2:19 黒沢・大倉分岐に到着!

mh下りの分岐

「なんか、あっという間に着きましたねー」

15分の短縮かぁ。。。

良いペースだ


ここで軽く休憩をして、先を急ぎます。

「今頃テン場はどうなってるんだろ?」

うーん、気掛かりだ・・・


そして、

歩き始めて、ちょっとした頃

後を振り返ると

mh56.jpg

うーーーわ

山頂の雲が、すっかり取れてるじゃん・・・

「粘ってれば晴れましたね~」

ちと残念だけど、まいっか。


水平な道は、やがて例の急登エリアに。

ここが頑張りどころです。

mh帰りの急登

ゼェゼェと息を切らせながら

30分ほど登ると

3:08  大倉乗越に到着!

mh57.jpg

あれ?

なんか思った程キツくもなかったな。

まぁ、とにかくココまで来れば楽勝です


そして、

なだらかな下り坂を20分くらい歩くと

3:00 黒沢池ヒュッテに到着!

着いてビックリなんですが、何と!

テン場はガラガラで2幕しか張られて

いませんでした

あのデポしていた大勢の人たちは

”高谷池ヒュッテ”まで行ったのかな?

まぁ、これで一安心です。


「とりあえず一杯飲んでからにしますか!」

と売店でビールとテント(一人1000円)の

受け付けをしました。

テントは好きな所に張って良いそうです。



さてさて、

まぁ、とにかく一杯やりますか!

かんぱーい

mh58.jpg

ぷっはー美味い!!!

一日の行程が終わって飲むビール

は格別ですな


落ち着いたところで

「さて、テントはドコに張りましょう?」

「このベンチの隣でもイイんですよね?」

ってことで、こんなんになりました。

mh59.jpg

なんて好立地なんだ!

売店のすぐ近くで、隣にはベンチ。

しかもラジカセで音楽まで流してて

独特の雰囲気を醸し出してます。

mh60.jpg

「このテン場、良いですね~」

最初の対応の悪さは、今は全く感じ

させません。

「いや~、イイ所だ


寝床の準備も落ち着いたので

「おつまみ作りますね~」

mh62.jpg

今回は”キムチ鍋”です。

ゴマ油でニンニクと豚肉を炒めます。

「凄いイイ匂いしますよ~」

周りの視線を感じるなw

あとはブイヨンと野菜、キムチを入れて

出来上がり

mh63.jpg

宮入さん、どうぞ~

mh64.jpg

やっべ!ウマっ!!!

肌寒いこの季節、鍋はイイですね~

テント泊を始めてから食事は山小屋

に頼るかフリーズドライが多かったん

だけど、こういうのも良いよなぁ。。。

食材は重いんだけど、担ぎ上げる

価値は十分ありますね


そして、

具もほとんど食べ終わったので

「そろそろ〆にしますか」

ダシが足りてなくてビーフジャーキーやら

缶詰の残り汁入れたりしてたら、まさかの

美味しさにw

最後に生卵を落として出来上がり~

mh65.jpg

これもまた美味いわ

箸が止まらず、あっという間に完食!

「いや~、鍋イイわ~

これは、しばらくハマりそうだ。


たらふく食べて飲んでの宴会も段々

寒くなってきたので6時を回ったころ

お開きにしました。

「じゃぁ、明日は4時起きで!」


キレイに整地されたテン場は寝心地も

良く、あっという間に眠りにつけました。。。


妙高&火打縦走二日目その①につづく・・・。





関連記事


【楽しそうで…】
アタック後の一杯は美味いですよね〜
宴会も楽しそうてなにより…
その頃、私はお客様と打ち合わせ…
【…。】
不完全燃焼ですよね?
ラストで戸隠の西岳でも行きますか?
バリエーションルートですが…
【もう一発かますのは有り!】
今年の登山は終わりを迎えたと思っていましたが、不完全燃焼のため、テン泊で行きましょう!
ただ、行き先は吟味して。
【そうなると】
遠征ですね!
関東方面で探しましょう!
【まっかちんクラブ?】
お疲れ様です。

遠征! いいですね~
こなったら何処へでもお供致します。

カチョー! それまで墓穴を掘らないよう注意して下さいね。

ところで・・・  GO隊長は?
【今は亡き…】
隊長の事に触れてはいけません。
南無〜〜〜

遠征、楽しみですね。
でも僕は嫁というハードルをクリア
しないと…
これが一番難しいi-230
この記事へコメントする















kita

Author:kita
のんびり山登りを楽しんでる
オッサン達の思い出ブログ。

<10 | 2019/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30